2014年6月28日 (土)

上田潤カメラマンの、この一枚が好きです。

ある人たちにとって、五輪より重要な意味をもつのが
蹴球の世界一決定戦。
予選リーグで白熱した試合が続き世界を魅了したが
決勝トーナメントは、一段と熱狂の渦が巻き起こるだろう。

ワタシ、蹴球には然程の興味をもっていません。
まぁ、社会通念としての認識は持っているつもりですが・・・

そんな日々、新聞の紙面を繰ると、
どうしても蹴球世界戦の写真が目に入ってきます。
殆ど、飛ばして見て、一瞬ですら目が止まる写真は
ほぼ通信社が配信したもの。
中には署名写真もあるが、イマイチ精彩を欠くと感じるのは
肝心な日本代表の戦績が芳しくないからか?

去る6月27日、貴紙の夕刊。
あなた、上田カメラマンが撮影された一枚に接しました。
う~~ん、よい一枚だ!
その写真を見て、思わずワタシがもらした一言です。

世間のオヤジが、ころもあろうにプロのカメラマンの一枚に
偉そうな一言を漏らすことが許される要因があるとすれば
何十年もの間、貴紙を購読してきた読者の傲慢に過ぎません。

この一枚の写真は、たとえ世界蹴球の門外漢に見せたとしても
やはり高い評価を得られると思います。
なぜなら、この捉えられた一瞬に、蹴球を超えた
人間の生き方を読み取ることが出来るからだと思います。
この男が、蹴球界の世界最優秀選手だからではなく、
ひとりの男が背負う孤独と憂愁を読み取るに余りある一枚。

ワタシは、デジタル版で上田潤カメラマンの写真を拝見しました。
そのどれもが、刹那を捉えた息詰まる写真の数々でした。
あの躍動する一瞬を捉えられるからこそ、今回の一枚がある。

剣術の極意、そんなものは知るよしもありませんが
常に真剣勝負の場に己を置き、鞘の内で勝負を決する。
そんな 居合い を思わせる写真の数々に魅了されました。

追伸
同僚のSカメラマンのご活躍にも声援をおくる購読者です(笑)。

| | コメント (2)

2014年4月30日 (水)

ドッとドド。ドバ?!

賢治ではありません。
賄い飯の話しです。
毎夜、試行錯誤の結果、錯誤で終わる男の料理。
今夜も、献立に行き詰まった末の麻婆豆腐。

生姜と大蒜はナンチャッテのチューブ入りを使用。
豆板醤をドドッ! 甜面醤をドバッ! 
調子こいて、よしあぁいいのにラー油をタラリ。
後は鶏ガラスープの素をバババッ!!

男の料理に、厳密な計量は似合いません。
間違って、不味い料理が出来ても、ワシャ知らん!!
文句あんなら自分で作れ!!

濃い味付けの料理のとき、味噌汁は薄めに・・・
その程度の良識はありますがね。

| | コメント (2)

2006年11月 5日 (日)

縁起物

関東では霜月酉の日に市がたって、これが「酉の市」。       関西では睦月十日の「十日戎」が有名です。             熊手には縁起物を沢山飾り付けて「開運招福」「商売繁盛」を祈念します。熊手は毎年大きいものを買うのが慣わしで、商売や福の隆盛に繋げたい願いが表れるのでしょう。T48pb040032

12日おきに巡る酉の日最初を「一の酉」と呼び年によっては「三の酉」まであります。「三の酉」まである年は火事や災難が多いとされ、警戒されていますが別の見方があるようです。                江戸時代で「三の酉」がたつ旧暦11月末は、現代では12月中旬にあたります。市が賑わう夜の寒さは想像にたやすいですね。   そこで熊手作りで反故になった紙や竹を裸火で燃やします。時には関東の空っ風が吹き、そうでなくても乾ききった冬のこと、焚き火の火の粉が飛べば直ぐに火が燃え移ります。市がたつ神社境内などだけでなく、市中に火が燃え広がる場合もあります。いずれにせよ一旦火事が出ると大火に成りかねない江戸では火の用心を胆に 銘じる意味があったのでしょうね。

T48pb040026 熊手の作り方は、それぞれ家の流儀があるようです。伝統を守る家、自由な発想で新しいものを取り入れる家などなど。               この家は伝統を重んじています。縁起物ですから役者や芸能人に好まれているようです。             役者は、この後開かれる羽子板市との繋がりが深いですね。T48pb040028    今年は「二の酉」が11月16日、「三の酉」が 11月28日です。                                         マイリスト  KattuのYahoo フォトアルバムに「浅草 酉の市」を追加しました。

| | コメント (3)