2016年11月17日 (木)

言い訳、そして・・・

  拙ブログの更新が長く進んでおりません。
  その間、変わらず訪問くださる方が幾人かいらっしゃいます。
  誠にありがたく、心から感謝申し上げます。
  パソコンに画像を取り込んだり、編集ができない状態が続いています。
  そこで画像無しで可能な話題で御機嫌をうかがいます。

今更の話しではありませんが、世間に目を向けると問題山積。
国外では、紛争や内戦と名を偽った戦争が耐えません。
かの国の大統領選挙は、予想外の結果となり
今後の国際社会や、我が国への影響が危惧されています。
しかし、本日取り上げたいのは、自分にも関わりのある問題です。

高齢者が運転する交通事故が目立ちます。
事故による犠牲者が出ています。
こうした交通事故は都会で起きてでいます。
地方なれば公共交通から見放され
やもなく運転する高齢者が居ることは理解できます。
それが電車でもバスでも、利用可能な都会(首都圏)で起きた。

警察などでは、高齢者に免許返納を呼びかけているものの
実効は心もとないようです。
我が身に置き換えれば、老いを受け入れる事実に突き当たる。
運転免許の返納で、アイデンティティーを喪失しそうな恐れ。
己の老いを受け入れることへの抵抗感など理解できます。

それらの思惑を外れ、現実の不便さから運転をやめられない。
例えば日用品の買出しをする場合を想定してください。
近所にスーパーマーケットは商店街があればよいが・・・
自宅を離れて買い物に出掛けたとする。
両手に荷物を下げ、公共交通を待つ。
真夏の炎天下、真冬の寒風吹きすさぶ道端。
そうした都会でも起きうる不便さを体験したり想像したりすれば
クルマを手放せないのは、高齢者により多い傾向ではないか?
  (近年、スーパーをはじめ、買い物の宅配サービスはありますが)

私が乗っているクルマは、年が明ければ登録から19年が経ち
この10年余りは洗車すらしてやっていないポンコツ車です。
で、マニュアルミッション。
購入当時ですら「マニュアル車ですか!?」と、ディーラー。
両手でステアリングを握り、両足で交互にペダルを踏み込む。
左手でシフトレバーを操作する。
これこそがクルマを運転する醍醐味だと信じて疑わない。
私は、これら一連の動作が億劫に感じられたとき
運転免許を返納しようと心に誓っております。

高齢者こそオートマチックミッションに馴染んではならない。
少しばかりの不便さを克服してこそ
年齢を超越した運転の愉しみを味わえると
汚れた泥亀との日々を愉しんでいます。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

宜しかったでしょうか?

帰宅後、ドアチャイムが鳴る。
ワタシ「なんでしょう?」
訪問者「○○パックです」
どうやら荷物の宅配らしい。
対応に出ると
訪問者「ヒノモト雅(仮名)様で宜しかったでしょうか?」
受領書に判を押しながら
ワアシ「違げぇよ。見りゃぁわかろう? 俺ぁヒノモト権太(仮名)だ!」
訪問者、ソソクサと帰る。

後で雅(仮名)以外の家族に話す。
家族「配達員の言いたいコトはわかるけど・・・」
すかさずワタシ「突っ込みたくなる気持ちもわかろう?」

美しいとか、正しいとか定義するのは諦めよう
ただ、日常遣われる日本語は
今や絶滅危惧種の仲間入りをしたと確信した。
ワタシの対応は、コレで宜しかったでしょうか!?

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

家事と喧嘩はウチの華ってか? トホホ。

誠にもって数少ない当ブログ愛好者の皆様は
既にご承知の通り、我が家(ウチ)には晩飯憲法があります。
条文は1条のみ!
先に帰宅した者が晩飯をつくるべし!!
草案者は吾が家人でありますが、本人の行状正しからず?
過日も先に帰宅した家人に賄いをする雰囲気なし。
寸余の差とはいえ、遅く帰宅した私には賄いの責なし。

この場合、食材を揃えた私がつくるのが円満解決ですが
つくってなるものか!! の思いもあり。
さてさて、いかな解決を迎えるものですかねぇ・・・
家政の舵をめぐる喧嘩は尽きませぬ。

表題にある家事と喧嘩・・・
もちろん火事と喧嘩は江戸の華からのパクリです。

さて、吾が古里の画像。
11c89x98y160t74img_0541
雪に埋もれそうになったを、かき出されたようなコレは何!?
読めばお解り、消火栓です。
物心ついた頃から見慣れている私には変哲もないモノですが
今回の帰省で同行した次男には衝撃的な骨董品!
つい記念撮影を忘れるほどに見入っていました。

この消火栓は文化財や遺産かといえば否。
正真正銘の現役です。
証拠に一区画離れた場所のあった消火栓はかくの如し。
7c180x114y144t74img_0545
本体の塗装も新しく、現役で更新されているのが解ります。
ちょっと米国のアクション映画にも登場しそうな意匠で
なかなかの存在感を示しています。

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

うん! 納得です。

新聞の折込広告を精査する。
ハイッ! 私、主夫ですから1円でも安い商品情報に敏感です。
ある全国展開の大手スーパーマーケットのチラシを見る。
この店舗に行く予定はないので、いい加減に目を走らせるが
目玉セールの部分に注目します。

女性下着のセール広告に、モデルさんの写真がありました。
下着モデルさんですから、当然スリムな体型です。
そのモデルさんの写真の片隅に一行の文章。
写真はイメージです
よくある断わり文章ですが、コレは必要ですか? と思うが
やはり、この一言は欠かせないのでしょうね。
若く、スリム体型のモデルさんの写真は美しいのだが・・・

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

俺ノはなしヲ聴けぇ~っ!!HAAA・・・!!

  はじめに申しあげておきますが
  本日の記事は、横山剣アニィが主宰するクレージンケンバンドとは
  一切の関係はありません。
  ファンの皆様、関係各位は速やかに退場なさるがよろしかろう。

今やコンビニエンスストアは、不夜城の都会でも
過疎に悩む田舎でも必要不可欠な存在です。
何でもある! その、まさに便利さを享受したなら
二度と後戻りはできません。

そのコンビニエンストアでの、私と店員との遣り取り。
私がレジに弁当容器を差し出しながら・・・・
私 「温めてください」
店員「かしこまりましたぁ!(レジを打つ) 〇〇〇円です。
    お弁当は温めますかぁ!?
私 「・・・・・」

スーパーマーケットでも似たようなコトが起きます。
所謂、レジ袋削減! キャンペーンとでも申しますか?
ある系列では、レジ袋を何円かで売ります。
別の系列では、レジ袋を使わない顧客に
何円かを現金還元します。
また、あるチェーンでは現金と換えられるポイントを付加します。

目的は二酸化炭素(CO2)の削減にあります。
ならば、金を出せばレジ袋を出すのはペケですな。
出さずに済ませる策が、よりよい策と思われます。

話題が逸れました。
レジ袋が不要なら、レジ脇に備え付けのカードを添えます。
概ね「レジ袋いりません」の表示があります。
買い物が少量の場合、面倒なので口頭で伝えますが
カードを添えたときの不満をおぼえます。
そこには、こんな実態があります。
私は買い物用のカゴにレジ袋いりませんカードを差し込む。
店員「(レジ脇にカードを置く) ご協力ありがとうございます!
レジを打った店員の最後のひと言。
店員「〇〇〇円です。レジ袋をご用意しますか?
私 「・・・・・」

これらはセールストーク
あるいはチェーン店の販売戦略の一環なのでしょうか?
それにしても、場を弁えない言葉には幻滅します。
俺ノはなしヲ聴けぇ~っ!!
顧客の声に耳を傾けずして、ナニが商いか!?

こんな問題は、コンビニやスーパーのレジに限りません。
自分が言わなければならない、とされている言葉が最優先。
客の語りかけには無頓着。
最初の客の問いかけには「はいっ!」と応えるが
その真意は「チョット待って!」未満の対応でしかない。
散々に自分が言わなければならない語句を並べた結句
漸く客の言葉に耳を傾ける。
店員など「ご用件は?」

サービスのはじまりは、顧客の要望を聴くことだと思うが・・・
俺ノはなしヲ聴けぇ~っ!!

| | コメント (2)

2015年8月16日 (日)

創り噺

バブルの頃。
よく耳にし、目にした言葉に ゴルフウイドゥ があります。
週末になると、男達はゴルフ場に参集し
それが趣味なのか、営業の延長なのか
兎に角、土日のゴルフに耽ったものです。
家庭など一顧だにせず
ひとり残された妻は、まるで未亡人のようだ!
のたとえでした。

それでも女房族は強いですね。
仕事か?遊びか?
一向に家庭を顧みない亭主達に贈った言葉が
亭主元気で留守がいい♪♪
亭主は、どうせ家に居ても粗大ゴミ! ってかぁ!?

そうした事情を我が家に当て嵌めれば
カメラウィドゥ なる言葉が浮かびます。
休みのたびにカメラを抱えて撮影に出掛ける私。
泊りの撮影は出来ないので、近場で一日歩き廻ります。

そんな私を、妻は密かに思っているでしょう。
亭主元気で・・・
妻は、私が撮った写真には一切興味を示しません。
撮った写真をパソコンで整理していても、覗こうともしない。

そんな或る日
写真の整理をしている私の前に、妻が座った。
ねぇ、わたしモデルになってあげよっか?
アンッ!?

妻の意図を瞬時に汲み取りながら、私の口をついたのは
ワシァ、人物写真はやらん!
だって、お寺や神社みたいな年寄り臭い写真ばかりでは
カメラが可哀想よ。
たまには街で見かけた綺麗な人を撮ったら?
ワタシ、その練習台になってあげる。

3c44x52y137tt84img7189

おきゃがれ!!
そんな言葉が口をつきそうになりながら
神社仏閣には、光と翳の具合が良好な場所が沢山あるのだ
と説いてみるが、撮影に興味がない妻には通じません。

5c160x149y139t64img_7205
あっ! コレあなたにそっくり!

7c176x142y141t64img_7216
この可愛いのはワタシだわ!
・・・っ!!

ねぇ!いい記念になると思わないっ!?
そんなに撮りたきゃ自撮り棒を買ってやろうか?

暫し沈黙した後、隣室に移った妻は何か考えているようだ。
今の妻が抱える問題からすれば、分からぬではないが・・・
と思った矢先、隣室から声がかかった。
ねぇ、今夜ハンバーグを食べたい。
あなたが作ったハンバーグ。

チッ! この期に及んで食い意地かよっ!!

その妻は明日入院し
三日後、身体にメスが入ることになっている。

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

ツクリバナシ

逃げた女房にゃ・・・
ハイッ! 未練はございませんが
家事の担い手を失った痛手は、存外に大きいものがあります。
まっ! そんな世迷言を言っているから逃げられるのです。

このブログを訪れたことがある御仁は承知の通り
私は、ほぼ毎日、家族が夜に食べる賄い飯を作っています。
故に、即、喰うにも困る 状態ではありません。
しかし、ほかの細々とした家事は任せて参りました。

特に洗濯にかかる時間は、忙しい日々を圧迫します。
全自動洗濯機ですから、汚れ物と洗剤を放り込んで
あとはスイッチを押すだけ。
ですが洗い終わったら干さなければならない。
乾いたら畳まなくてはならない。
この作業がそこそこ厄介なのです。

大家族ではなし、冬のように厚着する季節でもない。
独身時代のように、まとめて洗濯してもよいのですが
逃げた女房は、モノグサな割りに洗濯は毎日しており
その影響で洗濯物を溜めるのは心苦しいのです。

まして連日の猛暑日で洗濯物の乾きがすこぶる良好です。
出勤前、これまでより早起きして洗濯をする。
帰宅後は乾いている衣類を取り込み。
愉しみの晩酌をソコソコに乾いた衣類を畳む。
これが本当の取り込み中というものです。

あとがき
Sさん、また差し障りのある記事を書いたかもしれません。
花の精に「ほらっ!」などと言われないことを願っています。
なにせツクリバナシですから・・・

| | コメント (2)

2014年12月28日 (日)

猫を飼いたい

世の犬好きには申し訳ないが、ワタクシ猫好きです。
最近、切に襲われるのが猫を飼いたい衝動群であります。

例年、クリスマスを過ぎると一気に寒さが増すように感じます。
衣服が一層厚着になり、防寒対策が欠かせません。

寝るときも然り。
電気毛布なる便利な寝具がありますが、
古い人間にはイマイチ手を出すのを躊躇させられます。
温度設定や、暖められる部分の設定など
快適な使用感を味わえるのでしょうが・・・

就寝時、足元に入れる行火 (アンカ) なる暖房器具など
今は無くなっているのでしょうね。
その前の世代となると 湯たんぽ があります。
一晩中足元を暖めてくれ、朝には中のお湯で顔を洗う。
誠にエコな暖房用具でした。

と、ここまで申せばお分かりでしょう。
なぜ猫を飼いたいか・・・
4~5匹も居れば、寝具に入れて共に寝る。
起きているときも、膝の上や足元で丸くなり
ゴロ寝でもすれば上に載って一緒に寝る。
柔らかさ、暖かさ、適度な重みは絶妙な暖房具です。

身体が冷え切って眠れない夜
馬鹿な妄想に耽りながら、いつしか眠りに落ちます。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

馬鹿ばっかり  ~選挙権~

第47回衆議院選挙は、選挙期間中の予想通りらしい。
そんな選挙結果など見る気もしない。
一体、選挙は何のために行うのか?

確かに、自分の一票が政治を変える実感はない。
投票所に向う意欲が湧かないのも理解できる。
その打開策はあるだろうか?

他人の不幸は鯛の味がする
この心理を利用すれば確実に投票率は上がる。
私が常に提唱する落としたい候補者、潰したい政党への投票権。

候補者や政党を非とする票が、是とする票より多いと即落選。
是とする票が、非とする票を越え、一定比率を超えないと落選。
  (政党への非投票は、比例代表区に適用)

加えて、当選者の責任も厳格にする。
当選者は任期満了か解散まで、立候補した政党を離れられない。
離党は即刻、議員辞職とする。

そんな選挙に関わる法律を誰が制定するか?
議員が自分の歳費を上げる法律には積極的に賛成しようが
己の立場を危なくする法律なぞ、問答無用で切り捨てるだろう。

一票の格差が司法で判断されても無視し続ける政治。
在任中の不祥事で辞職した国務大臣がトップ当選。
形骸化した選挙に求める望みは見当たらない。
それでも一票を投じ続けねば、本当に何も変らない。

投票権を得る年齢を下げる。
ネットでの投票を認める。
これらも当分の間、為政者が拒否する問題だろう。

変えない事で、国民の変る望みを絶つ。
私たちは、為政者の策にのってはいけない。

| | コメント (0)

2014年11月15日 (土)

新聞記事から、馬鹿ばっかり二題。

その壱
民主党と、みんなの党が合併を模索中とか。
新しい党の名前には民主を残す方向で協議しているようです。
しかし、こうした命名は案外、後にシコリを残すことがあります。
そこで提案。
新しい党の名前はみんな民主党ではいかがでしょうか?
合併の経緯が分かり、合併後も結束できる思うのですが・・・

その弐
帝人が、スマホを使える作業用手袋を開発したそうな。
ならばモバイル・キャリアの会社にオ・ネ・ガ・イ!!
作業用手袋で操作しても誤作動しないスマホを作ってください。
だって、ただせさえオヤジの指は太いのだもの・・・

| | コメント (0)