2017年3月19日 (日)

如何で御座ろう同病の各位

花粉症 厄介であります。
この数年は重い症状が現れず油断しておりました。
うまくすれば、このまま厄介者とオサラバできるかと・・・
事実、年々症状は軽くなっていました。
しかし、今年は数年来のツケを払わされた気分です。

3月最初の日曜日あたりから花粉症の症状が悪化。
その典型的な症状である鼻水、鼻づまり、クシャミは
日常生活や仕事の場で集中力を削ぎます。
目の痒みにしても然り。
この記事は、その頃に書き出したものですが
集中力の低下で書き足し儘ならず、本日に至ります。
撮影で街に出る気力も失せ、休日は引きこもり状態です。
現在の私より重い症状を抱えていらっしゃる御同輩には
心から御見舞い申し上げます。
春の彼岸が過ぎれば、もう少しの辛抱です。

幼い頃から鼻水たらし小僧だった私。
 (高度経済成長期前のガキは、等しく鼻たれ小僧でしたが・・・)
親や親戚から、お前は鼻の病気をもっていると言われ続け
子供心にも気分が凹んだものです。
実際に耳鼻科に連れていかれたこともあります。
結果は原因不明。
当時はアレルギー性鼻炎など、学会でも一般的でなかったか?
成人してからハウスダストに注目が集まったりしましたがね。

今年は花粉症の症状であるクシャミ、鼻水、鼻づまりに加え
咳が伴っています。
例年なら12月から1月辺りに出る症状で
アレルギー性の咳だと自己判断しています。
半月から1ケ月近く出て、周囲のヒンシュクをかいます。
喉の異物感を排除しようとして出る咳ですから
ウィルスを撒き散らす咳ではありません。
それでも他人から見れば咳は咳。
マスクで周囲への気配りをしています。

こうした事情からブログの更新が滞っておりますが
ボチボチ復帰できるかと存じます。
又のお越しをお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

過ぎたるは

頻繁に花を撮るわりに、花の名を知らず。
少しは勉強したらよいものを・・・

この花、
かすかな記憶を辿れば、スイフヨウの名前が浮かぶが
悪いクセでマクロレンズで撮影すると、何の花か判別つかず。

3c160x136y145t84img_8562

3c200x172yi132t84mg_8566

5c174x141y135t84img_8561

7c190x172y134t84img_8565

5c108x84y140t84img_8557

| | コメント (2)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

謹んで新年の御慶びを申し上げます。
旧年中は飽きもせず、浮世床を訪れてくださった方々に
心から御礼申し上げます。
何卒、本年も宜しくご贔屓のほど、御願い申し上げ奉ります。

さて新年早々、店主のしくじり。
雑煮などの準備をせんとガステーブルに点火!
が、点かない!!
エエッ!! オイオイ!
どうやら点火用の乾電池が期限切れ!?
単三電池なぞ買い置きが無い。
元旦で店舗は休業。
コンビニならやっているでしょう、と家人の言葉を信じ
近くにコンビニに走る。

おお!! やっておったか!!
無事に乾電池を買い、感謝の気持ちで要らぬものも買う。
コンビニさん、ありがとう!!

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

意気消沈の末

勇躍出掛けたJRA天皇賞(秋)。
これまで同様、ゴールの決定的瞬間を撮れると・・・

そう安易に考えた私がアサハカでした。
狙った瞬間を撮れなかった悔しさは
勝利馬券を外したソレと比べ、いずれが上回るか!?

トボトボ帰る道すがら、「お隣」の大國魂(おおくにたま)神社を覗いた。
この提灯は!?
6c18x45y195x169y84img_1852

そうだ、お酉さまだ!
今年は三の酉まであって、五日は一の酉。
そのための準備が進められているのでした。
とはいえ、並んでいるのは屋台店ばかり。
熊手を商う店は四日の前夜からでないと並びません。

5c222x193y116t84img_1855
酉の市ともなれば、歩くのにも苦労するほどの人出ですが
今は提灯の多さだけが目立ちます。

7c65x77y84img_1856
表から見れば、こんな具合で華やかです。

7c89x105y140t84img_1859
何より由緒ある神社のこと
酉の市とは関係なく訪れる人が絶えません。

5c61x69y150t84img_1866
嘗て、馬場であったらしい道路から
神社の鳥居を見ます。

13c4x12y50x71y68img_1870
今でも「馬場先門前」というバス停はあるのfだろうか?

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

東京競馬場、裏噺。

霜月朔日。
この日、東京競馬場に於いて
第152回の天皇賞(秋)が開催されました。

鈴生りのスタンドで観衆が見つめる先は・・・
出走を控えた競走馬たちのパドック。
9c160x129y84img_1763_2

彼らが狙うレースはコレ。
3c54x38y84img_1754

競馬の門外漢である私には、パドック情報も無縁。
5c22x33y84img_1768

既にスタンドは立錐の余地も無し。
5c158x144y84img_1792

さぁ~て! 本馬場に目を移せば
馬場の整備員さんが、一つの障害物すら見逃さんと
コースの安全確認に余念が有りません。
13c114x131y84img_1776

そして、誘導馬に導かれた出走場が本馬場に出てきます。
5c67x51y177t84img_1780

今回の天皇賞については、写真より講釈が多くなります。
その心は? ゴール地点の撮影に失敗したからです。
新しいレンズのお披露目と、そんな意味がありながら
何もこんな動きの速いG!競馬を選ばずとも・・・
とは反省していません。
次ぎは逃さぬっ!!

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

花知らずも甚だしく

つい最近まで綺麗に色付いたキャベツだと信じて疑わず。
9c63x46y131t80img_4962
馴染みの濃い色と、淡い色合いと・・・
近ごろは新しい品種が誕生しているそうな。

13c140x167y120t80img_4976
中心の花芯が大きいのは、実を付けるが故か?

今さら聞けないのは花に関わることに限らず。
吾が人生、無為に過ごしてきたものだ。

| | コメント (2)

2013年7月19日 (金)

早くも夏バテ?

暑いっ!!
例年なら、今ごろ梅雨が明け猛暑に見舞われるハズ・・・

それが今年は何時もより早い梅雨明けと、
その後の猛暑で既に夏バテ気味?

実際の効力は知らないが、
猛暑を乗り切るには鰻を食べるのがイチバン!!
そんな江戸時代以来の神話が崩れ去った鰻の高騰。
牛ステーキに割安感を覚える鰻の高値。
今年は何で夏バテに対抗しようか・・・
結局は様々な食品を満遍なく食べる。
これしかないうようだねぇ。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

世間は夏休み・・・

帰省で利用される高速道路や
海外に出掛ける空港での混雑が始まっているようです。
近年は分散型の混雑が目立ちます。
一斉に夏季休暇を実施する企業が減っているでしょうか?

それにしても、日本の一週間から10日余りの休暇は
欧米と比べて、まだまだ働き蜂型夏季休暇ですね。

ほぼ日本全体が亜熱帯化している昨今
クールビズなどで誤魔化さず、長期休暇を取り入れる必要が
あるのではないか、と考えます。
とまれ、行政サービスや企業活動を考慮すれば、困難は
必至と予想しますが・・・
せめて一日の労働時間を減らせないものでしょうかね。

とはいいつつ、当の本人は夏季休暇など無縁の存在で
日々、せっせと働いております。

朝の通勤電車でのこと・・・
学校が休みに入ると、車内に少し余裕が出ます。
座れる確立が上がって、ひととき安堵する思いです。

その一方で、家族連れなどが車内で目立つのもこの時期です。
公共交通機関を利用して遠出するには、通常の通勤時間帯より
一時間以上も早い時間帯が便利であるからです。
結果、朝っぱらから妙に盛り上がったり、グッスリ寝込んだ
一団に座席を占拠されて不機嫌になります。
逆恨みとはわかっていても、我が身の状況を考えるとつい・・・

金は欲しいし
名誉も欲いし
そのうえ休暇があれば良いnote

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

よ〜く考えよう!

自宅と職場の近くに図書館があり、双方で本を借ります。
先日、返本すべき図書館を違えて一騒動ありました。
今朝は返却本と手紙を手に、郵便ポストの前で両手を見る。

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

車幅感覚

車を運転するとき、この感覚が無いと危ないですね。
狭い場所をすり抜けたり、対向車との行き違いが
出来なくなります。

年の所為か、立ち居振る舞いの中で
自分の身体の感覚が衰えているように思われます。
特段狭い場所でもないのに家や家具の角に
自分の身体をぶつけます。

思わぬ場所で、思わぬ部分をぶつけると
自分への腹立たしさと共に、一抹の寂しさを覚えます。

老いて目や耳が衰えると、もっと生活に不自由するのが
容易に想像できます。
高齢者の緩慢な仕草に寛容な思いで接したい、が・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧