2018年9月23日 (日)

ヒガン

彼岸である。
今年、残すところ三月余り。
この時期、既に数多の有名人が鬼籍に入られた。
文化・学術の人、芸能人、スポーツの世界にあった人。
どなたも有為の方々で惜しまれながらの旅立ち。

災害が多かった今年、市井の方々も大勢が命を落とされた。
突然、肉親や親しい人を失う。
なかなか現実を受け入れるのが困難のようだ。

3c91x39y84img_1875

私事では1月に義母が帰らぬ人に。
癌の告知を受けて2年、
来る東京五輪を観たいと願っていたが望み叶わず。
医師の診立てを律儀に受け入れた。


今日、予てからの悲願を達成。
言うには小せぇ悲願で恥ずかしいが・・・
東京都内に唯一残る路面電車
都電荒川線(東京さくらトラム)に乗る。
その都電で行きたかった先が三ノ輪の浄閑寺。
この寺は江戸を描いた小説に度々登場する。

5c189x180y123t72img_2075
新吉原で亡くなった遊女が葬られる投げ込み寺である。

5c190x167y84img_2086
新吉原総霊塔の右側には格子が嵌まった開口部があり
そこから積み重ねられた骨壷が見える。
貧しさゆえ苦界に身を沈めながら、死して引き取り手が無く
名も無く埋葬された女たちの情念が滲み出ているようだ。

5c192x178y84img_2089
ここを訪れ掌を合わせる人々の祈りによって
少しは無縁仏の霊が慰められるだろうか?

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

雨の日は、しょうがない。

梅雨空に台風の影響で雨。
屋内活動に予定変更して世界報道写真展2018を観る。

5c223x213y150t74img_2010_2

2c80x204y150t74img_2003_2
傘を片手に撮影できるようコンパクトカメラを持参。
私には珍しくハイキー気味の写真にしてみた。

3c204x189y74img_2002_2
屋外では雨の影響でフラット気味になっているようです。

3c223x209y150t74img_1998_2

3c210x195y150t74img_1995_3

東京都写真美術館から恵比寿駅までの帰路
雨に濡れずに行ける通路で、俄か撮り鉄。
5c67x99y74img_2039_2

コンパクトカメラだからというのではなく
写真の出来具合は二の次にしてみた。

| | コメント (2)

2018年5月21日 (月)

モディリアーニの乙女  ~JRA優駿牝馬~

日本中央競馬会のGⅠ、3歳牝馬が頂点を目指す
第79回優駿牝馬(オークス)は
20日、東京競馬場の芝2,400mのコースで行われ
アーモンドアイが、桜花賞に続く勝利で牝馬2冠を達成した。

最寄り駅を降りると牝馬のGⅠらしく、来週同競馬場で行われる
第85回日本ダービーとは違う華やいだ雰囲気に包まれていた。
5c192x251y68img_9295

5c193x208y141t84img_9305
パラソルを差し掛けたレディを見かけるが勿論仕込み。

パドックに人影が少ないのは、出走の1時間以上も前ゆえ。
3c27x48y84img_9312

しかし、スタンドは超満員。
入場者数の発表は無かったが10万人越えは確実。
3c25x36y84img_9316

出走馬を先導する馬の鞍上にもレディの姿がありました。
5c17x38y84img_9358

強さが目立つゴール。
5c75x98y150t84img_9403_2

5c89x103y150t84img_9422
クリフトフ・ルメール騎手は、20日が39歳の誕生日。
昨年に続きオークス連覇を果たし
アーモンドアイで秋の秋華賞勝利にも自信をのぞかせ
牝馬3冠に手ごたえ十分のコメントを残した。

3c223x206y150t84img_9457
JRAのイメージキャラクターである土屋太鳳から祝福を受けた。

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

雨の日曜日

大型連休が過ぎ、早くも五月も半ば。
空模様を眺めながら外出すると、最寄り駅に着く前に雨が・・・
気象予報では午後の降水確率が80%でしたから
屋内で撮影と考えていましたが、出鼻を挫かれました。
駅までの途中で撮った春薔薇の写真でお茶を濁します。

2c31x48y84img_9235

3c179x215y84img_9268

3c185x204y152t84img_9276

次の土日は雨の予想が出ています。
春薔薇の撮影は機会を逸するかもしれません。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

我が家にテレビがやって来た!

冬季五輪が日本選手のメダル獲得で盛り上がった頃
我が家のサブ的なテレビが故障しました。
故障といっても、実際には寿命が来たとしか考えられません。
何せ十年以上も使って来たブラウン管テレビですもの!
このテレビを買うとき、既に液晶テレビが主流でしたが
それでもブラウン管テレビを買う本心は、偏屈なるが故。
アレコレ迷った末、我が家に新しい液晶テレビが届いた日
五輪は閉幕しておりました。

居間にはメインの大型テレビがあるので不自由はしませんが
このテレビにはオトーサンのチャンネル権はありません。
ですからサブテレビはオトーサンの威厳を保つ生命線?
ナンともチマチマした威厳であることか!?

昨今は、各家庭に家電品があるのは当たり前。
しかし、1950年代後半に三種の神器と喧伝された
白黒テレビ、(電気)冷蔵庫、(電気)洗濯機は
一般家庭でも買うことが可能な夢の家電でした。
中でも白黒テレビが我が家にやって来た日は
子供たちばかりか、大人たちも胸を躍らせたのではないか?

それまでは電気店の店頭や、
公共の場に設置された街頭テレビに群がるか、
いち早くテレビを購入した家庭の窓外から垣間見たテレビ。
当時のテレビは、その画面を舞台の緞帳を模した幕で被われ
その幕を恭しくも持ち上げる家族の誇らしげな顔つきに
私たちに、心なしか劣等感や敗北感が過るのでした。

そうした体験を持つ世代には、新しい家電の到来となると
未だに心が浮き立つところがあります。
自称・小市民(死語か?)の性ですかねぇ・・・

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

来てます、来てます、春が来ています。

春が来ているといっても、長閑な春ではありません。
スギ花粉が飛散する厄介な春です。
先日の15日には目への影響がありました。
次いで鼻への影響があらわれ、
近年の傾向として喉への影響が出てきました。
喉はいがらっぽくなった後、咳が止まらなくなり
周囲のヒンシュクを買います。
そうなると何をするのも億劫です。

写真を撮りに出かける意欲がわきません。
そこでコンパクトカメラでご近所をブラつきました。
早咲きの梅が満開を迎えています。
9c176x199y74img_1891

9c168x211y74img_1910

河津桜がチラホラと花を咲かせ始めました。
7c214x178y74img_1884

9c176x206y74img_1916

5c185x207y74img_1903
まだまだ寒い日が続きますが、陽射しは春のものです。

| | コメント (2)

2017年11月20日 (月)

どうでも、よいことだが。

法では人名につけうる漢字であれば、
如何なる漢字でも使用が認められている。
併せて、それらの漢字を使えば読み方は自由だ。
よって音から発したような名前が跋扈している。
所謂、キラキラネームである。

個性的というべきか、異端とうべきか?
生まれた瞬間の慶びからつける名前だろうが
この先の長寿社会で、70から8.0代になったジジババが
病院やら介護施設でキラキラネームで呼ばれる現実は如何に?
その頃には、キラキラネームが普通になるやもしれぬが・・・

キラキラネームをつけられた子が悩む現実もあるという。
己が名前と、その容姿との格差に、世間の目が集まるという。
吾が子はペットに非ず。
親の願いと、吾が子の将来を見据えた命名を心がけなければ
吾が子の不幸を招きかねがい。
そんな現状があるという。
新米親よ(まぁ、ほとんどは新米だが)心して命名なされ。

とはいえ、吾が長男は武門(たけと)いい
次男は将大(まさひろ)といいます。
近年、〇〇トと、と云う名前は多いようですが
吾が子の門は、吾が父の嘉門(かもん)から頂いた一文字。
嘗て、武家社会では嫡男には門の一文字を与え
次男には助あるいは、介の文字を与えたようです。
しかし、次男の名前は将大です。

本来なら嫡男につけるべき大の文字を次男につけるのは
災いを招きかねませんが、家人の強い要望で採用した次第。
おそらく、吾が名の末の「ひろ」の韻を踏んだものかと・・・
因みに、我が家の男子二人は健在です。

ひとそれぞれ吾が子への思いはあろうが
その子に生涯ついてまわる名前である。
百年先を見据えた命名が寛容かと存ずるが諸氏の思いは?

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

理不尽

この国土、否、この地球を覆う異常気象は
今や日常茶飯事の事象といえます。
西に豪雨で失われる命あれば
東に水不足を憂う生活があります。
5c130x116y84img_4579

お天道様の気分次第などと、ノンビリ構えてはいられません。
程よく降ってこその慈雨。
5c207x186y84img_4548

天に、神仏に、
天変地異のなきよう頭を垂れるしかない
小さい存在の我が身を憂う。
7c207x177y84img_4743

| | コメント (0)

古刹と紫陽花

四季折々の撮影で、お世話になっている古刹。
「梅雨明けまでは紫陽花」と嘯いてみたものの
昨今の天候をみるに、季節感は限界と思われます。
古刹の裏山に入ると、真夏でも涼しいのですが
紫陽花は今季最後のご機嫌伺いとさせていただきます。

7c169x184y84img_4684
背景は五重塔です。

227x204y145t84img_4699
はなび(墨田の花火)は好きな紫陽花です。

3c194x162y146t84img_4671
木陰に咲く紫陽花にも目を奪われます。

5c10x30y84img_4723

5c162x149y68img_4690
陽射しを浴びる紫陽花
日陰の紫陽花
どちらも訪れる者の目を愉しませてくれます。

9c209x179y133t84img_4736
山内巡りの仏様に寄り添う紫陽花です。
また来年、お目にかかりましょう。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

#7119

緊急電話の110番や119番への不急通話が絶えないという。
警視庁や東京消防庁は、緊急性の低い事案について
警視庁は#9110、東京消防庁は#7119の相談窓口を設置して
緊急事案を優先する対応をしています。
しかし、その実体は緊急性が無いどころか
およそ警察や緊急の出動が必要ない事案への出動要請がある。

今夜、家人が両足にこむら返りを起こしました。
所謂、脚がつったわけです。
家族と共に片脚づつ擦ったのですが、なかなか改善しません。
そこで#7119に電話して、症状への対処法を聞こうとしましたが
救急車を向けるとの回答を得ました。
問題は、脚を擦っている最中、ムカデらしき虫を見かけました。
私は以前、ムカデに噛まれた経験があり
場合によっては生命の危険に晒されるとか・・・

脚のツリより、ムカデの被害が心配ですが
119番するには気がひけるので、%7119に相談したところ
直ぐに救急車を手配してくれました。
自宅の固定電話から通報したのですが、電話番号を聞かずとも
折り返し救急車から状況確認の電話が入り、
迅速な対応で関心しました。
幸い、救急車が到着した時には、症状が治まりつつあり
病院への搬送は必要ないと判断されました。
まさか#7119に電話して、直ぐに救急車を手配されるとは思わず
恐縮すると共に、心強い思いを抱きました。

皆さん、配偶者が浮気したとか、ペットが居なくなったとかで
緊急通報するより先に、警視庁の#91110や消防庁の#7119に
電話してみましょう。
本当に緊急性がある人を救うために。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧