2018年2月17日 (土)

結弦クン凄いが、聡太君もね。

冬季五輪のフィギュァスケート男子で、羽生結弦選手が
66年ぶりの連覇という偉業を達成しました。
その歳月を遡ることが出来たとして、
当時のフィギュァスケートとは如何なるものだったか?
男子では4回転ジャンプが主流の昨今から見れば
稚拙なスケーティング技術だったと推測されます。
故に、羽生選手が打ち立てた業績の偉大さが知れます。

五輪を控えた昨秋、大きな怪我によって
リンクに降りることすら叶わなかった苦難を乗越えての
偉業達成に祝福と賛辞を贈るものです。
23歳は、4年後の五輪出場も狙える年齢です。
3連覇はともかく、偉大な才能を咲かせ続けていてほしい。

この日、海外から飛び込んだ嬉しいニュースのほかに
国内でも偉業達成のニュースに沸きました。
将棋の藤井聡太五段が
第11回朝日杯将棋オープン戦に優勝。
同時に史上最年少(15歳6ヶ月)で六段に昇段しました。
また、中学生棋士として15歳6ヶ月の優勝は
加藤一二三九段の15歳10ヶ月の記録を塗り替えるもの。
第11回朝日杯将棋オープン戦に残った4強のうち
3人はA級棋士という強豪を討ち果たしての優勝です。

藤井六段は、第76期将棋名人戦のC級2組を勝ち抜き
C級1組へと昇級を決めたことで、今月1日、
五段に昇段したばかり。
16日で六段に昇段するとは、先々どんな棋士に育つことか?
愉しみであると共に、末恐ろしい才能の持ち主です。
聞けば、藤井六段はAI将棋をよく研究しているようで
時にAI将棋を模した手を打つとか・・・
古い棋譜を読むのも好きで、新旧の指し手を研究するに余念なく
まさに新しい時代の棋士といえましょう。

人柄は極めて温厚と見ましたが、
その目指す将棋は厳しいものがあるようです。
中学生棋士が勝負師に変貌したとき、
一段と凄みを増した棋士と進化した姿を見てみたいものです。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

滑り込みイルミネーション

東京都内各所のイルミネーションは概ね25日までが通例。
そこで、おっとり刀で出掛けたJR新宿駅南口。

サザンテラスの今年はピンクの色彩。
その色味が十分に再現できていません。

5c226x181y84img_7595

5c195x152hy84img_7601

5c38x64y84img_7609

こちらはバスタ新宿のペンギン広場。
5c84img_7623

7c101x153y84img_7627

5c122x158y122t84img_7638

| | コメント (2)

2017年12月24日 (日)

東京駅界隈のクリスマス飾り

東京駅南口(丸の内側)に旧中央郵便局が
建て替えられた高層ビルのKITTEがあります。
6階までが商業施設で、その上はビジネス棟。
1階から4階までの中央吹き抜けでは
大きなクリスマスツリーが設置されています。
白を基調に、緑と青の照明で彩色されます。
7c227c209y70img_7370

丸の内のご近所では
三菱一号館美術館のクリスマス飾りも人気です。
中庭の植栽にイルミネーションが施され
ツリーも立てられますが、今年はオブジェでした。
アイスクリームみたいで可愛い、と評判。
3c196x169y84img_7507

三菱一号館美術館に面している丸の内仲通り沿いの
明治安田生命館のクリスマスツリー。
5c201x149y149t70img_7492

丸ビルのクリスマスツリーも記念撮影する人が絶えません。
7c55x90y146t84img_7424

丸の内仲通りでは並木でイルミネーションが輝きます。
5c184x219y84img_7467

そして東京駅煉瓦駅舎前。
5c91x103y84img_7538

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

銀座のクリスマス ~第2夜~

銀座のクリスマスを撮ろうと出掛けたのは11月下旬。
銀座通りはイルミネーションが施され
ショーウィンドウをクリスマスモードで飾った店舗もあり
決して早過ぎる訪問ではなかった筈ですが
海外のブランドショップでは平素のディスプレイが目立った。

5c187x208y84img_7048
真珠のミキモトでは、先年までビルの入口に
大きなクリスマスツリーを飾りつけていましたが
今は質素なものに変わっています。
真珠の専門店らしく品のあるツリーです。

隣りあわせの山野楽器は、赤・青・緑と色が変化して
こちらはお馴染みのクリスマスツリー。
5c223x197y40s70img_7042

向かいの三越百貨店は物語り性を持たせた飾りつけです。
先ずはクリスマスの夜、家族でパーティの最中でしょうか
バイオリンを演奏する女性のシルエット。
5c138t84img_7057

5c24x37y84img_7066
このトナカイの鼻は赤くありません。

5c232x205y70img_7071
家族が寝静まった頃、サンタクロースが登場。

5c148ti847mg_7075
プレゼントを置く前に、冷えた身体を温めて
とでも言うように美酒が机の上にありました。

銀座松坂屋の跡地に建てられた銀座SIX。
夏は屋上で水遊びができましたが
この時期は3階のテラスでスノーマンが出迎えます。
終末には雪が降る演出があるそうで
今夜あたり雪降る中で記念撮影をするカップルが
後を絶たないでs¥しょうね。
84img_7130

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

バカラ社のシャンデリア

東京都写真美術館に、
写真家ユージン・スミスの写真展を観る。
午後、遅めの時間帯に訪れたには魂胆あり。
同じ恵比寿ガーデンプレイス内で夕刻から輝く
バカラ社のシャンデリアを撮影するのが目的。
このシャンデリアを撮り続けて何年になるか?
現在は二代目におシャンデリアであるが
初代のシャンデリアは大きさも光の量も図抜けており
なかなか上手く撮影出来なかったものです。

少し小振りで、その分、光の強さが減ったのが
今のシャンデリアですが、撮影に苦労するのは旧来と同じ。
そこでズルをする。

他所のイルミネーションは17時からの点灯ですが
ここのシャンデリア7は16時から点灯されます。
周囲が明るい時間にも輝いています。
それほどシャンデリアが発する光は強いのです。
そこで、まだ陽の残る時間帯であれば
強い光を発するシャンデリアを何とか撮影出来ようと
姑息にも夕刻の撮影に挑む。

7c163t7ci1653t70mg_7209

7c176x185y138t84img_7220

13c224x207y134t84img_7231

21c222x199y173t84img_7226_2


ガーデンプレイス内を散策して夜の帳が降りるのを待つ。
辺りが暗くなると、その分、シャンデリアの輝きが増し
撮影に苦労します。

7c198x217y150t70img_7290

5c125x100hy117t70img_7282

7c20r147t84img_7285

9c29x43y141t84img_7295

シャンデリアのキラキラ感が
少しでも表現できているでしょうか?

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

銀座のクリスマス ~第1夜~

イヤですねぇ~ 歳はとりたくないものです。
年々、寒さが身に沁ます。
遂に今年は超暖ヒートテックを購入。

で、とりあえず銀座に出てウィンドウディスプレイを撮った。

年寄りと違い、ペンギン君には此れからが快適な季節です。
5c31x45y84img_7125

今年のサンタさんは、赤鼻のトナカイが曳くソリを捨て
ボリダリングでプレゼントを届けるのでしょうか!?
サンタさんも歳なんだから無理しないようにね。
オット!! 言う傍から危ないよぉ~!!
3c234x223y142t70img_7144

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

金龍山浅草寺 ~鬼灯市~

浅草寺の縁日には露店が軒を並べてひしめきます。
暮れの酉の市や羽子板市はいうに及ばず
四万六千日の鬼灯市にも多くの参詣者が訪れます。
何せ、この日に参詣すれば四万六千日を欠かさず参詣した
功徳を得られるのですから是非もなく行かねば!!

その日を目当てに縁日が立ちます。
鬼灯市です。
3c159x140y141t84img_4890

境内には露店が並び、浴衣姿の客も訪れます。
3c236x215y139t68img_4892

3c3343y161t84img_4946
ほおずきと風鈴が涼しさを呼びおこします。

5c36x45y175t84img_4894
何の市でも若い女性の売り子さんは欠かせませ。

5c193x173y155t68img_4901

5c37x56y136t84img_4934
お手伝い。
末は粋な姐さんに育って、冷やかし客を魅了しそうです。

3c50x72y144t84img_4902
ハイ! こんな粋な姐さんは浅草ならでは。

3c183x139y84img_4939
縁起物ですから、この色が大切。

7c33x55y159t84img_4954
浅草寺の本殿と五重塔、そして鬼灯。
初夏の風物詩です。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

金龍山浅草寺 ~四万六千日~

その日に参拝すると
四万六千日を欠かさず参ったと同じ功徳が得られるゆえ
観世音菩薩に参る功徳日。
善男善女が参道から本道までを埋め尽くします。

7c188x171y84img_4904

7c29x36y139t84img_4887

7c194x167y84img_4907

45c210x158y84img_4911
やっと本堂前に近づきました。

7c52x13y84img_4912

7c192x179y129t84img_4921

5c192x157y143t84img_4927
本堂を出て、ひと息つきます。
これから境内の鬼灯市を冷やかしましょう。

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

名前はナシだが、花も実もある。

この地に我が家が越して来たとき、既にこの梨園があった。
あったというのは、誠におこがましい。
アチラは「先住民」であり、吾は「お邪魔虫」。
それから数年後、我が家は、この梨園の隣りに住みはじめた。

自然の摂理は人智を超えたところにあるようです。
毎年、染井吉野が散ってから、この梨の花が開花します。
ところが今年は双方の開花時期が重なりました。
染井吉野が咲いているうちに、梨花が開花したのです。

桜も梨も、大雑把に分類するとバラ科に属するとか。
春バラの話題に挟みこんで、桜や梨の話題を持ち込むに
何の支障がありましょうや!? (完全に居直っています)

さて、その梨。
去る4月中旬に開花しました。
5c1945x188y84img_2178

3c189x179y84img_2180
シベの元が濡れているのは、受粉を促がす昆虫を誘う蜜か?

そして、5月のはじめ、あの花が実を結び始めました。
36c34x59y150t84img_2931

まだまだ、同属のサクランボより小さい実です。
小梅よりも小さい実は、盛夏を過ぎ大きな実に育ちます。
3c46x58y145t84img_2932

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

薫風鯉幟

世間の浮かれた大型連休を尻目に
仕事を終えてから、季節の写真を撮りました。
この時期、毎年ではありませんが
東京都調布市にある国領神社の千年乃藤を撮りに行き。
帰り路に調布不動尊に寄るのがキマリとなっています。

お不動さんへは鯉幟が目当てで参ります。
久しく住宅地で大きな鯉幟を見る機会がありません。
見られるとすれば文化施設や商業施設などに限られます。
これまで訪れた日は、残念なことに凪ばかり。
今日は少し風があったので、ふと思い立って寄ってみると
ごらんの通り、甍を背景にして悠然と泳いでいました。
5c187x200y68img_0953

3c202x174y137t68img_0954
住宅事情があって大きな鯉幟お揚げられないのは解ります。
集合住宅などのベランダに小さい鯉幟を見かけます。
しかし、それすらもしない家庭があるといいます。
家庭のプライバシーやセキュリティの観点から
子供が居ることを秘する家庭が少なくないようでが
残念の一言で片付けられない社会情勢こそ憂うべきか?

7c236x179y138t68img_0958
本日は予定していなかった撮影ですので撮影機材は
一枚目から三枚目までがスマートフォンで撮り、
最後の一枚がコンパクトデシタルカメラです。

9c182x196136t84yimg_1705
写真を撮る要諦は、撮影機材の優劣よりも
その時そこに居る ことが大切だと再確認しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧