2021年2月11日 (木)

森会長、そっちじゃないんだ!!

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会を統べる
森喜朗開会長の発言が世界的に物議を醸しています。
社会への女性参画促進に婀娜なす発言が瞬時に
悪事千里を走る とばかり地球上を覆りました。
何といっても昨今のネット社会の拡散の恐ろしさを痛感。

これまでも、日本の政治家は反社会的発言について
に包まれるごとく 失言(または放言) として護られてきた。
しかして、その実態は日頃から抱える 本音 他ならない。
政治家 は腹に抱えた本音を語らずにはいられないらしい。

今回の森会長の発言が問題視された背景には、
女性蔑視の忌まわしい思想を嗅ぎとったからであり、
性差を越えた考え方が拡がる世情に逆行する故のこと。
しかし、森会長の発言が全世界から非難されようと
恐らく、その首に鈴を付けられないだろうとの予測がある。

そもそも2020年東京大会招致に漕ぎつけた最大の功労者は
あの滝川クリステル嬢(当時)ではなく
森喜朗氏であったという。
その太い人脈と、卓越した調整力なくして東京2020はないと。
2019年に日本中が盛り上がったラグビーワールドカップも
森氏の人脈と調整力なしには実現しなかったという。
いつの頃からか五輪は金と利権を漁る漁場になっていて
それらを絶妙な塩梅で調整していく手腕と
世界に張り巡らされた人脈に敵う日本人は居ないらしい。
それ故に わきまえた男たち は無言を貫く.
こうした構図がある以上、森会長の首は安泰といえる。

ところが、ここへ来て情勢が大きく変化している。
元々、野党は森会長の辞任を要求してきたが
与党・自民党からも辞任を求める声が上がっている。
IOC のバッハ会長に至っては
森会長が前言を撤回し謝罪した時点で事態の終息を宣言した。
それでも海外メディアや政府機関からの批判が止まず、
オリンピックの理念に真っ向対立する森発言への
非難が高まりをみせるなり、コロッと手の平を返し
森発言への批判に転じた。
こうしたバッハ会長の豹変に対し、海外からの批判が殺到する。
バッハじゃないの!?

2020 オリンピック・パラリンピックのスポンサーからも
森発言への批判が噴出している。
こちらは世界の目を意識した自己保身の影が透けてもいるが。
JOC の山下会長もまた重い口を開き、森発言の不適切を指摘。
既に内堀も外堀も埋められた感があるが・・・


しかし、私が問題視しているのは女性蔑視発言の以前の
森会長の発言であります。
東京オリンピック・パラリンピック開催への強い意欲がそれ。
私たちはコロナがどういう形であろうと、
必ずやる!

やるか、やらないか、という論議でなく、
どうやるか!


これは既に末期的症状の発言であります。
昨年延期された2020年東京オリンピック・パラリンピックは
我が国のスポーツ大会である 国民体育大会 ではないのだ。
あくまでも国内大会であれば、その国の安全基準に則り
スポーツ大会を催せばよい。
2020年に東京に集う IOC に加盟する国と地域は 206 ある。
今、206に国と地域でのコロナ感染状況は如何なるものか?
どれほど感染収束に向かっているのか?

ここに日本国内と海外の現状や認識に大きな温度差がある。
その温度差が森発言への急先鋒に変じていると考えるべきだ。
大会組織委員会、日本政府、東京都は
地球上のコロナ感染の現状と真摯に向き合い
最善の結論を見出す時が訪れている。
例え、その結論が選手にとって過酷なものであっても
避けて通れない道を踏み外してはならない。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

花泥棒

群馬県で、チューリップの花を折る犯罪が続いた。
その模倣か、都内ではパンジーが根から抜かれた。

チューリップは、市場に出荷する栽培農家の畑からという。
数年来、果物が収穫期に盗まれる犯罪が後を絶たない。
こうした被害に遭った農家の悲憤の深さは想像にたやすい。

犯罪者には何を言っても通じないだろうが、極めて卑怯で
恥ずべき犯行である。
花だから、食べ物だからなのではない。
良民の働きや苦労を嘲う行為が許せないのだ。

何が楽しくて愚行に走るか!?

Rg15t36hit024

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

それはいいから。

全国紙の活字が大きくなりました。
老眼で、文字が読みにくい方には朗報でしょう。
ワタクシなんぞ、これくらい文字が大きくなっても無関係。
所詮、老眼鏡が無ければ読めないのサ

それはそうと・・・
春、新学期であり新年度でもある。
新聞配達員にも入れ替えがあったのか?
そうは思うが、ここ半月ばかりに及ぶ朝刊の配達時間は
ナンとかならんか!!
遅くなったので、出勤前に朝刊を読む時間ない。

以前は5時前に配達されていたのが、突然5時台中盤になり、
6時少し前までに遅くなり、ついには6時でも配達されない。
夜、帰宅してから読んでいると、日付がかわってしまい、
今日の朝刊が昨日の朝刊に様変わりする。

ニュースは、放送やWEBで見ればコト足りる。
いま新聞に望むのは、それ以外の要素だと思う。
されど、昨日の朝刊から得る話題は侘しいゾ。
一日遅れたからといって、殊更遅い訳ではないが・・・

某紙の配達員に告ぐ!!
我が家を出てからすれ違うキミは、本来ウチに配達すべき
配達員クンではないのか??
それなのに!!
この期に及んで我が家を素通りするのはなぜだ?
もうグレて新聞やめてやるっ!!

| | コメント (0)

2007年11月26日 (月)

ウチの子に限って

Dog15t64pb025 おとなしいから大丈夫ヨ。
と、言われてもなぁ・・・
苦手は苦手!! コワイはコワイ!!

郵便局が民営化されたとはいえ、郵便ポストは公共物だ。
ポスト前が駐車禁止ならば、犬を繋ぐのも禁止ではないかい!?

犬が苦手なオバチャマが、郵便物を投函出来ずに、ポストの前で
オロオロしていました。
オッチャンは紳士だから、その郵便物を代わって投函してあげ
ましたよ。
でも、ちょっぴりビビリました。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

憤怒!!

新聞によると、23日夜、福岡市で飲酒運転のうえ、交通事故を  起こした福岡市職員は、警察の取調べに対して次のように供述  しているらしい

酔って気が大きくなってしまった                   駐輪場に停めたバイクを、休日に取りに行くつもりが     面倒になって乗った                           150円の駐輪代ももったいなかった                 

また市職員の懇親会では幹事から                   本日は飲み放題のコースになっていますが                 飲み過ぎて飲酒運転をしないでくださ            と挨拶があったとか                            おいおい例え一口でも酒を飲んで車を運転すれば飲酒運転だろう それが飲み過ぎでなければ飲酒運転とはいわないのが福岡市の標準なのかい!?

これだもの                                  幼い命が犠牲になった事故が教訓になる訳ない

| | コメント (0)

2007年5月30日 (水)

近ごろ気にさわる事柄

公共交通機関での声高な会話。                    携帯電話での通話は、お控えください。と、車内放送は啓蒙するが一向に納まらない。それにも増して、車内での会話は双方向の  音声なので、極めて耳障り。                      携帯電話での通話は、個人の世界に没頭して、周囲への配慮が 損なわれるから。といった意味合いがあったと記憶しているが、  ならば、双方向で繰り返される会話はどうなのか。聴く気はないが、電車の走行音に対抗する会話の音量はいや応なしに耳に届く。 まして、その会話の内容たるや・・・

引きずり女、あるいは男。                         キャスター付きのバッグが横行している。時間と場所を考えず、  ズルズル引きずる老若男女。                      オイッ!、それはキャスターが4個付いているんだから、引きずら ないで立てて押すべきだろうっ!自分の荷物には責任を持とうぜ。

それに似ているのが、車道にはみ出して信号待ちをしている自転車の主。アンタの体は歩道上にあっても、自転車は車道にはみ出しているぜ。その前輪をこちらの車で引っ掛けたら・・・          自分の安全に責任を持とうぜ。

ついでに言えば、犬を散歩させてるアンタ!。            なぜ親愛な飼い犬に車道側を歩かせる!?もし、その犬が予想外の動きをしたらどうする?その先は言わんヨ。

| | コメント (2)

2007年5月20日 (日)

交通事故に思う

息子が交通事故の加害者になってしまった。             運転初心者で、単独運転2度目の出来事。信号待ちの直進車を  よけて、自分は右折レーンに入ろうとして直進車に接触したもので、事故より器物破損に近い状況なのだが。

相手の車は、交差点を避けて近くに車を移動させたらしいが、   息子はそれに気付かず、乗っていた車の応急処置をJAFにして  もらって帰宅。                               相手への対応を誤ったことで当て逃げで通報され、警察沙汰になる始末。結果は、警察の穏便な計らいで刑事事件にならずに済んだ ものの、今更ながら我が子の育て方が甘かったと痛感させられた 出来事だった。

間違いを起こしたら謝罪するのが最低限度の行為だが、それを出来なかった我が子が情けない。交通事故を起こして気持ちに余裕が無かったとはいえ、責任意識があれば違った対応が出来たはず。車の運転より、もっと大きなことを教えなければならない。

| | コメント (0)

2007年5月 3日 (木)

トカゲの尻尾切り?

高校野球の特待生が問題になっています。             今年の大会に出場できない選手が出る恐れがあるようです。    この問題、何を今更と考える方は多いでしょう。            野球留学は公然の秘密で、有力校ほど全国から優秀選手が   集まる現実があり、そうした選手に特別優遇の措置を計る    高校があるのも承知の事実。

では、他の競技ではどうか。                      当然、特待生制度は存在する訳で、学費免除など当たり前の   現実があります。素質と実績に秀でた選手を獲得するためには、 高校や大学が優遇制度を設けているのが現実です。

では、なぜ高校野球だけが問題になるのか?            それは結局、プロ野球という市場と深いかかわりがあるからと  考えられます。古くから、アマチュア野球とプロ野球の間には   深い溝があったようです。                         しかし、現実はアマ選手はプロになることを最終目標にしており  ロアマの確執の狭間で翻弄されたのが現実ではないか。

プロ野球及びアマチュア野球連盟。とりわけ高野連の関係者は  こうした現実に目をつぶり、今、現役高校球児に己らの不手際を  押し付けようとしている。その結果、高校野球の大会に出場できる選手と、出場が叶わない選手が出ることになる。

かくなる上は、向こう3年間は選抜および選手権大会の開催を中止すべきではないか。                         常に高校野球は教育に一環だと公言してやまない高野連なら  高い見識で子供たちに不公平な負担を強いるべきではない    と考えるが如何に。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

口の利き方にをつけろ!

家人が云いました「○○ちゃんが夜のバイトを始めたんだって♪」○○ちゃんとは、我が家の息子と同級生で、ご近所の、今春大学に進学した才女です。                            「素っ堅気の家庭なのに、女子大生風俗かい!?」と思った矢先 家人から次の言葉が・・・                         「そこのスーパーでレジ打ちしてるんだって♪」            あのなぁ・・・

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

交差点で

仕事で、ある商店街の交差点を一時間ほど観察して、歩行者に    全意識が欠如しているのを目の当たりにしました。         その交差点があるのは、車道と歩道の区別が無い(路側帯だけは  あります)典型的な日本の道路で、車と歩行者が混ざり合って通行 しています。歩行者は、自分の安全は限りなく保証されている   つもりなのか、ロクに安全確認もせずに歩いています。       路側帯をはみ出して、車道を歩くのは道路が狭いのだから仕方ない部分はあるのですがね。

青信号で交差点を通過しようとしている車の前を、歩行者が平気で横断します。渋滞で車の流れが遅いから、といった言い訳は通用しません。車の通行が無ければ、歩行者信号が赤でも自己責任で 横断するのはいといません。しかし、あの行為は危険だし、仮に 轢かれても責任は歩行者自身が負うべきです。それでも実際には運転者にも責任を負わされるのです。

歩行者優先を完全に履き違えた歩き方です。あの人たちは車を  運転することはないのでしょうか?運転するとしたら、あんなに傍若無人な運転をするのでしょうか。自転車と歩行者のトラブルがあとを絶ちません。もっと他人を気遣った通行をしたいものですが・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧