2017年11月20日 (月)

どうでも、よいことだが。

法では人名につけうる漢字であれば、
如何なる漢字でも使用が認められている。
併せて、それらの漢字を使えば読み方は自由だ。
よって音から発したような名前が跋扈している。
所謂、キラキラネームである。

個性的というべきか、異端とうべきか?
生まれた瞬間の慶びからつける名前だろうが
この先の長寿社会で、70から8.0代になったジジババが
病院やら介護施設でキラキラネームで呼ばれる現実は如何に?
その頃には、キラキラネームが普通になるやもしれぬが・・・

キラキラネームをつけられた子が悩む現実もあるという。
己が名前と、その容姿との格差に、世間の目が集まるという。
吾が子はペットに非ず。
親の願いと、吾が子の将来を見据えた命名を心がけなければ
吾が子の不幸を招きかねがい。
そんな現状があるという。
新米親よ(まぁ、ほとんどは新米だが)心して命名なされ。

とはいえ、吾が長男は武門(たけと)いい
次男は将大(まさひろ)といいます。
近年、〇〇トと、と云う名前は多いようですが
吾が子の門は、吾が父の嘉門(かもん)から頂いた一文字。
嘗て、武家社会では嫡男には門の一文字を与え
次男には助あるいは、介の文字を与えたようです。
しかし、次男の名前は将大です。

本来なら嫡男につけるべき大の文字を次男につけるのは
災いを招きかねませんが、家人の強い要望で採用した次第。
おそらく、吾が名の末の「ひろ」の韻を踏んだものかと・・・
因みに、我が家の男子二人は健在です。

ひとそれぞれ吾が子への思いはあろうが
その子に生涯ついてまわる名前である。
百年先を見据えた命名が寛容かと存ずるが諸氏の思いは?

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

理不尽

この国土、否、この地球を覆う異常気象は
今や日常茶飯事の事象といえます。
西に豪雨で失われる命あれば
東に水不足を憂う生活があります。
5c130x116y84img_4579

お天道様の気分次第などと、ノンビリ構えてはいられません。
程よく降ってこその慈雨。
5c207x186y84img_4548

天に、神仏に、
天変地異のなきよう頭を垂れるしかない
小さい存在の我が身を憂う。
7c207x177y84img_4743

| | コメント (0)

古刹と紫陽花

四季折々の撮影で、お世話になっている古刹。
「梅雨明けまでは紫陽花」と嘯いてみたものの
昨今の天候をみるに、季節感は限界と思われます。
古刹の裏山に入ると、真夏でも涼しいのですが
紫陽花は今季最後のご機嫌伺いとさせていただきます。

7c169x184y84img_4684
背景は五重塔です。

227x204y145t84img_4699
はなび(墨田の花火)は好きな紫陽花です。

3c194x162y146t84img_4671
木陰に咲く紫陽花にも目を奪われます。

5c10x30y84img_4723

5c162x149y68img_4690
陽射しを浴びる紫陽花
日陰の紫陽花
どちらも訪れる者の目を愉しませてくれます。

9c209x179y133t84img_4736
山内巡りの仏様に寄り添う紫陽花です。
また来年、お目にかかりましょう。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

#7119

緊急電話の110番や119番への不急通話が絶えないという。
警視庁や東京消防庁は、緊急性の低い事案について
警視庁は#9110、東京消防庁は#7119の相談窓口を設置して
緊急事案を優先する対応をしています。
しかし、その実体は緊急性が無いどころか
およそ警察や緊急の出動が必要ない事案への出動要請がある。

今夜、家人が両足にこむら返りを起こしました。
所謂、脚がつったわけです。
家族と共に片脚づつ擦ったのですが、なかなか改善しません。
そこで#7119に電話して、症状への対処法を聞こうとしましたが
救急車を向けるとの回答を得ました。
問題は、脚を擦っている最中、ムカデらしき虫を見かけました。
私は以前、ムカデに噛まれた経験があり
場合によっては生命の危険に晒されるとか・・・

脚のツリより、ムカデの被害が心配ですが
119番するには気がひけるので、%7119に相談したところ
直ぐに救急車を手配してくれました。
自宅の固定電話から通報したのですが、電話番号を聞かずとも
折り返し救急車から状況確認の電話が入り、
迅速な対応で関心しました。
幸い、救急車が到着した時には、症状が治まりつつあり
病院への搬送は必要ないと判断されました。
まさか#7119に電話して、直ぐに救急車を手配されるとは思わず
恐縮すると共に、心強い思いを抱きました。

皆さん、配偶者が浮気したとか、ペットが居なくなったとかで
緊急通報するより先に、警視庁の#91110や消防庁の#7119に
電話してみましょう。
本当に緊急性がある人を救うために。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

春、彼方に霞むツリー。

我が家から近い日本庭園で梅まつりが開催中なので
梅の花を目当てに出かけました。
この庭園は丘陵というには大袈裟ですが
それなりの高度の斜面に造られた庭園です。
発祥は江戸時代ですから歴史はすこぶる古い。

梅の花を撮影しながら斜面を登って
庭園内では最も高い地点からは都心方面を臨めます。
大気が澄んでいる時期ですが、景色は少し霞んでいます。
横着せず、撮影時に絞り値を大きくすべきでした。
補正で何とか認識できる景色です。

15c235x216y84img_1745
焦点距離 135mm
私のカメラはフルサイズではなく、APS-Cカメラですので
35mm判換算では、約215mm程度の焦点距離になるようです。

15c232x197y84img_1743
装着したレンズの最長焦点距離 300mm
35mm判換算では、約480mm程度の焦点距離です。

15c230x213y84img_1752
視界を転じて、画面中央に写っているのは東京タワーです。
直ぐ左手の高いビルが六本木ヒルズ。
右手は晴海方面のようです。

15c230x197y84img_1747
再び東京スカイツリーを中央に見ています。
左手の白い煙突の、また左は台場方面です。
門構えのような姿のテレコムセンターが確認できます。

一方、右手は新宿副都心方面。
ツインタワーともいうべき東京都庁庁舎が望めます。
1ケ月前でしたら、もう少し鮮明に写ったことでしょうね。

次ぎは、本題の梅まつりの話題の話題です。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

アルバムを更新しました

画面右のアルバムで
まちかど写真館「光と翳」
夜を撮るに「コスモクロック21」
以上2点を追加しました。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます

2017年(平成29年) 元旦
心を新たに浮世床を店開きいたしました。
旧年中、御訪問いただいた諸氏には感謝の気持ちでいっぱいです。
今年も店主の稚拙な言い分と、上達しない写真に
飽きもせず御付き合いねとう存じます。

世間に眼を向ければ、
変わることのない人間の営みが繰り返されています。
喜怒哀楽と申しますが、事件・事故あるいは争いごと。
勿論、嬉しいことや誇らしいこともあります。
わたし達の日常が隣りの人と繋がり
隣りの国の人々と繋がり
そうした繋がりが、この天体を覆っているようです。

今年は少しでも、小さくても素晴らしい事象を見つけられる
そんな一年にしたいものです。
齢を重ねると若かった頃の感性が失われていくようです。
一つでも多く零れた感性を拾っていく日々を送りたい。

さて、正月三が日くらいは明るく笑って過ごしたいものです。
最近は見られなくなりましたが
正月のテレビ番組といえば寄席中継が定番でした。
伝統芸が醸し出す笑いに、ひととき浮世を忘れましょう。

3c244x225y138t84img_9781
スミマセン、画像は昨年10月に撮影しました。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

幼き薔薇たち

早春、ソメイヨシノの膨らみかけた蕾を見ると
いずれ、桜樹が花に被われる光景を想像して
華やかな気持ちに成るものです。
薔薇は、春と秋に豊潤な香りを振りまきながら
優雅で気高い花を咲かせ、見る者の目を愉しませてくれます。
同じ花の蕾でありながら、或いは他の花の蕾と比べても
薔薇の蕾の存在感には叶わないと思います。
その理由は、蕾の大きさなるが故ではなく
薔薇の蕾が醸し出す雰囲気であろうと思います。

3c164x145y84img_9961
この緊張感に満ちた佇まいは
まるで女王陛下の登場を待つ親衛隊。

3c224x216y146t84img_9962
そして、蕾が開くと初々しくも気高い花へと変貌する。

いずれ豊潤な香を振りまき、優雅な姿を披露する薔薇たちの
幼きプロフィール。
4c98x70y136t84img_9927

5c181x132y135t84img_9926

2c162x207y163t84img_9901

5c181x165y132t84img_9893

3c156x167y145t84img_9904

| | コメント (2)

2016年11月24日 (木)

いま暫くの猶予を賜りたく

スマートフォンから投稿しています。
画像編集以外に、パソコンの問題が発生し
パソコンからの文字入力すら出来なくなっています。
何とか復旧すべく格闘中です。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

夏の一コマ

私事の諸々が片付かず
勢い込んで撮影に赴いた花の写真を放置したままで
時間を浪費する生活を送っております。

この夏、六本木の東京ミッドタウン。
美術館で展示作品を観てまわるのは結構疲れるものです。
また展示作品を護るため、冷房が強めだったりして
身体の疲れや冷えを癒すため、庭を歩いてみました。
ガーデンと呼ばれているの開放的な一角です。
時に旧盆の頃、日本民族が大移動している最中の一日。
陽射しは強く、冷房に冷え切った身体なぞ瞬時に沸騰します。

そんな中、子供たちは陽射しなぞ何するものぞ!
とばかり元気に走り廻っていました。
また、ある若者たちは日光浴に興じ、
木陰で軽く飲食する外国人のグループが居りました。

しかし、子どもに付き合う親たちは
できうる限り木陰に非難して。子どもたちを遊ばせていました。
八月半ばの強い陽射しと、息をつける木陰のコントラスト。
大した写真ではありませんんが、凌ぎの一枚でご容赦願います。

3c39x45y148t84img_8717

| | コメント (0)

より以前の記事一覧