2017年1月16日 (月)

高速バスターミナル

JR新宿駅の南口。
甲州街道(国道20号線)を挟んだ場所は
長年に渡り工事が行われ、
一体何の工事か? 何が出来るのか?
工事中の不便さより、そちらへの疑問が大きく膨らんでいました。
私の記憶の中で、ここを工事していない状態を思い出せない。

2016年4月、工事が完成して新しい施設が姿を表しました。
バスタ新宿
2c182x168y84img_9469

隣接するJRミライタワーと共に、JR東日本による
新宿新南口再開発。
すでに運営を開始していた新宿駅新南口と連動して、
高速バスターミナルと商業施設、およびオフィスを含み
その奥(南側)に控えるサザンクロス地区と併せ
新しい新宿の街を形成しています。

3c188x174y145t84img_9816
工事が完成すると、こんなに広い空間があったのかと
驚きを禁じえません。

3c196x184y156t84img_9484
高速バスの発車数は最大で1625便に達し
勿論、我が国最大の高速バスターミナルです。

2c19x33y84img_9478
東北地方から、関西方面、中国地方、更に九州へと
数多のバス会社が、ここを起点として各地に出発します。

バスターミナルの下の階にはタクシー乗り場を設置。
従来、駅南口で客待ちをするタクシーの所為で起きた
交通渋滞を軽減する目的がありましたが
狙い通りの結果には繋がっていないようでもあります。

バスタ新宿が出来る前は、大手バス会社の乗降場所は
JRおよび私鉄の新宿駅周辺に点在していました。
それより小さいバス会社は、駅から更に離れた場所に
乗降場所を設けていました。

そうした中小バス会社はバスタ新宿の利用が叶いません。
バスタ新宿が処理できる発着数に中小バス会社が入れない、
あるいはバスタ新宿の利用料金を中小バス会社が
払いきれないところに原因の一端があるようです。
中小バス会社が大手と対抗するには運賃を安くするのが一手。
諸費用を極力抑えることが求められます。
しかし過度の費用節減は、安全を脅かしかねません。
一年前に起きた軽井沢バス事故は、
そうした無理が祟って起きた人災といえましょう。
単にバス運賃の多寡を選択基準にしてはならないという
教訓にしたいものです。

| | コメント (2)

2017年1月15日 (日)

帆船日本丸・ 総帆展帆 ~第三章~

第一章では、全ての帆を拡げた様子を
第二章では、ロープを手繰って帆を帆桁に巻き上げる様子を
紹介して参りました。
今回は、ボランティアの皆さんが帆柱に上っていきます。

11c164x205y68077
皆さん揃いの作業服を着込んでいます。
帽子は中にヘルメットに代わる素材が装着されています。
足元は本来素足で作業するようですが、底が薄い靴を着用。
危険を伴う作業に備え、胴ベルト型の安全帯も着用しています。

11c108x131y135t68079
概ね20代から30代の男性が目立ちますが
女性の姿も見られます。
女性だからといって低い場所で作業しません。
どんどん高い所に上っていきます。

5c49x74y145t68080

7c66x82y140t84082
現在は日本丸メモリアルパークに保存されていますが
大海原を航海している時は、凪の状態だけではありません。
大きくうねる波に翻弄されたり、強風に煽られる状態でも
こうした作業は決行されます。
そうした恐怖感を克服して、一人前の海の男に育つのですね。

3c50x73y166t84085

5c30x53y120t84086
こんな高所に上ったら、わたしゃ足がすくんで動けません。
いや! とてもここまでは上れませんて!!

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

帆船日本丸・ 総帆展帆 ~第二章~

第一章では日本丸が全ての帆をひろげた姿を紹介しました。
今回からは帆をたたむ作業を紹介して参ります。
日本丸では年間約12回実施されているうち、
この日(2016年11月20日)は昨年最後の総帆展帆の実施日。
午前中にひろげられた帆を、午後たたむ作業を見学しました。

それぞれの作業に携わったのは86名。
日本丸を整備・補修したり、総帆展帆に参加したり、
帆船として現役の状態で保持するために
日本丸のOBや、ボランティアの人々が力をあわせます。
現在登録されているボランティアはおよそ二千名余り。
その半数が地元の人たちで構成され、
あとの半数は全国から参集して来るそうです。
  最も遠い参加者は富山県からと聞いて、なぜ?
  富山県には帆船日本丸(太平洋の白鳥)と姉妹船の
  帆船海王丸(太平洋の貴婦人)が保存されているゆえ。

さて、帆船の帆布は厚手で丈夫な生地です。
その帆布をひろげたり、たたんだりには86名が
力をあわせても約一時間を要します。

いよいよ帆をたたむ作業のはじまりです。
5c166x180y147t84049
この様子を見て、吾ながら迂闊さに呆れました。
作業はいきなり帆桁に登って引き上げていくものと
何の疑問を抱くことなく思い込んでいた私。
厚くて頑丈な帆を初めから素手で引き上げるなど
無理な事くらい想像が付きそうなものを(恥)。

5c159x192y143t84051

先ず、甲板上で力をあわせロープを引きます。
そうすると帆が帆桁にたくし上げられます。
5c62x73y136t84072

帆船に多くのロープの存在する理由を理解しました(遅)。
5c129x137y144t84053

5c144x194y84057

5c162x212y150t84059

5c125x158y84064
全ての帆が引き上げられてから
作業員が帆桁に登って、帆を帆桁に縛り付けていきます。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

帆船日本丸・ 総帆展帆 ~第一章~

初代の帆船日本丸は、いま、横浜みなとみらい地区の
日本丸メモリアルパークに係留され、優雅な余生を送っている。
とはいえ、まだまだ艶っぽい貴婦人たる帆船の様相は健在で
明日にも太平洋に乗り出すべく、日々の整備が為されてとか。

7c48x83y84015
これはっ!!  のっけから 貴婦人の後ろに迫るとは
誠にもって失礼なアングルでしたね。
しかし、小股が切れ上がった後ろ姿は未だに現役で通じます。

東京・渋谷から東急電鉄の東横線で横浜に向う。
近年、東横線は東京都内は地下鉄と繋がり、
その先は、埼玉県内に延伸しており
反面、横浜市内では横浜高速鉄道と乗り入れ中華街に繋がる。

そんな横浜高速鉄道のみなとみらい駅を港側に出て
暫く歩くと帆船日本丸の係留地に辿り付きます。
これがJR根岸線の桜木町駅から向うと
貴婦人の正面を拝見することになりますが・・・

7c88x112y84020
どうしても仰角ぎみで撮らざるをえないので
近くの展望台に昇って(階段のみで4階までゼエゼエ!)のショット。

9c108x149y84044
漸く船首側からの撮影です。

9c67x97y84038
日頃、全ての帆は畳まれた状態で保存されています。
それでも風雨に晒され、帆に汚れが目立ちます。
この汚れが実際の航海の困難さを彷彿とさせますね。

7c47x65y84028
総帆展帆は年に10回余り、全ての帆を拡げ畳む作業を指します。
この日、午前中に拡げられた帆が、午後には畳まれます。
私が立ち会ったのは、帆を畳む作業です。
次回は、その作業の様子を紹介します。
 ~高所恐怖症の方は、パスなさってください。~

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

その花

花がハス(蓮)に似て
葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているところから
レンゲショウマ(蓮華升麻)と名付けられた、その花は
朝靄漂う傾斜面に健気な姿を見せていました。

3c136x123y138t84img_8856

この花に馴染みが無いのは
高地植物(山地から深山の湿り気のある林下に生えている)だからでしょう。
さらにレッドリストに載る絶滅危惧種に指定されています。
本州の東北地方南部から近畿地方の太平洋沿いという
分布形態も目立たない理由ではないでしょうか?

7c202x178y138t84img_9035

暫くの間、この花とお付き合い願います。

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

横浜MM21に遊ぶ ~ランドマーク~

横浜みなとみらい21地区はもとより
横浜を象徴する建造物が横浜ランドマークタワー
帆船日本丸に向う途中で目に入ってきました。
5c18x36y84img_6581

よこはまコスモワールドの大観覧車コスモクロック21
ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルもまた
この地区を代表する建造物です。
3c21x31y84img_6747

コスモワールドのアトラクションには
入ったり乗ったりした経験はありませんが
横浜MM21に遊ぶというタイトルに偽りありですね)
端から見る限り、適度に怖く、そこそこのスリルを味わえそうです。

7c238x204y84img_6587
スーパープラネットは回転速度と傾きがウリですかね?
(ナニッ! アンタ乗っていないの!?)

3c8x34y167t84img_6589
ギャラクシーは回転の遠心力に上下運動が加わって
どんな感覚なのでしょうね?
(体験談は無いのかいっ!?)

1c6x44y84img_6930
サークルウォークは、平たくいえば横断歩道橋です。
ここは歩きましたよっ!!
(大変な冒険をしたものねぇ・・・)

3c150t84img_6933
残光と、人工の灯りが拮抗する黄昏どき。
ダイビングコースター バニッシュからの嬌声は尽きない。

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

横浜MM21に遊ぶ ~赤レンガ倉庫~

横浜港に接するみなとみらい21地区(MM21)
ハイカラな横浜の伝統を引き継ぎつつ
新しいヨコハマの魅力を体現できる地区といえましょう。
しかし、そのすべてを知るには、半日はおろか一日かけても
味わい尽くせない魅力があると思います。
そこで・・・

休日の午後、日本丸メモリアルパークを訪れ
その足で赤レンガ倉庫に向うことにしました。
辿ったのは、初めて歩く汽車道です。
5c198x160y84img_6763
廃線となった貨物線の軌道を残し
遊歩道として整備された散策路を
濃い新緑に囲まれ、清新な気分で歩きました。

15c185x167y84img_6773
赤レンガ倉庫は、横浜の観光資源でも有数の人気を誇ります。
そのため、いつ訪れても人がいっぱいです。

11c182x149y84img_6806
気長に人の流れが少なくなる一瞬を待ちます。

5c5x20y84img_6799
時間を飛ばしますが、夕刻の人出が減った頃合いです。

5c26x35y84img_6802
はじめは、もう少し暮れた時刻を狙っていましたが
疲れてしまって早仕舞いで撤収です。

5c208x168y84img_6795

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

北之煉瓦舎

3c150x124y126t72img_0563

去る二月に帰省した折、地元紙で紹介されていた古い建築物。
建物の完成は、旧近衛師団司令部庁舎の竣工から9年後の
1919年(大正8年)ですから御歳97歳。
地元では赤レンガの愛称で知られたといいますが
知らなかった。

3c144x118y72img_0568

地元企業の本社屋として2002年まで現役だったそうな。
古い建築物、特に煉瓦造りの建築物好きな私には見逃せない。
帰京する前日、押っ取り刀で現地を訪問しました。

7c144x129y100t64img_0572
建物の脇に回ると・・・

5c144x114y127t64img_0575
おっと! コレは撮影として禁じ手か?
勝手口には様々な事情があります、失礼しました。

5c140x109y64img_0580
登録有形文化財としての指定を受けるべく
今年中に登録手続きを行い
その後は地元の文化活動の拠点として活用したい。
そんな計画があるようです。

3c144x115y108t64img_0565_2
百年の刻を如何に迎えるのだろうか?

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

アイーンではありません

旬を外した話題で恐縮です。
去る5月16日と17日に行われた渋谷・鹿児島おはら祭
なぜ渋谷でおはら祭かといえば
渋谷の人々が鹿児島に移住した縁に由来しているとか。

17日の日曜日は渋谷の道玄坂と文化村通りで
おはら祭踊りパレードが開催された大掛りなものです。
今年で18回を迎えたおはら祭を知りませんでした。

おはら踊りパレードには熟女から子供や男子まで
様々な世代が参加した和やかな雰囲気で包まれました。
が、オヤジはやはり若い女性に目が行きます。

7c189x196y84img_8444

| | コメント (0)

2015年5月 2日 (土)

今宵の八十八夜に、静岡の・・・

食文化は、国際間はもとより国内でも独自に存在します。
醤油は東日本と西日本で異なるものが使われます。
味噌は、さらに細分化されて食べられています。
酒も然り、はたして全国にどれ程の地酒があるものか?

これは食文化といってよいものか・・・
静岡県ではお馴染みの清涼飲料水のようです。

104t64img_6893
中央の静岡サイダーは納得ですが、両脇の2本にはエッ!!
とはいえ、お茶は静岡が特産物だし、山葵は伊豆が本場。

84img_6891
で、飲んでみました。

まず、三者一様に炭酸は強めで私好みでした。
昨今の炭酸飲料は、肝心の炭酸が弱めで納得していません。
静岡サイダーはラベルの絵の如く
霊峰富士を目の当たりにしたような爽快な気分になりました。
久々にサイダーを飲んだ気分です。。

茶コーラでは、かすかに茶の味を感じました。
甘い茶の味は、茶飴を思い起こします。
あくまでもオヤツで、食後の一服には似合いません。
しかし、開発の苦労はしのばれる味です。

曲者はGINGERALE。
飲んでみると確かにジンジャーエールです。
おそらく瓶から直接飲むと分からないでしょう。
グラスにつぐと、飲む前に山葵の香りが鼻をくすぐり
飲んだ後は山葵の香りが鼻から抜けます。

話しは逸れますが、わたし、田丸屋の山葵漬が好きです。
小田原スズヒロの蒲鉾に、田丸屋の山葵漬をそえて
酒を吞んだら・・・それはいけません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧