2020年11月24日 (火)

五輪、紅白、大相撲。

いま五輪を開催する意義は?
国内外の五輪関係者は、今年開催を延期した東京大会を
来年は是が非でも開催したい。
と主張しているが、果たして正論だろうか?

過日、体操界の内村航平選手が
東京五輪開催に積極的な取り組みを願う訴えをした。
永年、五輪出場を夢見て精進してきた競技者にしてみれば
東京開催に関わらず、五輪出場は半人生を掛けた大事であろう。

が、しかし。
視点を地球規模に拡げたとき、ガラパゴス的発想でしかない。
すでに1300万人以上のコロナ感染者が亡くなている現状。
その根底には医療や防疫の態勢が整っていない地域がある。
世界がコロナに勝利した証しとして東京五輪を開催する。
安倍前総理は豪語し、引き継いだ政権も追認している。
もしも日本国内でコロナを制圧できたとして、
地球規模で受け入れられる理屈だろうか?
日本がコロナに勝利した証しとして東京五輪を開催する。
といった主張が地球規模で受け入れられるのだろうか?

国際五輪委員会(IOC)のバッハ会長にして
一年開催が延期された東京大会の開催を推進している。
それはそうだ。
今や五輪は競技者にとって最高の競技会ではなくなった。
スポンサーやテレビ放映権を牛耳る利益尊重主の草刈り場だ。
まかり間違っても、五輪開催断念はありえない。
開催中止となれば、スポンサーから多額の違約金を請求され
放送権料は入らなくなる。
まさに商業主義に侵されたスポーツの祭典の末路である。

大相撲は年6場所必要が妥当か?
今やスポーツは商業主義に絡めとられたのが現状のようだ。
日本の国技を標榜する大相撲もまた例外ではないだろう。
偶々のこと、元首相や新聞の投稿に
年間の大相撲開催場所が多いのではないか?との発言を見た。
私もそう思う。
現状は一年6場所だが、毎月開催されているような印象がある。
相撲ファンなら知らず、世間は年6場所開催を待ち望んでいるか?

今年、怪我で番付を落としながら復活した力士の活躍が目立つ。
その背景には本人の不屈の精神力があるが
その精神力を補佐する医療の発達が見逃せないという。
以前なら治る見込みがない怪我も直せるというのだ。
力士の怪我の原因に稽古不足があるらしい。
一方で、一度怪我をして十分に療養できない現状もあろう。

日本相撲協会にとって力士は金箱だ。
いたずらに営利主義に走ることなく、金箱を大事にすれば
白熱した本場所を観ることができよう。
相撲の素人は、体のアチコチにサポーターを着けた力士より
綺麗な体で激突する力士同士の相撲を観たい。
相撲界に働き方改革を望んでも詮無いことと思うが
本場所や、その間に開催される地方巡業を減らすことが
結果、相撲界の繁栄に繋がらないかと愚考する。
真相を知る由もないが、直ぐ休場する力士にも責はあろうが。

NHKは紅白やめたら?
NHKの看板番組である、大晦日のNHK紅白歌合戦は
視聴率の低迷を止められないようだ。
視聴率を気にせず番組製作できるNHKならでは。
何が何でも続ける意思は強固なようだ。
視聴率の低迷に歯止めをかけるべく
様々なテコ入れをしているが、その効果は認められない。

若い世代に支持されている歌手やグループを出場させるのも
足掻きの一端であろう。
平素、若い世代向けの番組造りを心掛けているようだが
果たして狙いは効果を発しているのだろうか?
テレビ離れが叫ばれて久しいが、今どき若い世代は
どれほどテレビを観るのか?

何より若い世代はNHKに受信料を払っているのか?
受信料収入で運営されるNHKが第一に重視すべきは
永年に渡り受信料を払う視聴者であるべきだ。
そうした視聴者の意思を反映した紅白であるか?

一方で高飛車に受信料の支払いを求めるのであれば
受信料を払った視聴者に限って紅白を配信するべきだ。
ならば、そうした視聴者におもねった番組製作がなされ
視聴率も跳ね上がろう。
今や全世代に向けた番組配信は意味がない。

一年間受信料を払い続けた視聴者に向けた紅白を配信し
視聴率が低ければ、その時こそ紅白をやめる契機となろう。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

意地を通せば窮屈だ、が・・・

智は、働かせるほど持ち合わせず。
情に棹さし流される心外なり。
意地を通して窮屈な思いをしながら一言申すは
単なる老いのボヤキか?
ラ・マンチャの男の心意気か?

畢竟、吾に今の世は住みにくく
今さら巷に流布する言葉遣いに異を唱えたところで
一笑にふされるのがオチと了見するも
牛車に立ち向かう蟷螂の意地なり。

このブログで言葉に関する疑問を呈したのは
これが初めての事ではない。
私自身が知らずに間違った言葉遣いをしているだろうが
その私から見ても、承服しかねる言葉の用法が散見される。

このところ目にしなくなった表現に ハンパナイ があった。
高校サッカーの全国大会で、敗れたチームの選手が
相手チームのエースの能力を語った
彼はハンパナイ選手・・の一言が「出典」らしいが
その後のサッカー界ならず、メディアが挙って乱用した。

随分むかし、高校野球の甲子園で敗戦投手となった
松坂大輔投手の一言 次はリベンジする は、
時を経て「日本語」となり得たようが、
ハンパナイ もそれに倣うか?

近頃WEBで見かける言葉で、私の神経を逆撫でするのは
号泣 過ぎる だ。
非常に誇張され現実離れした「形容詞」だ。

ほぼ芸能ニュースの類で、やたら 号泣した の記述に出くわす。
そも号泣とは、大声をあげ泣き叫ぶ様をいうのいではないか?
時の感情に溺れ、心ならずも涙ぐむ 様は号泣とは云い難い。
そもそも日本人は、人前では悪戯に号泣せぬものだ。

過ぎる を多用する傾向にも苦い思いをしている。
可愛い過ぎる 美し過ぎる 似合い過ぎる・・・
とても可愛い よりも美しい よくお似合い
などの表現ではいかぬのか!?
そうした話題を取り上げたWEBで見る限り
過ぎる は適切な表現とは思えぬ。

凄い美味しい 凄い速い 凄い大きい 凄い怖い
これら表現にも強い違和感がある。
私の経験値では
凄く美味しい 凄く速い 凄く大きい 凄く怖い
と教える。

所詮、世の流れに抗ったところで奔流に飲み込まれるが定め。
それでも声を挙げずに居られず、時世に取り残された老兵哀し。

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

し・ん・ぱ・い DEATH !!

いつの間にやら暦をめくれば十月だ。
丹波篠山が発祥の地といわれる民謡デカンショ節には
デカンショデカンショで半年暮す 後の半年寝て暮らす
とある。
これを今年の世相に当てはめるならば
コロナコロナで半年暮す となるが
決して、この後は寝て暮らす訳には参らぬ。

首都がコロナウイルス感染の第2波に襲われたのち
感染者数は増えたり減ったりを繰り返している。
政府の Go To トラベルキャンペーンから除外された
東京発着の旅行だが、解除されることになった。

しかし、これを以てコロナ感染症が収束した訳ではない。
むしろ気温が下がる秋から来春までの間が正念場である。
その時期を多大な問題なく乗り越えなければ、全て元の木阿弥。
折角緩和された規制が復活し、窮屈な自粛生活に戻る。
一端緩和された規制に従うのは容易ではない。
誤った経験値からコロナウイルスをナメてかかると怖い。
皆さん! 今一度コロナウイルスとの戦いを思い起こさねば
私達は お・し・ま・い  DEATH

| | コメント (2)

2020年9月24日 (木)

今さら、近頃想うこと ~五輪~

今さら持ち出す要もなく
コロナ感染問題は地球規模で、はかり知れない影響を及ぼした。
今年開催予定だったオリンピックとパラリンピックの延期も
それらの混乱の一端だ。
日本政府、東京都そして国際オリンピック委員会は
開催を一年延期した2020東京大会の実施に強い意志を示している。

そもそも。東京大会への誘致運動が起きた時から
何故、いま東京なのか?の疑問は深く、その疑問は解けない。
1964年の第18回東京五輪は、太平洋戦争に敗れ疲弊した日本が
再び世界の檜舞台に躍り出る絶好の機会と捉えられ
国民は挙って開催を支持し、期待したと思う。
しかし、今回の東京開催の大義はどこにあるか?

誘致の柱として復興五輪が挙げられた。
東日本大震災からの復興を謳い上げた大義である。
ところが開催地に東京が宣せられた後
原発事故による放射能汚染を恐れ大会参加に二の足を踏む。
そうした国や地域からの懸念が発せられた。

そしてコロナウイルス。
前首相はコロナウイルスとの戦いに勝利した証しとして
完全な形での東京開催を宣したが・・・
来年夏、どれほどの国や地域がコロナとの戦いの勝利できるか?
東京のみが完全勝利を宣言して開催は叶うのか?
百歩譲って、コロナ収束前の国・地域からの参加者は
日本に入国後2週間ほどの隔離期間を課せられるのか?
隔離施設から出られなければトレーニングはどうするか?
三密を避けた競技や観戦の在り方は机上の検討で足りるか?
最近になって日常的なスポーツ興行の観客棋聖が緩和された。
サッカーや野球が主なもので、無観客開催規制が緩和され
感染対策を徹底した上での観客観戦が認められた。
これらの試行錯誤は五輪開催のモデルケースになりえよう。

一方で来年実現すれば、東京大会が見直す絶好の機会にできる。
今や五輪はスポーツ競技者の崇高な集いではなく
商業主義にまみれ、穢れ、歪な醜態を地球上に晒している。
3時間も4時間もかける開会式前のお祭り騒ぎの意義は?
競技者を無視し、テレビメディアの都合で組まれる競技日程。
そうした大きな流れの最大の犠牲者は競技者にほかならない。

そう! 五輪は、そこに出場すべく鍛錬を怠りなく精進した
選ばれし競技者こそ主役で輝く競技会でなければならない。
2020を目指し、大会参加資格を得た競技者たちは
いま如何なる思いで来年を待つのか?
そこで競技者主体の五輪を実現できるか否かが
今後の五輪を占う試金石となるように思える。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

今さら? 近頃想うこと ~雑記~

この国の内閣総理大臣が替わった。
政治に疎い国民には、突然の辞任会見の感がある。
しかし、思い当たる節もある。
今年の春頃か、コロナウイルスへの対応で多忙を極める日々の中
前総理の顔つきに異変を感じたのは私だけか?
分かりやすい表現をすれば「顔が浮腫んでいる」と・・・
それは政策への批判に耐えかねるというものではなく
どこか身体の異常を推測させるものがあった。

正直なところ、前総理の辞任に胸を撫で下ろすとおころがある。
氏が最も力を入れる政治課題に憲法改定がある。
現状、氏が国家の最高権力者から降りたことで、
その意志を、政治家生命を賭して継ぐ人は居ないと思われる。
人の病状に乗ずるようだが、ひとまず安堵する。

だが、個人としてみるならば
志半ばで職を辞する無念は推して余りある。
己が病む宿痾さえなければ、との思いは深かろう。
氏の辞任に同情もせねば、快哉も叫ばない。
あるのは、やはり安堵ばかり。

任期のある時期から、身体に異変を感じておられたであろう。
互いに思うところを超え、
療養されることを、体調が少しでも好転することを。
お大事になさいませ。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

東京MONOかたり ~昔日の東京駅~

2017年7月16日 に撮影した東京駅。
人々は何の不安も抱かず新幹線で移動していた。

5c11x29y84img_0380

5c28x43y138t84img_0412
まさに西へ東へ。

ふるさとを想い、ふるさとに帰る。
7c83x125y84img_0344

5c74x129y148t84img_0363

3c223x178y10r136t84img_0408

11c48x91y143t84img_0404

いま、東京人はバイキンのごとく忌み嫌われる。
帰るかな、帰るのよそうかな。
悩んだ挙句、この盆休みに帰省を諦めた方がどれほどいらしたか?

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

マスク、それでいいのか?

コロナウイルス感染が再び拡がり、人々に不安が増しています。
東京で一日の感染者が500人を超える可能性を否定できません。
感染症の専門家ではないので
今回の感染拡大の原因を探る立場にはなく、憶測も控えたい。
ただ気になっているのは最近のマスク事情です。
一時期まったく入手困難だった不織布マスクですが
かなり容易に入手できる状況になっています。

不織布マスクが入手困難な頃、自家製マスクが不足を補いました。
その後はポリエステルを主材料とするウレタンマスクが
急速に普及しました。
現在は冷感マスクやクールマスクなどと呼ばれる
いわゆる夏マスクが出回っています。

私が素朴に危惧するのは、これら不織布マスク以外のマスクに
ウイルスを遮断する効果があるのか?の一点です。
事実、ウレタンマスクにはウイルスを遮断する機能は無いと
ただし書きがされており、パーッケージにファッションマスクの
表記がなされているものも見られます。

これから各地で梅雨があけると暑さが本番になり
マスクが熱中症を引き起こすキッカケになりかねません。
そこで夏マスクに期待が高まるでしょうが
あらゆる場所(場面)で夏マスク一辺倒に依存するのは危険。

ウイルス対策に有効とされる不織布マスクにしても
正しい装着をしていない人を多く見かけます。
したがって、感染拡大の根源が夏マスクにあると短絡はしないが
どんなマスクでも装着していれば安心するのは危険極まりない。

緊急事態宣言が解除されて以来、世間のウイルスに対する認識に
緩みが出ているのは明らかです。
コロナウイルスに感染しない、感染させない。
この大命題に立ち返ってウイルス対策を我がことと捉えたい。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

駄句

季語が無いので川柳だな。

オリパラも コロナもすべて 票のため

どこぞの知事の、再選を控えた気持ちを忖度しました。

断腸と 語る本意は ダンチョネー (字余り)
愛娘めぐみさんと再会を果たせなかった父君の無念。

翻るにマスクの人は・・・


開催を 願うチェアマン 鼻マスク
サッカーJリーグ開催に向け神奈川知事と対面してチェアマン。
マスクをしているが鼻が出ている。
私が神奈川県知事なら、その場で退席するな。
組織のトップが、かくも感染症への認識が甘いなら
組織全体の認識も推して知るべし。
競技開催は延期せざるを得まい。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

その儀式に思う  ~RWCから~

日本各地で開催中のラグビーワールドカップ2019。
26日に準決勝のイングランド対ニュージーランドが行われ
イングランドがニュージーランド3連覇の夢を砕いた。
キックオフ前、ニュージーランドが勇猛にハカを演じ、
対するイングランドはV字陣形を組んで対抗。
その光景を目にしたスタジアムやテレビなどで観戦した人々は
一様に驚きを表した。

先の準々決勝、ニュージーランド対アイルランド戦では
アイルランド応援団から、ハカに対抗して歌声が発せられた。
この行為にはラグビー精神に反するという意見があったが
それに続く準決勝でのイングランドのV字陣形である。

そもそも試合前、ニュージーランドだけが独自の演舞を行う。
それがお約束の行事の如く扱われるのは如何なる経緯か?
そのお約束に、ニュージーランド応援団ばかりか、
観戦する人たちにも待ち望む気持ちがあるのは事実であろう。
ニュージーランドが演ずるハカに込められた思いは、
対戦相手への敬意であり、感謝であるという。
見た目の威嚇的な仕種とは違いラグビー精神を表すものだ。
しかし、ラグビーのルールに見られる公正さから考えると
一方のみが演舞する形に、私は居心地の悪さを抱く。
公正さを貫くならば、各チームが試合開始に先立ち
思い思いの自己主張をしてこそ然るべきと考える。

日本代表がハカに対抗する演舞を舞うのはどうか?
例えば、織田信長が桶狭間に今川義元を襲う前夜舞った
敦盛(幸若舞)を、メンバーのひとりが舞う。
戦前の劣勢を翻した織田信長に倣い士気を奮い立たせる。
時に黒田節もよいが、
チーム全員で躍るYOSAKOIソーランではまずかろう。
 ・・・コホン。

準決勝でも先例に倣い、ニュージーランドがハカを舞ったが
イングランド選手の、時に不適な笑みを浮かべた表情に
ハカが虚勢に見えたのは私だけか?
闘う前からニュージーランドはイングランドに飲み込まれていた。
こうした事態が起こりうるならば
ニュージーランドの試合前のお約束に目くじら立てる要は無いか。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

国が変われば、こうも違うか?

最近の新聞を読んで思ったこと。

まず一つ。
ハワイやタヒチなどのリゾート地で
日焼け止めの使用を規制する動きがあるという。
その理由にあげられたのが
日焼け止めの成分に珊瑚に悪影響を及ぼす物質が含まれる故。

 リゾート地の浜辺で日光浴をしている様子は写真等で見る。
 それでいて日焼け止めを使うとは如何なる魂胆なりや??
 は、今回の主題ではない。

それほどまでして珊瑚を護る姿勢に感服する。
どこぞの国の首相は、同盟国の大統領のポチに成り下がり
自国の美しい海に土砂を投入し、貴重な珊瑚を死滅させる。
殺人兵器で国土を覆うことが、真に国を護ることなのか!?

二つ目。
欧州では夜行列車の運行が復活しつつあるという。
航空機を利用しての長距離移動は恥であると。
航空機の運行は多量の温室効果ガスを排出するため
航空機の利用を避け、列車での移動を増やそうという。
この動きの先兵は市民で。地球温暖化への懸念が原動力だ。
航空機の運行には、航空券課税を検討する国もあるようだ。
私も時間に余裕があれば鉄道を利用したいが
さて・・・

三つ目。
今やゴミの問題は猶予できない状況に陥っている。
東京都で出る不燃ゴミは、東京湾の埋め立てで消化してきた。
その埋め立て可能な海域は、現在の処理地以外は無いようだ。
当初50年持つといわれながら、30年で満杯になりそうという。
その後は、どこで処理(埋める)できるのか?
放射能汚染物はおろか、
自分達と関わりないゴミを受け入れる自治体はあるのか?

海洋を汚染するマイクロプラスチックも地球規模の問題だ。
海洋生物の体内からマイクロプラスチックが検出されている。
海洋生物だけでなく、人間の生命を脅かす重大な問題である。

昨今、プラスチック製のストローを廃止したり、
レジ袋を有料化して、その利用を抑える動きがあるが
誠にもって笑止千万な茶番劇というよりない。
プラスチック製のストローを差している容器は何で出来ている?
レジ袋に入れられた商品の包装のプラスチック製品ではないか?
瑣末な次元で目眩ませして。根本的な問題解決は無しか?

購買に際し、自宅から収納容器を持参するのは非現実的である。
しかし、どこかで変えていかなければ我々の孫子に
大きな負担を強いることになる。
今。自分の利便性追及を見直さなければならない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧