2017年2月19日 (日)

春、彼方に霞むツリー。

我が家から近い日本庭園で梅まつりが開催中なので
梅の花を目当てに出かけました。
この庭園は丘陵というには大袈裟ですが
それなりの高度の斜面に造られた庭園です。
発祥は江戸時代ですから歴史はすこぶる古い。

梅の花を撮影しながら斜面を登って
庭園内では最も高い地点からは都心方面を臨めます。
大気が澄んでいる時期ですが、景色は少し霞んでいます。
横着せず、撮影時に絞り値を大きくすべきでした。
補正で何とか認識できる景色です。

15c235x216y84img_1745
焦点距離 135mm
私のカメラはフルサイズではなく、APS-Cカメラですので
35mm判換算では、約215mm程度の焦点距離になるようです。

15c232x197y84img_1743
装着したレンズの最長焦点距離 300mm
35mm判換算では、約480mm程度の焦点距離です。

15c230x213y84img_1752
視界を転じて、画面中央に写っているのは東京タワーです。
直ぐ左手の高いビルが六本木ヒルズ。
右手は晴海方面のようです。

15c230x197y84img_1747
再び東京スカイツリーを中央に見ています。
左手の白い煙突の、また左は台場方面です。
門構えのような姿のテレコムセンターが確認できます。

一方、右手は新宿副都心方面。
ツインタワーともいうべき東京都庁庁舎が望めます。
1ケ月前でしたら、もう少し鮮明に写ったことでしょうね。

次ぎは、本題の梅まつりの話題の話題です。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

アルバムを更新しました

画面右のアルバムで
まちかど写真館「光と翳」
夜を撮るに「コスモクロック21」
以上2点を追加しました。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます

2017年(平成29年) 元旦
心を新たに浮世床を店開きいたしました。
旧年中、御訪問いただいた諸氏には感謝の気持ちでいっぱいです。
今年も店主の稚拙な言い分と、上達しない写真に
飽きもせず御付き合いねとう存じます。

世間に眼を向ければ、
変わることのない人間の営みが繰り返されています。
喜怒哀楽と申しますが、事件・事故あるいは争いごと。
勿論、嬉しいことや誇らしいこともあります。
わたし達の日常が隣りの人と繋がり
隣りの国の人々と繋がり
そうした繋がりが、この天体を覆っているようです。

今年は少しでも、小さくても素晴らしい事象を見つけられる
そんな一年にしたいものです。
齢を重ねると若かった頃の感性が失われていくようです。
一つでも多く零れた感性を拾っていく日々を送りたい。

さて、正月三が日くらいは明るく笑って過ごしたいものです。
最近は見られなくなりましたが
正月のテレビ番組といえば寄席中継が定番でした。
伝統芸が醸し出す笑いに、ひととき浮世を忘れましょう。

3c244x225y138t84img_9781
スミマセン、画像は昨年10月に撮影しました。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

幼き薔薇たち

早春、ソメイヨシノの膨らみかけた蕾を見ると
いずれ、桜樹が花に被われる光景を想像して
華やかな気持ちに成るものです。
薔薇は、春と秋に豊潤な香りを振りまきながら
優雅で気高い花を咲かせ、見る者の目を愉しませてくれます。
同じ花の蕾でありながら、或いは他の花の蕾と比べても
薔薇の蕾の存在感には叶わないと思います。
その理由は、蕾の大きさなるが故ではなく
薔薇の蕾が醸し出す雰囲気であろうと思います。

3c164x145y84img_9961
この緊張感に満ちた佇まいは
まるで女王陛下の登場を待つ親衛隊。

3c224x216y146t84img_9962
そして、蕾が開くと初々しくも気高い花へと変貌する。

いずれ豊潤な香を振りまき、優雅な姿を披露する薔薇たちの
幼きプロフィール。
4c98x70y136t84img_9927

5c181x132y135t84img_9926

2c162x207y163t84img_9901

5c181x165y132t84img_9893

3c156x167y145t84img_9904

| | コメント (2)

2016年11月24日 (木)

いま暫くの猶予を賜りたく

スマートフォンから投稿しています。
画像編集以外に、パソコンの問題が発生し
パソコンからの文字入力すら出来なくなっています。
何とか復旧すべく格闘中です。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

夏の一コマ

私事の諸々が片付かず
勢い込んで撮影に赴いた花の写真を放置したままで
時間を浪費する生活を送っております。

この夏、六本木の東京ミッドタウン。
美術館で展示作品を観てまわるのは結構疲れるものです。
また展示作品を護るため、冷房が強めだったりして
身体の疲れや冷えを癒すため、庭を歩いてみました。
ガーデンと呼ばれているの開放的な一角です。
時に旧盆の頃、日本民族が大移動している最中の一日。
陽射しは強く、冷房に冷え切った身体なぞ瞬時に沸騰します。

そんな中、子供たちは陽射しなぞ何するものぞ!
とばかり元気に走り廻っていました。
また、ある若者たちは日光浴に興じ、
木陰で軽く飲食する外国人のグループが居りました。

しかし、子どもに付き合う親たちは
できうる限り木陰に非難して。子どもたちを遊ばせていました。
八月半ばの強い陽射しと、息をつける木陰のコントラスト。
大した写真ではありませんんが、凌ぎの一枚でご容赦願います。

3c39x45y148t84img_8717

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

この夏の、やり残し。

7月と8月の内に片付けるべき課題がありました。
個人的な課題がひとつ、
もう一方は他人との関わりでの課題。
どちらも帰宅してから対処しなければならない。
私の場合、家事はあるは、酒を呑まねばならぬは。
加えてリオ五輪が私の貴重な時間を奪ってしまった。
結局のところ、私の怠け癖の為せる業であるのですが・・・
そんな個人事情を明かし、ブログ更新が滞った言い訳にする。

他人との関わりの課題は、画像掲示板の閉鎖に端を発します。
今どきインターネットで画像掲示板を利用した遣り取りなぞ
過去の遺物のような存在なのでしょうね。
そもそもパソコンを介してコミュニケーションをとることすら
激減しているのではないですか?
仕事の上ではまだしも、個人レベルではモバイルが主流。

写真もスマートフォンで見せ合うので十分といったところか?
しかし、写真を見るなら大きな画面が好ましい。
そんな気分で、かれこれ15~6年越しの付き合いです。
これまでも二度、利用していた掲示板が閉鎖され
その度に新しい居場所を探してきました。
この時世、セキュリティは最重要課題ですので
セキュリティを確保できる画像掲示板を探すも
運用を停止したり、停止が決っているものにばかり当ります。
取りあえず「仮処分」という形で緊急避難場所を確保しました。
残る個人的な課題はボチボチ手をつけますかね。

そんな訳で、先月上旬に勇躍撮影に出掛けた花の写真が
中途半端な状態で日の目をみていません。
全国的に分布している花ではなく、
高地植物なので尚更に人目に付く機会が少ない花です。
いっそ秋の花と紹介しても通りそうな(ヲイッ!)

大手のプロバイダーがホームページ作成サービスを停止したり
画像掲示板のサービスを閉鎖したりとする中
当ブログも突如消滅する憂き目に遇いかねます。
その折りには、当ブログの名前で検索していただければ
どこかで店開きしているかもしれません。
それより老店主が無事で生き延びられるかが心配です。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

関東は、このまま梅雨明けか?

九州を中心に西日本では大雨の被害が続いていますが
何とも御見舞いの申し上げようがありません。
大地震からの復旧が進まない中での自然災害には
予想以上の被害が出たのではないでしょうか?

それに比べると関東では、申し訳ないほど晴天が続き
梅雨の最中といえども降水量が極めて少ない。
2c89x110y208x199y146t84img_7890

そればかりか、今年は冬季からも降水量が少なく
貯水池の水位がかなり下がっているようです。
当然に予想されるのは真夏の水不足。
一部では取水制限が実施されているとか・・・
3c172x143y152t84img_7904

あと数日の梅雨期に雨が降ったところで高は知れています。
こうした傾向は毎年見られて来ました。
各地で大雨の被害が出る度に、
「あの雨の半分がこちらで降れば」と、むしろ恨めしく思います。
4c62x42y147t84img_7956

かといって、日本列島を移動させることも叶わず
ただ晴れ渡る空を見上げるしかありません。
7c161x135y151t160t84img_7911

本日の話題と、添付した写真に関連はありません。
こじつけると恨めしいほど強い陽射しでしょうか?
今年は紫陽花を教材に、かなりの枚数を撮影しました。
そんな撮り過ぎた写真の虫干しがホンネだな・・・

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

○○の考え休むに似たり?

写真を撮るとき
シャッターを押すキッカケや、構図を吟味したつもりですが
後で撮れた写真を見てガッカリすることが頻繁に起きます。
一方、何気なく撮った写真の中に思わぬ一枚があったりします。

シャッタースピードを変え、水の動きを撮影しました。
テスト撮影なので、人物が入っても問題はありませんが
手前に入るのは避けたい。
3c24x31y150t84img_8019

そこに親子連れがやって来ました。
お父さんから「手を洗って清めるのだよ」と教わった女の子。
丁寧に洗っていると、お父さんがさっさと行ってしまいました。
「待って」と言いながらも慌てた様子を見せません。
3c15x25y150t84img_8017

結局、顔も清めてご丁寧なことです。
4c17x35y150t84img_8018

構図の中に人物が入り込んだにもかかわらず
気安くシャッターを押していたことで
微笑ましい写真が撮れました。

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

欧風庭園にて、睡蓮の池。

5月も中旬に至り、春薔薇の旬を逸したかと思いながら
初めて訪れた花園。
園内ではバーベキューの道具と食材が用意されており
希望者は花も団子も愉しむことができます。
花々が一斉に咲き誇るこの時期
家族や仲間とワイワイ過ごすのも一興です。

さて、大人500円を払い入園して迎えられるのが
ボチボチ睡蓮が咲きはじめた池です。
7c216x171y84img_6347

7c163x125y84img_6568

5c61x36y151t84img_6564

7c203x158y147t84img_6569

7c118x59y135t84img_6570
水辺に咲くのはアヤメでしょうかね。

84img_6574
帰り際には陽が西に傾いて
墨絵のような一枚が撮れました。
園内で咲き誇る花々は、追々ご紹介して参ります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧