2019年11月 8日 (金)

チャリが気になる

街を歩いていて、道端のチャリがなぜか気になる。
スーパーマーケットの前のママチャリではない。
然るべき場所に、然るべきチャリがあると
思わずカメラのシャッターを押してしまう。
その時の被写体とはバイシクル(バイク)のことだ。
かといってバイクに詳しいわけではないし
ことさら興味があるわけでもない。

この日、徘徊したのは
東京・六本木の外苑東通りに接する
東京ミッドタウンの一隅で、刻限(とき)は夕暮れ。
街と刻限に馴染んだバイシクルの佇まい。

11c146x168y149t84img_6097

5c47x65y159t84img_6105

5c172x154y153t84img_6082

2c48x85y84img_6085

5c23x71y146t84img_6108

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

東京MONOかたり ~新宿・思い出横丁~

東京・新宿はJR東日本では山手線ほか複数の路線が行き交い
他に私鉄3路線の始発駅と、地下鉄3路線の通過駅を有する
鉄路の要衝になっている。
その駅に隣接する地区ともなれば真っ先に再開発されるはずが
未だに昭和の薫りを残す一角がある。
居並ぶ店の佇まいは雑駁でありながら、不思議に同化している。

5c44x68y30s84img_5798
空が明るい時分から呑み始めても、怠惰な雰囲気はない。

4c176x198y84img_5805
海外からの観光客が目立ゆ。
この時期ゆえ、ラグビーのワールドカップを目当てに
来日した外国人を多く見かけた。

3c31x51y84img_5799
個人が特定できるような撮影は謹んでいるものの
このカップルには自らポーズをとって撮影をねだられた。

3c71x91y84img_5800
席の空き待ちをする客が珍しくない。

3c177x187y74img_5804

4c181x195y84img_5811

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

色はにほえど 散りぬるを

旧芝離宮恩賜庭園は、旧浜離宮恩賜庭園と同じく
江戸湾の海水を引き入れた汐入の回遊式庭園である。
知名度や面積で旧浜離宮恩賜庭園に引けをとるが
落ちついた日本庭園の趣きを醸し出している。

満開宣言から2~3日後の桜は、既に葉が出始めていたものの
未だ圧倒的な数の花が見る者を魅了してやまない。

都心近くにありながら、ビルの谷間にある庭園ではない。
空はゆったり広がり開放感を味わえる。
7c183x205y84img_3778

5c189x206y84img_3790
桜花を愉しむ人が疎らに見えるが
撮影日、4月5日に当ブログにアップした
染井吉野二景と同じ日、同じ庭園である。
フレームから人が外れる瞬間が訪れ易いので
個人の尊厳に触れることなく撮影が出来るのがありがたい。

5c172x198y84img_3783
桜樹の下の芝に散った花びらがご覧いただけるだろうか。

花曇り
5c42x87y84img_3775

満開の桜花を見ていると
そこに何がしかの存在を感じるときがある。
精霊とか、魔性の者とか、神秘性を湛えた存在。
7c189x204y84img_3777

9c110x140y84img_3772
魔性といっても、人間にあだなす存在とは限らない。
満開の桜花が、散る花びらが、見る人の心を浮き立たせる。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

ぶらり渋谷

今年の東京では木枯らし1号が吹かなかったそうです。
朝晩はそれなりに気温が下がり冬らしくなっていますが
そういえば木枯らし1号の話題は目にしなかった。

先々、暖冬の予報が出てはいるものの油断は禁物。
寒さが厳しくない、それも北風が吹かないとなれば
夜間の撮影にはありがたい気候といえます。

そこで渋谷の街に出かけてみました。
いま渋谷はJR渋谷駅の周辺は再開発のため
地上も地下も大きく変貌しつつあります。
そうでなくても街の様子は目まぐるしく変貌を遂げます。

3c223x210y80img_2191
JR渋谷駅のハチ公像前、
世界に名立たるスクランブル交差点からのびる公園通りと、
その先の代々木公園の並木道で
青いイルミネーションが施されているのを見に行きました。

5c217x197y80img_2218
広い代々木公園の入口の一つに当る並木道は
NHK放送センターの脇にあります。
ここのイルミネーションは青の洞窟と名付けられ
並木道がトンネルのように見えます。

5c277x211y80img_2215
いずこも同じで、イルミネーションを見に来た人の群れ。

5c227x217y10r132t80img_2211
並木道を人が歩いていなければ
路上に反射するシートが敷かれており
そのシートにイルミネーションが映る綺麗な仕掛けといいます。
消灯間際の遅い時間帯に行かねば撮影は無理でしょう。

5c223x209y138t80img_2243
並木道の人が疎らになるまで待つ根気は無く
撮影を早々に切り上げ、公園通りから渋谷駅に向いました。

  本日の撮影にはコンパクト・デジタルカメラを使用しました。
  写真の出来が悪いのはカメラではなく、私の技量の問題です。

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

浅草の夜を撮る

浅草に出向くのは西浅草から移動することが多く、
夕方から宵にかけて浅草寺周辺を巡る結果となる。
そうした時間帯は、隅田川対岸のアサヒビール本社や
東京スカイツリーを撮影するには、私の好きな時間帯です。


そうして撮影した2枚を
アルバムの「夜を撮る」に追加しました。

浅草一丁目一番地
右角に写っているのがデンキブランで有名な神谷バー。
その先、右側の雷門から人力車に乗り
この界隈を巡る観光客が目立つ。

起点・吾妻橋
この橋の上は東京スカイツリーを撮影するには絶好の場所。
夜になると流石に撮影する人が少なくなっている。
アサヒビール本社隣のスーパードライホールには
馴染みのオブジェ。
ウ〇コのビルとか、ウ〇コのオブジェなどと揶揄される。
聖火台の炎 というのが正式の名称というのだが・・・
撮影技術が未熟で露出が適正でないため
尚更アヤシイ色味になってしまった、済まぬ。


やはり浅草の名代は浅草寺。
本堂の扉が夜8時には閉じられるのを機に
店じまいする仲見世も多い。
それでも雷門周辺で人がひくには間がある。

5c94x122y124t72img_2405

5c193x198y145t84img_2424

4c146x169y150t84img_2427

7c187x145y144t84img_2429

7c224x212y72img_2433

そして、浅草一丁目一番地から吾妻橋を望む。
7c90x106y150t84img_2436

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

都電荒川線

現在営業運転を続ける都電荒川線に乗って、
この路線が唯一残った理由に思い至った。

5c192x181y143t84img_2184
路面電車というので自動車などと並走すると思ったが
軌道が独立して敷かれ、並走通行区間が少ないのだ。
路面電車が道路通行の足手まといになると
次々に廃線に追い込まれたと記憶しているのだが
並走区間が少ない荒川線が生き残ったかと推察される。

7c48x66y169t84img_2063
一方の始発駅である三ノ輪橋駅付近。
このように民家を縫うように走行する区間は多い。

3c46x70y139t84img_2190
停止中の前の電車と距離を詰めたところ。
ATS(自動列車停止装置)に頼らず
目視で安全を確認して運転しています。
バスを運転する感覚か?

3c157t84img_2168
踏み切りで電車が信号待ちをする珍しい光景。

3c231x198y166t84img_2186_2
駅は停留所と呼ぶ方が相応しい。

5c190x175y84img_2260
自動車などと並走する数少ない区間。
JR王子駅前から飛鳥山下付近は、特に広い道路を走行。
路面電車らしい運転風景を見られます。

6c198x176y152t84img_2243
軌道敷内通行可の道路標識が新鮮です。

早稲田駅から三ノ輪橋駅までの全長12.2キロメートルに
28の駅があり、駅間は最長で600メートルで
500メートルが多く、200メートルが最短である。
バスの停留所より間隔が短く、より生活に密着した
公共交通機関なのだろうと感じた。

欧州の真似をするなら、
省エネルギーの効果が望めない夏時間より、
確実に地球環境の保全に役立つ路面電車を真似るべし。
乗ったのは秋分の日と日曜日が重なり乗客が多かったが
平日の日中ならユッタリ乗ることが出来るだろう。
路面電車を生活の基盤に置いた生き方をすると
日々違ったものが見えてくるように思える。

| | コメント (0)

2018年8月11日 (土)

耳から涼む

東京・日本橋室町では
商業施設としてのCOREDO(コレド)室町が出来、
映画館やオフィスを擁する同2と3が後を追った。
それらの一隅に鎮座するのが福徳神社である。

4c215x195y150t84img_0826

その本殿を囲う木立ちを福徳の森と称するらしい。
3c96x112y84img_0908

その福徳の森で江戸風鈴が涼やかな音色を響かせていた。
5c128x140y150t84img_0837

7c186x206y84img_0841

また、本殿から福徳の森に続く小経の左右には
200個の江戸風鈴が人々の眼を愉しませている。
 (この企画を森の風鈴小経といい、9月24日まで開催中。)
7c174x192y147t84img_0844

7c128x146y84img_0852

一つとして同じ形、彩色、音色のない江戸風鈴が
訪れる人々の心を和ませている。
3c159x174y150t84img_0880

暑い暑いと嘆いてみても、過ぎてしまえば泡沫の夢の如し。
寧ろ、目と耳で刹那の夏を愉しむ余裕が欲しいものです。
9c183x203y300r150t84img_0903

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

目で涼しく

今年は、春から季節の移ろいが例年にも増して早かった。
例年なら7月下旬といえば漸く梅雨が明けた頃の筈が
今年の梅雨明けは異常に早く、
この時期には灼熱の陽射しが地上を焦げつかせていました。
僅かな時間でも涼しくなろうと
水がある風景を求めて噴水公園にやってきた。

7c58x78y90r148t84img_1123
ところが、あまりの暑さに日頃は見かける人影が無い。
加えて噴水が停止している時間帯で
だだっ広い公園は容赦無く暑さが増すばかり。

和田倉噴水公園は、これまでも何度か取り上げている。

5c178x204y142t84img_1223
東京・丸の内の西側に位置し、東京駅からは指呼の間にある。

7c188x202y159t84img_1159
公園の南側は、皇居から東京駅に真っ直ぐのびる行幸通り。

7c189x221y84img_1152
噴水のほかに、水の落下装置もある。

9c218x192y84img_1176

7c192x213y84img_1187
人工の水辺なので水位は低く、子供が入っても安全だが
強過ぎる直射を浴びる勇気は無いか・・・

7c86x119y84img_1199
流れ落ちる水や、はじける水飛沫を見て
幾分なりとも涼しげな気分になった。

| | コメント (2)

2018年7月22日 (日)

日本橋日枝神社

隅田川を永代橋で西に渡ると
茅場町から人形町、そして日本橋界隈に出る。
街案内を見ていると茅場町に山王(赤坂)日枝神社の摂社である
日本橋日枝神社があることがわかったので向ってみる。
天正18年(1590年)徳川家康が江戸城に入城するや
日枝大神を崇敬したが、御輿渡御の際の御旅所がはじまり。

ビルの谷間というと大袈裟だが、
大通りから奥まった場所に鳥居が見える。
3c231x218y136t84img_0684

5c34x47y157t84img_0687
一日に一組に限り結婚式を挙げることが出来るという。
同様の条件で客を取るレストランや旅館を連想したが、
鳥居をくぐると小さい所帯と見てとれ、
誠実であたたかい対応を心掛けた結果と納得した。

5c171x195y500r129t84img_0698
手水舎と拝殿は新しい。

5c29x40y84img_0692

5c20x36y150t84img_0696
社務所の向こうには明徳稲荷社の赤い幟が見える。

3c19x40y128t84img_0697
狛犬は天を仰ぐ恰好をしており、大変珍しい。

5c195x182y450r135t84img_0706
阿形の狛犬なぞ遠吠えしているように見える。

3c73x103y145t84img_0705_2
吽形の狛犬も天を仰いでいる。

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

永代橋渡る

富岡八幡宮で夏越大祓を済ませ隅田川に出た。
永代橋は江戸時代から富岡八幡宮の祭りでは
宮御輿や町御輿が連合渡御で渡る橋である。

夕刻、上げ潮に乗って水上バスが橋をくぐる。
5c220x207y150t84img_0659

橋の手前は深川、渡ると茅場町から日本橋方面へと連なる。
7c220x201y250r150t84img_0617

5c33x44y150t84img_0619

5c29x46y84img_0620

| | コメント (0)

より以前の記事一覧