2017年5月10日 (水)

名前はナシだが、花も実もある。

この地に我が家が越して来たとき、既にこの梨園があった。
あったというのは、誠におこがましい。
アチラは「先住民」であり、吾は「お邪魔虫」。
それから数年後、我が家は、この梨園の隣りに住みはじめた。

自然の摂理は人智を超えたところにあるようです。
毎年、染井吉野が散ってから、この梨の花が開花します。
ところが今年は双方の開花時期が重なりました。
染井吉野が咲いているうちに、梨花が開花したのです。

桜も梨も、大雑把に分類するとバラ科に属するとか。
春バラの話題に挟みこんで、桜や梨の話題を持ち込むに
何の支障がありましょうや!? (完全に居直っています)

さて、その梨。
去る4月中旬に開花しました。
5c1945x188y84img_2178

3c189x179y84img_2180
シベの元が濡れているのは、受粉を促がす昆虫を誘う蜜か?

そして、5月のはじめ、あの花が実を結び始めました。
36c34x59y150t84img_2931

まだまだ、同属のサクランボより小さい実です。
小梅よりも小さい実は、盛夏を過ぎ大きな実に育ちます。
3c46x58y145t84img_2932

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

薫風鯉幟

世間の浮かれた大型連休を尻目に
仕事を終えてから、季節の写真を撮りました。
この時期、毎年ではありませんが
東京都調布市にある国領神社の千年乃藤を撮りに行き。
帰り路に調布不動尊に寄るのがキマリとなっています。

お不動さんへは鯉幟が目当てで参ります。
久しく住宅地で大きな鯉幟を見る機会がありません。
見られるとすれば文化施設や商業施設などに限られます。
これまで訪れた日は、残念なことに凪ばかり。
今日は少し風があったので、ふと思い立って寄ってみると
ごらんの通り、甍を背景にして悠然と泳いでいました。
5c187x200y68img_0953

3c202x174y137t68img_0954
住宅事情があって大きな鯉幟お揚げられないのは解ります。
集合住宅などのベランダに小さい鯉幟を見かけます。
しかし、それすらもしない家庭があるといいます。
家庭のプライバシーやセキュリティの観点から
子供が居ることを秘する家庭が少なくないようでが
残念の一言で片付けられない社会情勢こそ憂うべきか?

7c236x179y138t68img_0958
本日は予定していなかった撮影ですので撮影機材は
一枚目から三枚目までがスマートフォンで撮り、
最後の一枚がコンパクトデシタルカメラです。

9c182x196136t84yimg_1705
写真を撮る要諦は、撮影機材の優劣よりも
その時そこに居る ことが大切だと再確認しました。

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

ご近所でマクロ撮影

どのように言い逃れをしても
これから桜を取り上げるのは時期を逸した感じを否めません。
そこで最新画像をアップして、批判をかわそうと悪足掻きです。
今日(4月30日ギリギリ)の最新画像は
手抜きの、ご近所で撮った写真でお茶を濁します。

戸外で花をマクロ撮影するとき、撮影の障害になるのが風です。
手ブレ以上に被写体が風で揺れるので
シャッターを押す時間が限られ、風の凪待ちは必須で

私が花をマクロ撮影する狙いは(偉そうに)・・・
被写体を克明に表現するのではなく
花を色のパターンや、色のグラデーションでとらえます。
また連続した形の羅列としてとらえるのも面白く感じます。

5c91x109y84img_2802
躑躅は今が旬の花です。
視点を変えて撮影しました。

5c84img_2872
花のシベに近接撮影するのはマクロの定番です。

3c126x137y84img_2816
金魚草らしいのですが
桜のギョウコウとウコンを取り違えたばかりで断言できず。

3a5c135t84img_2860
先に満天星をアップしましたが、こちらは鈴蘭。

2c46x59y84img_2825
色、形、領域と三拍子揃った! と、自己満足の一枚です。

5c217x207y84img_2840
ヤマボウシと紛らわしいのですが、ハナミズキのようです。
ガクの形で判断しました。
躑躅と花水木は、この時期が一番の旬。

5c34x43y155t84img_2914
菖蒲か? 杜若か? 花菖蒲か?
障害物があって確認できず。
西に傾いた陽射しを受け、柔らかな姿を魅せていました。

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

日向で吊るし雛

人工的な照明に照らし出される吊るし雛と違い、
まだ春浅き陽射しに照らされた吊るし雛には
素朴な薫りが漂っているいうに感じられます。

5c235x209y130t84img_1789

こうした花の造りものもあるようです。
3c32x35y84img_1797

長閑な雰囲気が漂います。
7c125x151y224x213y161t68img_1783

3c173x136y68img_1784

3c205x183y155t68img_1825

3c226x195y68img_1683

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

鄙にて、吊るし雛を愛でる。

吊るし雛については
例年、ホテルで開催されているものを紹介してきました。
雛人形ですから、子供の健やかな成長を願うのもで
縁起ものや、子供をかたどったものが見られます。

今年は場所を替え、梅まつりを開催中の日本庭園に
吊るし雛を追いました。
ここは江戸時代の初期からある日本庭園で、
藁葺き屋根の民家の縁側に拡げられた趣きがありす。
5c214x179y143t84img_1835

5c122x138y68img_1841

やはり縁起物が目立ちます。
8x31x54y68img_1699

7c84img_1767

女児たちの雛祭りの様子を描いたものがありました。
5c180x153y160t84img_1771

3c157t68img_1823
鄙に相応しい素朴さが伝わってきます。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

梅まつり

その日本庭園の梅まつり期間は、2月4日から3月12日まで。
そこに咲く梅の品種がどれほどあるのか確認していませんが、
早咲きから遅咲きまで、梅まつり期間中のおたのしみです。
そうした梅まつりの花々から・・・

3c30x44y84img_1638
淡い色合いの紅梅は好ましく思います。

3c29x33y84img_1645

3c40x49y84img_1662

9c191x168y146t84img_1634
ロウバイ
漢字では蝋梅をはじめ幾つかのロウの字をあてられています。
一方、バイは常に梅の漢字があてられます。
そこでロウバイは梅と同じ種類と思われがちですが
全く違う品種。
花の形をみれば想像がつきましょう?

7c246x177y84img_1667
古来、日本の画壇では梅を題材にした作品が多く見られますが
その大半は梅花より、独特な枝振りに注目したものでははいか?

3c250x162y142t84img_1673
判別が難しかろうと思います。
手前に紅梅、奥に白梅、中を取り持つロウバイの三色模様。

3c135t84img_1735
本日の番外。

| | コメント (4)

2017年2月13日 (月)

過熱の商機、いよいよ終盤戦!

従来、この国で季節商といえば中元歳暮が決りでしたが
バレンタインと、クリスマス商戦が割って入り込み
更にハロウィンが猛追しているようです。

バレンタインの習わしとなって久しい義理チョコ
その悪しき習慣も、近年は廃れつつあるようですが
依然として、この時期のチョコレート商戦は過熱ぎみです。
チョコレートごときで想い人の心を射抜く魂胆を
さもしいとみるか、麗しいとみるか・・・

贈るも負担、贈られるも負担の義理チョコだけは
御免被りたいが、そもそも私には縁のない話題でした。

7c15x38y30b157t64img_1582
あなたにも、こうした幸運が訪れんことを願っております。

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

初咲き河津桜。 ~花~

早くも咲いた河津桜を見つけてから一週間。
思ったより新しい花が少ない。
河津桜といえど、やはり如月の声を聞かずば
花開く頃ではないか・・・

花の数が少なければ、器量がよい花も少ない。
そこら辺りを鑑みながらご覧ください。

3c126x103y138t84024

3c195x167y137t84021

3c191x183y138t84img_1372

5c84img_1388

2c210x195y151t84img_1392
背景の白い壁の所為でホワイトバランスが崩れ
花が青味を帯びてしましました。

2c198x180y84img_1370

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

初咲き河津桜。  ~蕾み~

前回の記事、小学生の作文にも劣る拙文を書いてしまいました。
あっ!! 花がついている!!

などと、まるでNHKの野生動物の生態を紹介する番組の
ナレーションに似たコメントまで付けてしまった(恥)。

写真撮影のお稽古の途次、いくら河津桜の初咲きを見たからと
数枚を撮影して帰宅したのは、レンズ交換のためでした。
 (ホントウに詰らぬ話で恐縮です。)
はじめ、お稽古用に装着したのは18-135mmのズームレンズ。
人物撮影の習わしが無い私に、明るい単焦点レンズは不要です。
このレンズで、広角側の広い画角を活かして風景を撮影し、
望遠側の圧縮効果を利用して、花をマクロ撮影のように撮ります。

バラやダリアのような大きい花なら135mmで十分ですが
花が小さい桜となれば、距離もあるので望遠に不足が出ます。
そこで70-300mmのズームレンズに取替えた次第。
135mmでは花が咲いた様子は垣間見られますが
花の表情までは伺い知れません。
その300mmの世界です。

3c198x183y84042

3c190x166y84044

3c172x147y84026

5c136x109y84029

3c198x181y84img_1397
咲きはじめなので、まだまだ蕾みが目立ちます。

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

初咲き、河津桜。

昨日の日曜日。
写真撮影のお稽古を為さんと、カメラを下げて出かけました。
フト思い立って、ご近所の河津桜の様子を見に行く。
そろそろ蕾が膨らんでいることだろうと・・・
先に早咲きの梅をご紹介しましたが
我が家から一分も経たない場所にある桜です。
共に常の通勤経路にないため、様子をうかがえません。

5c1410t84006
フムフム、順調に蕾が膨らんでいます。

3c34x42y148t84018

枝を良く見ると・・・
あっ!! 花がついている!!
まだ四輪から五輪程度の咲きですが
着実に春が近づいています。
3c189x202y128t84011

咲いているの花を撮影し、我が家に帰りました。

                    つづく

| | コメント (2)

より以前の記事一覧