2017年11月23日 (木)

モンゴル禍とばかりは言えぬ?

大相撲九州場所で、横綱白鵬が11連勝成らず。
エッ! そんなに!?
大相撲では一年納めの九州場所が開催されているのは
承知のことですが、早くも11日目とは正直驚いた。

今や、角界の一大勢力を成すモンゴル出身力士勢。
その力士同士の暴力沙汰が、本場所の話題を払拭している。
彼らの祖国であるモンゴルでは、相撲の優勝の行方より
暴力沙汰に関心が集まっていると報道されているとか・・・

その九州場所11日目、白鵬が破れたあと、土俵の内外で
勝負判定に難色を示したようです。
本人は立会いで「待った」をしたつもりらしいが
立行司の判定は立会い成立として相撲は続行された。
結果、力をぬいた感じ(対戦相手の感想)で土俵を割った白鵬。
昨今、評判が芳しくない白鵬だからではなかろうが
土俵上での横綱らしからぬ不行跡に角界が頭を傾げています。

さて、その暴力沙汰の真相や如何に??
そもそも角界自体、一族眷属や郎党が雲集した集まり
と、外界から見える団体ではあるまいか?
その組織内で、不透明な出来事が起きたのは一再ではない。
近年でこそ、外部から人を招いて組織の透明性を図っているが
どれ程の効果を発揮しているのか?
その角界にあって、屋上屋ともいえるモンゴル出身勢の中で
起きた暴力沙汰である。
真相は、闇のまた闇の中にあるともいえます。

事態をシンプルに考えるならば、
「加害者」と「被害者」が事態について真摯に述べるのが肝心。
が、そこに割って入ったのが「被害者の親方」である。
かの世界では「親方は絶対」であるらしいが、解せない。
そもそも「被害者」の居所が知れぬ!?
黙して語らぬ「被害者」と、強面の「被害者の親方」。
なんとも歪な様相を呈しています。

マスコミ報道によれば、「被害者の親方」は
角界の刷新を掲げ、理事長選挙に敗れたことで
現理事会へは、腹に一物も二物も抱えているといいます。
ゲスな勘ぐりはしたくないが
江戸の敵を長崎で討つ とばかりに
相撲協会理事長への意趣返しだとすれば
「行方不明」の弟子哀し。

| | コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

中途半端な記事のお詫び

去る4日の記事について
睡魔に負け、中途半端な記事で閉じてしまったので
何が「絵に描いたような」なのか、サッパリわからない。

秋が押し詰まってくるに従って、
蝶や蜂が少なくなった花の蜜を求めて飛び回ります。
撮影に行ったコスモス畑でも、蝶や蜂がアチコチで見られました。
全身に花粉をまぶし、盛んに蜜を吸う蜂の姿は
まさに受粉の様子を絵に描いたような光景で
それを言い表したかったのですが
言葉が足りず訳の分からない結末になってしまいました。

3c124x104y149t84img_9437
あまり近づき過ぎると危険か? と思われる距離でも
蜜を吸うことに夢中な大きな蜂にも無視されて撮影できました。

飛来する蝶の種類も様々。
こんな日常的な? 蝶もやって来ました。
7c94x103y136t84img_9397

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

五輪に想った馬鹿ばっかり! ~仮に前編~

ハイッ!この記事の責任者は私です。
よもや有るまいが、炎上するなら燃え上がれ~っ!

敗れ去りし勇者にも誉あれ!
五輪は何回観ても心を揺さぶられる試合や、
勝敗が決した後の選手たちの振る舞いに胸を熱くします。
吉田沙保里さんが4連覇を逸し、マットに突っ伏した姿は
痛々しくも映りました。
どれ程の重圧が彼女の双肩に圧し掛かっていたのか?
勝って当たり前の流れの中で、よもやの敗退。
インタビューで謝罪する吉田沙保里に
過去にメダルを待望され、敗れ去りし選手たちの姿を重ねた。
あなた達は何の為に五輪の舞台で闘ったか?
わたし達は、あなた達に何を求め過ぎたか?

阿修羅の如く、菩薩の如く。
格闘技を競う女子選手が、戦いの場で見せる表情は厳しい。
烈女の凄まじい表情を見ると、嫁の貰い手が無くなる、と
要らぬお節介をしてしまいますが、
勝利の瞬間には菩薩もかくや!と想わせる和らいだ表情に戻る。
その瞬間の彼女たちの表情の美しさを見るのが五輪の醍醐味。
その貴重な体験を、今後の人生に活かして活躍してください。

絶対王者とはナンゾや!?
男子競泳のフェルプス選手。
男子陸上短距離のボルト選手。
女子レスリングの吉田選手も然り。
付け足しで、男子柔道のニゲール、もといリネール選手。
 しつこいねぇ・・・
絶対王者は今回も勝った。
悔し涙にくれた絶対王者が居た。
勝負を逃げ回って勝者になった絶対王者も居る。
絶対王者に課せられた宿命は、勝ち続けることではない。
その王者に追いつき、追い越し。
更なる高みへの目標となる崇高な存在こそが絶対王者たりえる。
あなた達は、いつまでも夜空に輝き続けるキラ星のような存在だ。

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

しつこいなぁ!! といわれても。

今の世の中、イチイチ他人の言葉遣いにメクジラたてるなぞ
愚の骨頂と知りながら、
兎角、安易に流れ易い言葉の慣れに
敢えて棹を差さずに居られない。
ほっとけ老い耄れと思いつつ、やはり堪らずトンッ!と差す。

2020年の東京五輪と、しょうがい者スポーツ大会を招くため
吾が方が選んだ言葉がお・も・て・な・しであった。
おもてなしは言葉のみに非ず、心の底から溢れ出る歓迎の意。

そのおもてなしのつもりか、昨今の店舗内はやたらに喧しい。
イラッシャイマセェ~~~ッ!! (語尾が次第に上がる)
新聞の投稿にあった。
入店した客にケツ(下線部、筆者歪曲)を向けての声掛けは無礼だと!
品出しをしている店員の掛け声が、店内を木霊している。
それより、レジの長い列を解消すべく、品出しを休止せい!?

コンビニエンスストアに、昼の弁当を買いに行く。
すぐ食べるので、レジに弁当を差し出しながら
ワタシ「暖めてください」と願う。
店員  「かしこまりましたぁ!!」
とレジを打つ。
店員  「・・・円になります! お弁当を温めますか!?

昨今の世情の流れとして
大きくは、CO2の削減を目指し
小さくは、経費削減を目指し
店舗でのレジ袋削減の動きが目立つ。
レジ袋を辞退すれば
幾ばくかの見返りを得られる店舗が増えている。

気の利いた店舗では
レジ袋要りませんのカードを買い物カゴに入れさせる。
さもなくばレジ袋をお出ししますか?と口頭で問う。
レジ袋不要のカードを買い物カゴに入れ、レジに立つワタシ。
店員「レジ袋に、ご協力ありがとうございます」
と言いながら、カードを片付けレジを打つ。
店員「・・・円になります。 レジ袋をお付けしますか?

顧客対応指針が普及しているがため
画一的な顧客対応が目立っている。
自分が言うべきセリフを語るのに汲々とし
客の言葉や動作に目もくれない。
兎に角、自分が言わねばならぬセリフを言い放つ。
どうやら、今どきの優れた店員とは、そうした存在のようだ。

サービスとは、金太郎飴のごとく
どこを切り取っても同質の対応を得られるところにある。
ある店舗で、店員Aさんに要望を伝える。
それが叶うには数日を要する旨、説明を受け帰宅する。
数日後、店員Bさんに来訪理由を伝える。
「〇〇様ですね。ご用件は承っております」の言葉と供に
願った要件が満たされる。
これがサービスというものだ! と、老体は考える。
勿論、こんな対応を受けた記憶は無し。

客との間で交わされる言葉遣いに
やたらだのを用いれば、相手を敬ったかの如く錯覚する。
その結果備えられた顧客対応指針と
それを鵜呑みにし、空疎な言葉を発し続ける店員の存在に
憎悪にも似た不快感を抱く。

始発駅から列車が発車しようとしている。
駅員が叫ぶ。
お体と、お荷物を強くお引きください!!
アンタ、一体、誰を何を敬って言葉を発しているか!?
これなぞ、お体と荷物を強く引いてくださいで済むことだ。

どうかお願いだ!!
惰性で仕事をしないでおくれ。
惰性で言葉を発しないでおくれ。

   店主の都合で、暫くの間、店を留守にいたします。
   当分、更新が滞りますこと、ご容赦ねがいます。
   亭主元気で留守がいい! てか?

| | コメント (2)

2015年9月12日 (土)

猿さえ嗤う愚行

2020年、東京五輪の大会組織委員会が犯した罪について。

大会組織委員会は
大会組織委員会とは無関係な第三者の写真を無断使用した!!
無断使用したのは3枚で、大会組織委員会は
そのうちの1枚は個人のブログからコピペしたと認めた。

大会組織委員会は本人に指摘され、謝罪したうえで
使用料を払ったというが、お粗末な事態であることに違いない。
残る2点も先方と連絡を試みているのだと・・・
大会組織委員会は、事務的ミスだと言い訳しているが
コレが大会組織委員会の本質ではないのか!?

同じなぞるなら、己が国の偉業をなぞれ!!
浅知恵はいらぬ。
浅い知恵さえないのなら、先人の偉業をなぞれ。
1964年の五輪東京大会は
当時の世界から賞賛を浴びる五輪であった。
日本人が、世界に伍していくため、
多くの都民が、不承不承で協力した上に成った
東京五輪である。
都民を説得し、新しい東京をつくった人々。
その苦労と誠意の数々は表舞台に結実した。

いま、事務所の机の上でパソコンを繰って
業務を完遂したつもりでいるアナタ!
くれぐれも世界から嗤いモノにならぬよう
全身全霊を捧げて励め!!
あなたは日本国民の、知的で倫理的な代表でもある。
と、世界は見ているのだよ・・・

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

お祭騒ぎの恥ずかしさ

五輪はお祭ではない。
確かに競技者にとっては人生最大の檜舞台ではある。
しかし、彼ら競技者を支え、大会を運営する組織にとって
堅実で確実な準備は、何よりも優先される大命題である。
にも関わらず、五輪主会場のデザインと工事費でミソをつけ。
懲りずに、大会エンブレムのデザインでも失点を重ねた。
こうした汚辱を雪ぐ責任の所在は、果たして何処にありや!?

新しい国立競技場を建てる理念には
いわゆる箱モノ行政の末路を見る思いがします。
五輪後は、ラクビーの世界大会を開催できる規模だとか
サッカーの世界大会を開催する収容人員を確保するとか
まことしやかな発想理由を挙げていましたが
肝心な工事の難易度や工費についてはドンブリ勘定でした。
五輪をはじめ、競技の商業面優先主義に犯された結果だ。

違うとは言わせない!

そもそも、競技場に求められる機能は
競技者が最善を尽くして競技できること。
観衆が安全快適に個々の競技を詳しく観戦できることに尽きる。
それ故の可動式屋根だぁ!?
笑わせてはいけない。
屋外競技で雨風にさらされるのは覚悟の前だ!!
それより長時間座っていても尻が痛くならない座席だとか
脚を寛がせるに足りる、足元の空間確保だとか
女性が困らないだけのトイレを確保するとか
勿論、身体に障碍をもつ弱者への配慮だとか
地道に対応しなければならない対策は限りがない。
そうした費用が膨らまざるを得ないのなら
国民の支持を得ることだろう。

競技場で競技者を応援する観衆は
一様に、競技者と一体となって彼らを応援するだろう。
雨風にさらされるのがイヤなら、テレビ観戦すれば済む。
競技場に求められる資質とは何か!?
それを忘れたハコ造りには、失敗の結末しか用意されない。

エンブレムに関わる騒動も、国辱ものである。
あの「デザイン」創作なのか? 盗作なのか?
はたまた触発された結果なのか?
当の発案者が本心を語らない以上、真相究明は為らない。

市井の「デザイナー」が提出した案を、そのまま採用する。
審査には高名なデザイナーが参加していたとか?
採用された「デザイン」を外部からの指摘で右往左往する。
この一連の流れにも、国立競技場と同じ問題を見い出す。

レオナルド・ダ・ビンチが如く、第一級の天才なら知らず。
コンピューターでコピーと貼り付けを繰り返せば
イッチョ前の「作品」が出来上がる昨今。
コトの本質を見い出せない愚人が寄り集まったところで
愚なる結果しか得られないのは明白であります。

そもそも、元になったとされる原作にしたところで
ナニを目指したのかワカラン一物である。

東京のTをモチーフにすれば成り立つとする姑息さ。
その姑息さにのる審査側。

古い話しは禁物かと思いますが
先の東京五輪でのポスターは出色の出来映えでした。
暗黒の空間を背景に、号砲で一斉にスタートした
短距離走者の力強い瞬間を捉えた写真!!
まさに気合の芸術が存在した。
そう! 芸術はやはり爆発!!しなければならない。

コピペの結果がもたらすゲージュツなぞ
およそ屁の突っ張りにもならぬ。

| | コメント (2)

2015年5月22日 (金)

ナンだかなぁ・・・

頭の上にドローンが墜ちてアタフタしている内閣総理大臣閣下。
国民の上にオスプレイが墜ちるのは頓着しませんか!?
ナンだかなぁ・・・

今年もまた、オフィス街ではクールビズが始まった。
街には、職場だか休日の自宅だか判別不能な男たちが溢れる。
問題は
トイレに行くと便座が温い、洗浄水が温い。
ナンだかなぁ・・・

買い物をして、部品を梱包材と一緒に捨てたようだ。
ナンだかなぁ・・・

尻すぼみに情けなくなるナンだかなぁ・・・
ナンだかなぁ・・・!?

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

粛々はケチな業界用語だ!!

米軍は、太平洋戦争から60年、未だ沖縄県を占領している。
1972年(昭和47年)、沖縄は法制上は日本に返還されたが
その実情は返還前と寸分も違えていないのではないか!?

いま、沖縄で問題になっているのが
普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題
米国の顔色を伺う自民党政権はナンとしても実現したい。

対する沖縄県民の思いは、ぜ沖縄だけが!?
ではないだろうか。

そこで内閣官房長官と、沖縄県知事が会談した。
その席で、県知事が官房長官の言葉ジリに噛み付いた。
官房長官の「粛々と工事を進める」との言葉にだという。
県知事は「上から目線」と指摘し、その言葉を聞くたびに
沖縄県民の怒りが増幅する、と。

人は、常日頃使っている言葉に、何の疑問も抱かず
その言葉が抱く懸念などに留意することなく
安易に使うのが日常の言葉事情だと思う。
官房長官も、日頃から永田町で使われる「粛々」を
何の疑問もなく使ったものだろう。

その言葉ジリを攻めた県知事の思いはいかばかりか?
それは単に、言葉ジリの問題ではなかろう。
沖縄県民にとって死活問題の基地移転問題に対して
使い古された業界用語で納得させようとした
政権の無神経さ強健発動の隠れた真実に
噛み付いたものと確信する。

太平洋戦争で米国に敗れたことで
見捨てられたOKINAWA
本土復帰後も本土の犠牲であり続けたOKINAWA
為政者は、心の性根を据え
かの地の人々と対峙せざるを得まい。

| | コメント (0)

2015年2月28日 (土)

あのなぁ・・・

あいも変わらず家族の賄いをする日々。
その、つい先日のこと・・・

メインメニューはポークピカタ。
サラダがトマト、アスパラ、アボガド、レタス、ツナ、パスタ。
スープがコンソメに若布を浸し、白胡麻を振る。

ひとり遅く帰宅した家人。
ポークピカタにナイフを入れてひと言。
ピカタかぁ~っ! やけに薄い玉子焼きだと思った!!

このっ! しばいてクビ絞めてやろうかっ!?
どこの世界に玉子焼きをナイフとフォークで喰う文化があるか?

復讐に燃え、ポークピカタに見える玉子焼きを試作中・・・とか。

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

そうじゃねぇだろう!? このタコッ!!

ちょうど一週間前、この欄で 分かっていますが・・・
の記事を書きました。
記事の中で、大丈夫です の使い方が間違っていないか?
といった新聞投稿があったと伝えました。

はは、やはり。
その投稿に対する意見が、同じ投稿欄に載っていました。
曰く、それは、他人を気遣う言葉遣いである。
挙句、ことばの乱れを憂うなら自分でその流れを断つべく
自身で努力すべし! だと・・・
こうした抗弁を噴飯者ものというのだな。

まず、はじめの投稿者は言葉遣いそのものに疑問を投げた。
そこに気遣いがあるとか、言葉は常に乱れているとか
そうした意見は二の次であったと思う。

後者の投稿は、はじめの投稿者の問題提起に対して
目くらませの論理すり替えをしているに過ぎない。
日本語の乱れに自身で立ち向かえなぞ
どこを探したら出てくる理屈か!?
はじめの投稿の何を読んでいるのか?

およそ新聞の投稿欄なぞ、そんなものなのだろう。
担当者は公正無私を貫いているつもりでも
アホらしい論議を唯々諾々と掲載する公正なぞあるものか!

他人を気遣って言葉を選ぶ。
日本には古くから敬語や謙譲語があります。
近頃は相手を気遣った似非の敬語や謙譲語が氾濫しています。

例えば買い物した品物を持ち帰れないので、後日配送となる。
当然、配送手続きをしますが、そのとき・・・
店の係員から必ず言われるのが
お名前と、ご住所を記入していただいて宜しいでしょうか?
との一言。
私、それまでの係員との遣り取りで機嫌が悪くなっていると
イヤです! と答えることにしています。
それまでの遣り取りで、例えば係員がタメグチをきく。
語尾上げ言葉を連発する。
挙句の果てに、どうしても記入せねばならない個人情報を
宜しいでしょうか? とは・・・

それらの記入は必要不可欠とは端から承知のコチトラでい。
なら気持ちよく ご記入ください となぜ言えぬ!?
個人情報を開示させるに、何の後ろめたさも感じない
似非の気遣いなど無用のものじゃ!!

こんなヤツラをタコ扱いして、当の蛸に申し訳ない。

| | コメント (0)