2017年10月 2日 (月)

目クソ鼻クソを笑う,

安倍内閣総理大臣が伝家の宝刀を抜いた。
衆議院の解散である。
自民党内には、衆議院解散の時期に非ずの声もあった。
メディアは、自民党総裁の賭けだというが
安倍総裁自身は、今こそ解散の時期と読んだ。

マスコミ報道に接していれば先刻承知の通り。
都民ファーストの会で東京都議会議員選挙に圧勝した
小池東京都知事が、国政を担うべく希望の党を創設。
自民党内を大いに慌てさせた。

さらに、民進党の前原代表が、
同党の希望の党との合同を独断即決するに至り
民進党に衝撃が走るだけでなく、
与野党それぞれにも大きな衝撃が走った。
何よりも寝耳に水の民進党議員のショックはいかばかりか?
世間知らずのお坊ちゃまが、老練な女寝技師に寝取られた。

その報に接した安倍総理は
選挙に勝つだけが目的の合同と酷評した。
いわゆる大儀なき解散を専断した事態を棚にあげ
勝手極まる屁理屈である。
その屁理屈によれば、今が国難のときであると主張する。
国難なればこそ、解散などと国会議員には最大のお祭騒ぎである
選挙に現を抜かしている場合ではなかろう!?
安倍首相は、現内閣の組閣後、この内閣は仕事人内閣と明言した。
ならば国難に仕事をせずして、どこが仕事人内閣か!?
マッタク!目クソ鼻クソに遠く及ばぬ下卑た屁理屈。

一方、民進党は全面的に希望の党への合同を
議員総会で満場一致で決議したが、その翌日。
小池都知事は、民進党議員全員の受け入れを拒否。
政治理念を違とする議員との合同はあり得ないと・・・
しかし、その事態は排除の論理と呼ばれる思想浄化だ。
減殺権に取って代わる勢力を構成する目標の下に
利する勢力は取り込み、反する勢力は排除する。
特に、憲法改作を目論む小池にとって目障りな
リベラル勢力を、国政から葬る。
まさに一石三鳥の妙手である。

二階に上がって梯子を外された形の民進党リベラル勢力は
新党設立などを視野に入れているようだが
安倍、小池と変わらず、議席維持に躍起になっている様は
否めないところだろう。
さて、今回の総選挙は何を基準に投票すれば佳いやら・・・

巷間、小池が都知事を辞して衆院議員選挙に出馬する。
そんな憶測も流れているが、都知事就任から一年足らず
女寝業師が為した都政の業績や如何に!?
東京都中央卸売市場の豊洲移転に待ったをかけ、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに異議を唱えた。
その結果はどうなったのか?
単にイチャモンをつけただけに終わり、何の成果もない。
そんな自分ファーストの小池に、
我が国の舵取りを任せるわけにはいかない。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

雷門がどうしたって!?

金龍山浅草寺で四万六千日の参詣を終え、
大川に架かる吾妻橋などから東京スカイツリーを眺め
浅草寺の象徴ともいうべき雷門に出ると、
海外からの観光客に限らず大勢が集まっています。

3c194x176y149t84img_4980
しかし、何かが違う?

3c195x178y158t84img_4984
雷門が書割り!?

実は、雷門は現在改修中なのだそうです。
そこで雷門を工事用のシートで覆う事にしましたが
日々、大勢の観光客が訪れる撮影スポットのこと。
シートに実物大の雷門を出力して覆う措置にしたそうです。

179x165y84img_4986
遠方から訪れた観光客には残念な事ですが
滅多に見られない光景でもあり
損をしたやら、得をしたやら・・・
結構愉しげに記念撮影に納まっていました。

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

ウン! さすが元局アナ

次男が、刑事事件で逮捕された元ラジオ局の
アナウンサーが、パーソナリティーを勤める
テレビ番組を降板した。

その言やよし。
「大変世間をお騒がせして、誠に申し訳ございません」
コレ、当を得た発言と承りました。

昨今、企業なり個人なり、不祥事を起こした件で
公の場(報道の記者会見)で謝罪するが、その内容は
判で押した様に一辺倒なものが多い。
「・・・皆様に大変なご迷惑をお掛けして・・・」
そこダッ!
その件で、我々は何等の迷惑をも受けておりませぬ。
にも関わらず「・・・ご迷惑をお掛けして・・・」はおかしい。
されば元アナウンサーのごとく「・・・お騒がせして・・・」が
相応しい表現ではないか?
通り一遍の謝罪には、欠片も真意を推し量ることはできない。

因みに、昨日は多くの方々に当ブログを訪れて戴きました。
その理由は、紛らわしく詐欺的な題名にあると思います。
当ブログを訪問戴いた方々には、大変なご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ございません。

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

アホ横審に鉄槌!

大相撲は横綱の優勝決定戦の末、勝者が決まったそうな。
その優勝決定戦に勝った朝青龍の仕草に
かのヨコシンが苦言を呈したとか。

勝利が決まって両手を挙げる仕草が、横綱にあるまじき仕草
というのが言い草らしい。

あれ、考えようによっては朝青龍の故郷の伝統格技蒙古相撲に おける勝者の舞いに等しい。その行為が角界の仕草として相応しいかどうかを問う前に、やはり外国から力士を調達する目論見の是非を問うべくだろう。

再三再四に渡り、本国力士の所作が品格に劣ると申し上げてきた。それらを容認し、外国力士の所作を云々するは本末転倒。     自ら認めた力士の、横綱としての品格に疑問あらば、即刻横審の責を離れよ!特に鬼瓦の文筆家女史よ。

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

ひとりよがり

五月の連休が過ぎたばかりというのに
最高気温が夏日だとか真夏日だとか・・・
ここは意地でも暑いとは言うまい!
今からそんなじゃ、先が思いやられる。

ところが最近
女性の間で、首にスカーフを巻くのが流行っている。
らしい??
絹か何か、涼しげな素材のスカーフを巻くのはファッションか。
暑苦しいとまでは言わないまでも、どこか納得しがたい。

そんな折り、帰宅ラッシュで混雑して蒸し暑い電車内で
事もあろうにウール地のマフラーを巻いている女を見かけた。
ご丁寧に起毛処理した布地で、しかも長尺。
それを首にグルットと巻いて・・・・

ああ! もうっ!! 暑苦しい!!!
いっそ、そのモコモコで首絞めたろかっ!?

よく見かけるのは、真夏でもニット素材の帽子を
被っているファッションリーダーさん
空気を感じていい加減にしてくれませんかねぇ!

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

穴倉の愚者

広島県で、冬山にスノーボードをしに入ったグループが遭難。
救助隊が捜索に入って、自力下山して来た一行を救助した。

遭難当日の日中まで好天で、遭難を危惧させる条件では
なかったようだ。地元のスキー場に勤める臨時職員も合流した
上での遭難。何と自然の恐ろしいことか。

当人達は収容された病院で反省していた。
冬山に限らず、自然が秘めている大きな力を、所詮は小さい
存在に過ぎない人間は畏怖すべきだと痛感した。

少し前、穴倉にはまって一昼夜出られなかった男がいた。
こちらは心底からの愚者。
猟が趣味で、遭難した日もクマを狙って猟をしていたという。
この男、どかが愚者かといえば、穴倉にはまった事実ではない。

猟とは名ばかり。
穴倉で冬眠中のクマを猟銃でしとめ、そのクマを穴から引き上げ
ようとして、自分の体を穴に潜り込ませた結果、体が引っかかって
穴から抜けられなくなったのだ。何と無様。

クマが冬眠用に選んだ穴のこと、洞窟のように大きくては冬眠に
向かない。クマ自身がやっと潜れる大きさしかなかったようだ。
それも若いクマというから、穴も小さかったに違いない。

それよりも冬眠中のクマを猟銃で撃ち殺す愚行が腹立たしい。
これが猟といえるのか。こんな輩がいるから銃の所持者が
恐れられるのだし、銃の所有そのものが懸念されるのだ。

穴倉から救出され、獲物を欲張り過ぎたと反省していたが、
それは穴倉に、頭から身を潜ませたことか?
どうも冬眠中のクマを撃った行為への反省とは見えなかったが。

| | コメント (0)

2007年10月27日 (土)

昭和だぁ

購読している新聞には、土曜日に特別版がつく。          今日の記事にウルトラセブンスーパーマン東京タワー    があった。                                 おまけにラジオを聴くと、番組テーマが銭湯。            たまたまでしょうが、よくも昭和を代表するような話題が       集まったものだ。

ウルトラセブンでは、アンヌ隊員が可憐でした。

鳥だ!飛行機だ!スーパーマンだ!                 当時の悪ガキは、風呂敷一枚でヒーローになれた。        棒きれを持てば剣豪だ。                        安上がりな時代だったねぇ。

先の記事では、東京タワーから眺めた夜景が物足りなかった   という。                                   なぜか?                                 理由は、そこに東京タワーが無いからだと気付いたと。       東京では、新しいテレビ塔建設が計画されている。         それでも東京タワーは、東京の象徴であり続けるだろう。

最近は、サウナや露天風呂などを備えた銭湯があるらしいが、  やはり銭湯は昔ながらがいいね。                  もう何十年も行かないくせに、勝手なもんだ。

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

書く気はなかったけど

世に悪役の存在意義は有ると思う。                  自ら悪役となったか、その役を負わされているか、事情はともあれである。

その悪役も、ひとつ間違えれば悪者になってしまう。        似たようなものだが、本質は大きく違う。                悪者は、社会にとって百害あって一理なし。

あの横綱も、あの女優も、悪役の道を踏み外してしまった。    しかし、あの一家はどうだろう。                     とても悪役とは思えないのだが。

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

商魂のこと

日本のプロ野球は、両リーグとも優勝が決まりました。       これで一気に日本シリーズに向け、決戦ムードが盛り上がる   かと思いきや・・・・・                            パ・リーグでは一足早く、セ・リーグでは今シーズンから       上位3チームによるプレーオフが行われるのですね。        上位ったって、各リーグに所属する半数のチームが参加するのだけれど。

のん兵衛は、何かと理由を付けては酒を呑みたがる。       贔屓チームが優勝すれば祝い酒、負ければ悔しい涙酒。     それに便乗したのが百貨店などが行う優勝祝賀セールや     応援感謝セールでした。

で、今年はというと。クライマックス・シリーズに出場する      上位3チームと縁がある店舗が、ちゃっかり応援セールを      繰り広げて集客に繋げようとしています。               いやはや、その商魂たるや、のん兵衛が酒に注ぐ執念を      遥か凌いでいますな。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

なのに貴方は帰国をするの

15t64hi013_2 22日、朝青龍が医師の診断を受けるため        (らしい)外出した。                                  余程やつれた様子かと思っていたが、テレビ画像からは判断がつかなかった。  

解離性障害という新たな診断が出て、国内の情勢やモンゴルでの反応から、北の湖理事長は帰国容認に傾きつつあるようだ。それに反して、仮病(とされる)による夏巡業不参加を重く見る協会員からの批判は根強く残っている。

ところで、巷間取り沙汰されている治療とは何を指しているのだろう。当初本人から診断書が提出された骨折などの治療なのか、それとも今彼が罹っている(といわれる)心のについてか。      どちらでも良いのだがモンゴルで治療しようとするなら、帰国は本人に好ましい状況をもたらさないだろう。怪我が完治してから、または心の病が治癒する見通しが立った時点で、リハビリを目的とした帰国なら話しは別だが。

まず、今帰国しても日本のメディアから開放されることはなく、むしろモンゴルでの行動への評価は厳しくなると想像される。モンゴルの英雄だもの、日本相撲協会が下した謹慎処分に従って帰国後に 家から一歩も出ないのは難しいだろう。例えばモンゴルで笑顔を見せでもしたら憶測を呼び、正しく解釈されない恐れは多いにあり、それによって疑惑が蒸し返されるのは予測に容易い。

彼が横綱として協会に抱いている不満は少なくないだろう。それらの不満を押し通して帰国するなら、角界への復帰を放棄するくらいの覚悟が必要だ。                             もちろん日本相撲協会に問題が無い訳ではない。          しかし自分で最初に問題の種を蒔いた以上、事態を収束させるのも自分しか居ないのではないか。

| | コメント (0)