2014年11月 3日 (月)

近ごろの映画、映画祭って・・・

映画が採算のとれる産業の座から滑り落ちてどのくらい経つか?
いまや文化としてしか、その存在価値を見い出すしかないかと
そう思わせるほどの凋落現象を見せているように思われる。

映画の撮影にフィルムを使用せず
デジタルの、それもスチールカメラを駆使して映画を撮る。
そんな映画監督が出てきたと聞いたときの驚きは隠せない。
映画よ、そこまで来たか!?
フィルムで撮影する映画の流れで、16mmフィルムを使い
新鮮な映像を創り出した映画監督は存在した。
デシタルのスチールカメラを使う映画監督も、
そうした流れの一端を担っているのだと推測していた。
しかし、過日。
偶々、東京国際映画祭が開催されている六本木ヒルズを訪れ
その知識の浅はかさに愕然とさせられた。

5c129t80img_1906  これは半端なシステムではない。
 フィルムで記録する時代は終焉?




この撮影システムを見たのは、先月末。
第27回東京国際映画祭が開かれていた六本木ヒルズだ。

5c137t84img_1892  訪れたのが日曜日なのに
 格別な盛り上がりを感じなかった。



アジア最大の映画祭とはいうものの・・・
カンヌ、ベルリン、ベネツィアなど世界有数の映画祭からは
はるかに水をあけられた印象は否めない。
その事実が会場全体を弛緩させていたのかもしれない。

5c150t84img_1898  映画祭への参加作品を掲示したパネルを
 熱心に見るひとは少なかった。



振り返れば、この映画祭が最初に開催された当時
映画雑誌は盛んに東京映画祭を報じたものだ。
そうした映画雑誌が次々と休刊に追い込まれ
映画を面白さを世に伝える旗振り役が居なくなった。


5c72img_1903
 六本木ヒルズ内の
 映画館に続く階段下に
 スタッフが数名居なければ
 映画祭が開催中とは気付かない?






若い頃ころのように、熱心な映画の観客ではなくなったが
官公庁の保護の下で生き延びる存在にはならないよう
映画関係者だけでなく
観客たる我々もまた「奮闘」を期待される。

5c84img_1900

| | コメント (1)

2013年5月31日 (金)

メールおくれよCX!

日々、慌ただしく過ごしている。
朝など新聞を読む余裕もなく、バタバタ出掛ける。
帰宅後、落ち着いたところで新聞を手に取り
一面を見て、ひっくり返してテレビ番組蘭を見る。

エゲゲゲェ~~~ッ!!
今夜、鬼平やってたの~~っ!!

事前チェックが甘いと、批判はあろうが
ワシャ忙しいよっ!!

せめて、視聴者が観たい番組を登録すると
事前にメールで知らせるサービスは出来ないものかね?
既にあったら済まないが、ご検討くだされ。

レギュラー番組は外していい。
特番のみ オ・シ・エ・テ!!

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

こらっ!NHK!!

閉幕した倫敦五輪で、NHKが現地に送り込んだキャスター。
女性のYだが・・・
日曜日の夜、NHKの男性アナウンサーと番組を持っている。
以前から、こんな個性のアナウンサーがNHKに居るのかい?
と、疑問を感じていたが、フリーのアナウンサーとか。

NHKに所属するアナウンサーとか、フリーのアナウンサーとか
差別するつもりはないが、やはり異質だ。

よくいえばサービス精神が旺盛というか・・・
目立ちたがり屋なのか・・・
そこに居るだけでケバケバしい。

昨今のアナウンサーなんぞ、その真骨頂であるはずの
言葉が疎かだ。
日常生活のことば遣いを、仕事場に持ち込んで
それが最先端の言葉遣いであるかのような振る舞いだ。

まして、映像が本筋のテレビ放送に於いて
そこに居ることに局としての違和感を抱く存在は許されるか?
彼女のアナウンス技量が抜きん出ているとは思えない。

百歩も千歩も譲ったところで、今のNHKに、
このY女に見劣るする女性アナウンサーが居るとは思えない。
まして、アナウンス技量においては何をかいわんやである。

この局の不思議な仕儀については、これまでも発言してきた。
いわく、夜のニュース番組のキャスターを、何かと海外派遣する
その不可思議についてだ。

海外で予定される出来事、あるいは突然の大事件。
そういった場合、かの番組のキャスターがすっ飛んで行くのだが
何の意味があるのか理解に苦しむ。
おっとり刀で出掛ける新参者より、地道に取材を積み重ねた
現地特派員の言葉の重みを無視した配置を見るとき、
特派員は日ごろ遊んで暮らしているのか?
キャスターは物見遊山の短期出張か?
なぞと勘繰りたくなる。

まして倫敦五輪の、あの場で、あの人員配置か?!
いま、NHKは国営放送の矜持をかなぐり捨て
台場の放送局の轍を踏もうとしている。

日々、惰性で出しているパンチが
知らぬ間に受けているボディーブローに打ち負かされる日。
その日は必ずやって来る。
今のうちにガードを固めることだ。

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

あれも これも

米国アカデミー賞が発表され
外国語映画賞短編アニメーション賞という2部門で
日本作品が同時受賞しました。

日本作品が外国語映画賞を受賞するのは初快挙。
短編アニメーション賞は2作品目とか。
過去に、長編アニメーション作品賞では宮崎駿監督が
受賞していますが、今回受賞した加藤仁生監督の
作品と比べると、大きな違いがあることに気付きます。

宮崎監督作品は、兎に角、細密な画像を構築し、
私などはクソ!リアリズムと呼んでおります。
それに対して、加藤監督作品はコマ数は少なく、絵の描写も
細微を省略して簡素な画像でした。

両作品を見比べて、どちらが優れているかを論じるのは
愚かな所業です。
しかし、削ぎ落とされた画像からでも充分に感動は得られる。
そんな思いを強くした作品でした。
一度、前編をジックリ観たいものです。

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

NHKが変わった!

いやなに、変わったのはNHKの体質ではありません。
ニュース原稿が変わりました。
この数日でしょうか、事件に対する記事原稿に
変化を感じています。

例えば、傷害事件が起きたとして・・・・・
その経過を伝えるニュース原稿では、
これまでは
容疑者は数日前に凶器となった包丁を
近くのスーパーで買ったことがわかりました
といった原稿でした。

それが
容疑者は数日前に凶器となった包丁を
近くのスーパーで買ったことが、
警察などへの取材でわかりました
と変わっています。

これまで疑問だったのは、
ただわかりましたと言った場合、
NHKが独自の捜査や取調べで判明した事実を
述べている、ような感触があったのです。

それが警察などへの取材でわかりました
と言うと、情報の出所がはっきりしますし、
その情報の責任の所在も明確になります。

良いことですね。




| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

クリスマスの約束♪

クリスマスの夜
この番組が始まったのは何何年前のことか?

おだ むど・・・むど・・・nnnnnn
おだ ゆう・・・ゆう・・・nnnnnn

おだ かずまさ・・・mmmmm
小田和正がクリスマスの夜に送るコンサート

どんな番組も 始まりは質素だったかもしれない
が 年々華やかさが増したコンサート
と いうより番組か

まぁ 相変わらす若いねぇ
小田サン♪

一夜遅れで VTRを観る

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

花 空 風 そして庭

花はよい

そよぐ風
頼りなげに 身を震わせる小さな花々
何するものぞと どっしり構える大きな花々

空はどこまでも澄みわたり
花と 風を受けとめている庭

ドラマ 風のガーデン がよい
オープニングタイトルを見ていると
そのタイトルバックに使われている映像に魅せられる

番組が始まる前 駅貼りのポスターで見た
緒方拳さんの柔和な笑顔が印象的だった
このドラマ 観てみようかな
そんな思いに駆られたのも束の間・・・

緒方拳
その読み方はオガタ コブシだったとか
ゲンコツではないコブシ
きっと そうした人柄だったのでしょう

主題歌 ノクターン が印象的

死者は還らず また逝きもせず 思う人の心に宿る

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

ありゃあ!?

今夜のNHKで歌番組を放映していました。
そこで映し出された東京タワー
・・・・・赤い!?
仕事帰りに見た東京タワーは蒼かったじょ!!

なんでも糖尿病への理解を促すキャンペーンで
各地の名勝を蒼くライトアップする一夜とか。
夜9時のNHKニュースでも、鎌倉の大仏が紹介されていたべさ。

それが赤いとは、どういうワケ??
もう蒼のライトアップは終わったのかなぁ・・・・・

あまり詮索しては可哀相だねぇ・・・・・

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

篤姫は作法知らず?

NHK大河ドラマ篤姫での話しである。

知る限り、篤姫はこれまで二度菓子を食べる場面があり
その際、いわゆる手盆で食べるという所作をみせている。
将軍家定への輿入れを控えた身として、あるいは御台所
としての振る舞いとしてあるまじきことだ。

食べ物を口に運ぶとき、食べ物を持った手に、もう一方の
手を添える手盆。
作法上は法度とされる所作をとらせる演出は、演出家の
無知のゆえか?
別の場面、別の演者では懐紙を使っており、あながち
作法を知らないとも思えないのだが。

テレビの食べ物番組を見ていて、それなりに作法に通じている
と思われる仁が、この手盆を平気でみせている。
世間的には市民権を得た作法であるが、何度見ても違和感を
感じずにはいられない。

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

いくらナンでも

喜代美ちゃん いゃさ 若狭ちゃん

NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」
主人公が、おじいちゃんの形見として聴いている
カセットテープですがな。
あれ、すでに何十年も聴いているのと違います?
どう見ても、おじいちゃんが聴いていたテープと同じものでしょう。
もういい加減テープが伸びていませんか?

びろ~~んと伸びたカセットテープと、パンツのゴムは
使い物になりまへんでぇ!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧