« 11月15日 ~恵比寿~ | トップページ | 赤い鳥居と緑の銀杏 ~11月22日~ »

2020年11月27日 (金)

お酉さま

日付が替わって26日は酉の市でした。
例年11月暦の酉の日に開かれる市で、
平素は一の酉から二の酉までだが、今年は三の酉まで。
11月下旬となれば寒さが厳しいのですが
昨夜はさほどの寒さは感じませなんだ。

4c228x204y84img_2803

お酉さま(酉の市)は関東では馴染みの行事なれど
その他の地域では馴染みが無いかもしれません。
大阪では今宮戎の十日戎が、これにあたりますかね?

7c194x175y84img_2797

鷲神社で開運や商売繁盛を願って縁起物(御守)の熊手を
授かるのが本来の形であろう。
神社で授かる御守は小さい熊手に初穂が添えられてもの。
それが大きな熊手に鶴亀やおかめ、打出の小槌に小判など
商売繁盛に繋がる縁起物を飾って売られる。
縁起を担いで、年々大きくして購入するのも愉しみだ。

5c199x56y84img_2785

5c222x171y84img_2790

昨夜寄ったのは帰宅途中の東京・府中市にある大國魂神社。
嘗ては熊手を売る露店が参道に犇めいていたものだが
近年は僅か4~5軒の出店と寂しい状況が続いたいる。
それでも祭りを盛り上げる露店が立ち並んで賑わていた。
しかし、今年はコロナウイルスの所為だろう
露店が1軒も見られなかった。

7c214x161y84img_2793

9c42x56y84img_2782

ここにきてコロナ感染者が増大し
政府や自治体が感染抑制の施策を施すにつけ
街の飲食業者から悲鳴が聞こえるが
彼らより弱い立場の人々の嘆きは届いてこない。
縁起物の熊手でコロナウイルスを掻き込むのは御免だが
弱い立場の人々に僅かながらでも潤いがもたらされたら
と、あの淋しい参道を歩いて思った。

|

« 11月15日 ~恵比寿~ | トップページ | 赤い鳥居と緑の銀杏 ~11月22日~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月15日 ~恵比寿~ | トップページ | 赤い鳥居と緑の銀杏 ~11月22日~ »