2017年2月27日 (月)

日向で吊るし雛

人工的な照明に照らし出される吊るし雛と違い、
まだ春浅き陽射しに照らされた吊るし雛には
素朴な薫りが漂っているいうに感じられます。

5c235x209y130t84img_1789

こうした花の造りものもあるようです。
3c32x35y84img_1797

長閑な雰囲気が漂います。
7c125x151y224x213y161t68img_1783

3c173x136y68img_1784

3c205x183y155t68img_1825

3c226x195y68img_1683

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

鄙にて、吊るし雛を愛でる。

吊るし雛については
例年、ホテルで開催されているものを紹介してきました。
雛人形ですから、子供の健やかな成長を願うのもで
縁起ものや、子供をかたどったものが見られます。

今年は場所を替え、梅まつりを開催中の日本庭園に
吊るし雛を追いました。
ここは江戸時代の初期からある日本庭園で、
藁葺き屋根の民家の縁側に拡げられた趣きがありす。
5c214x179y143t84img_1835

5c122x138y68img_1841

やはり縁起物が目立ちます。
8x31x54y68img_1699

7c84img_1767

女児たちの雛祭りの様子を描いたものがありました。
5c180x153y160t84img_1771

3c157t68img_1823
鄙に相応しい素朴さが伝わってきます。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

梅まつり

その日本庭園の梅まつり期間は、2月4日から3月12日まで。
そこに咲く梅の品種がどれほどあるのか確認していませんが、
早咲きから遅咲きまで、梅まつり期間中のおたのしみです。
そうした梅まつりの花々から・・・

3c30x44y84img_1638
淡い色合いの紅梅は好ましく思います。

3c29x33y84img_1645

3c40x49y84img_1662

9c191x168y146t84img_1634
ロウバイ
漢字では蝋梅をはじめ幾つかのロウの字をあてられています。
一方、バイは常に梅の漢字があてられます。
そこでロウバイは梅と同じ種類と思われがちですが
全く違う品種。
花の形をみれば想像がつきましょう?

7c246x177y84img_1667
古来、日本の画壇では梅を題材にした作品が多く見られますが
その大半は梅花より、独特な枝振りに注目したものでははいか?

3c250x162y142t84img_1673
判別が難しかろうと思います。
手前に紅梅、奥に白梅、中を取り持つロウバイの三色模様。

3c135t84img_1735
本日の番外。

| | コメント (4)

2017年2月13日 (月)

過熱の商機、いよいよ終盤戦!

従来、この国で季節商といえば中元歳暮が決りでしたが
バレンタインと、クリスマス商戦が割って入り込み
更にハロウィンが猛追しているようです。

バレンタインの習わしとなって久しい義理チョコ
その悪しき習慣も、近年は廃れつつあるようですが
依然として、この時期のチョコレート商戦は過熱ぎみです。
チョコレートごときで想い人の心を射抜く魂胆を
さもしいとみるか、麗しいとみるか・・・

贈るも負担、贈られるも負担の義理チョコだけは
御免被りたいが、そもそも私には縁のない話題でした。

7c15x38y30b157t64img_1582
あなたにも、こうした幸運が訪れんことを願っております。

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

初咲き河津桜。 ~花~

早くも咲いた河津桜を見つけてから一週間。
思ったより新しい花が少ない。
河津桜といえど、やはり如月の声を聞かずば
花開く頃ではないか・・・

花の数が少なければ、器量がよい花も少ない。
そこら辺りを鑑みながらご覧ください。

3c126x103y138t84024

3c195x167y137t84021

3c191x183y138t84img_1372

5c84img_1388

2c210x195y151t84img_1392
背景の白い壁の所為でホワイトバランスが崩れ
花が青味を帯びてしましました。

2c198x180y84img_1370

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

初咲き河津桜。  ~蕾み~

前回の記事、小学生の作文にも劣る拙文を書いてしまいました。
あっ!! 花がついている!!

などと、まるでNHKの野生動物の生態を紹介する番組の
ナレーションに似たコメントまで付けてしまった(恥)。

写真撮影のお稽古の途次、いくら河津桜の初咲きを見たからと
数枚を撮影して帰宅したのは、レンズ交換のためでした。
 (ホントウに詰らぬ話で恐縮です。)
はじめ、お稽古用に装着したのは18-135mmのズームレンズ。
人物撮影の習わしが無い私に、明るい単焦点レンズは不要です。
このレンズで、広角側の広い画角を活かして風景を撮影し、
望遠側の圧縮効果を利用して、花をマクロ撮影のように撮ります。

バラやダリアのような大きい花なら135mmで十分ですが
花が小さい桜となれば、距離もあるので望遠に不足が出ます。
そこで70-300mmのズームレンズに取替えた次第。
135mmでは花が咲いた様子は垣間見られますが
花の表情までは伺い知れません。
その300mmの世界です。

3c198x183y84042

3c190x166y84044

3c172x147y84026

5c136x109y84029

3c198x181y84img_1397
咲きはじめなので、まだまだ蕾みが目立ちます。

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

初咲き、河津桜。

昨日の日曜日。
写真撮影のお稽古を為さんと、カメラを下げて出かけました。
フト思い立って、ご近所の河津桜の様子を見に行く。
そろそろ蕾が膨らんでいることだろうと・・・
先に早咲きの梅をご紹介しましたが
我が家から一分も経たない場所にある桜です。
共に常の通勤経路にないため、様子をうかがえません。

5c1410t84006
フムフム、順調に蕾が膨らんでいます。

3c34x42y148t84018

枝を良く見ると・・・
あっ!! 花がついている!!
まだ四輪から五輪程度の咲きですが
着実に春が近づいています。
3c189x202y128t84011

咲いているの花を撮影し、我が家に帰りました。

                    つづく

| | コメント (2)

2016年5月29日 (日)

日本ダービー、激闘一騎打ち。

2016年5月29日、日本中央競馬会・東京競馬場。
自ら出場資格を勝ち得た3歳の優駿18頭が
東京競馬場に於いて、芝2400mのコースに覇を競う
第83回日本ダービー(東京優駿)。
薫風そよぐ快晴の午後、激闘の火蓋が切っておろされた。

3c20x32y156t84img_7148
スタート後の直線を駆り、一回目のゴール板を通過する各馬。

レースは最終の第4コーナーを抜け、残り100mを通過。
5c16x26y139t84img_7174
内を突く3番マカヒキを、外から8番サトノダイアモンドが猛追。

ゴール前、8番サトノダイアモンドがかわしたと見えたが
3c19x28y84img_7195

3番のマカヒキが差しかえしたようにも見える。
3c16x34y84img_7196

11c155x169y84img_7216
長い写真判定の結果
ハナ差で内のマカヒキの勝利が確定した。

ゴールしてから
競い合ったサトノダイアモンドを駆ったC.ルメール騎手と
手を握り健闘を祝しあった川田将雅騎手に
勝利者の雄々しい姿はなく、観衆の応援に感謝し、
遠目にも勝利の感涙に咽ぶ姿が印象的だった。
3c15x34y139t84img_7209

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

初夏爛漫、ご近所の庭先から。

毎朝の通勤時には、自宅から最寄り駅まで徒歩5分。
同じ道を休日にカメラを携えると4~5倍の時間がかかります。
丹精された花々は、有名庭園に劣らなず美しい。

4c161x149y158t66img_6114

7c224x177y146t84img_6130 この他にもピンクの花があるクレマチス。

7c200x175y130t66img_6178 
「寄ってらっしゃい」とばかり
路地を行く男を婀娜っぽく誘う 年増に見えるも楚がある。
珍しく花の名を知っているが、紫蘭とは・・・

7c23x35y84img_6182

7c173x156y160t84img_6324
へへッ! 偶には風景の花。

11c214x223y150t84img_6328
絵画教室の門脇には、季節の花が植えかえられ
一年を通して愉しませてくれます。

7c184x174y142t84img_6141
私の記憶が正しければエーデルワイス。
違っていたら・・・黙認くだされ。

5c26x34y149t84img_6211

そして、これからが旬の紫陽花。
11c216x203y84img_6339

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

陽を受けて薔薇

その欧風庭園で
傾きかけた陽射しを受けた花々を撮るのも一興。
斜光ならではの一面をのぞかせる一瞬です。
そうした花々から、先ず薔薇の横顔。

5c101x121y84img_6424

5c120x140y144t84img_6402

5c126x139y134t84img_6420

3c58x69y84img_6430_2

5c158x169y142t84img_6392

3c212x201y84img_6440  プリンセスミチコ

毎度のことですが、木を見て森を見ないが如くの視点です。
風景としての花を撮るように心掛けているつもりですが
どうしてもクセは直らないものです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧