« 初秋の三色 | トップページ | し・ん・ぱ・い DEATH !! »

2020年9月27日 (日)

懐かしの店先

私が所帯を持ったン十年前。
ン十年前と過ぎし年月を濁したところで
所帯を持つという言葉は既に死語であろう。
故に、時代掛かった、いかに古き話しかがうかがえよう。
気取らずに平たくいえば結婚したわけであります。
その時、世話になったのが今日一枚目の写真。
別段、その店を目指して歩いていたわけではござらぬ。
偶然に迷い出た、というのが相応しい表現だ。

5c224x211y72_mg_8573
この店、そのころにして古い商いを行っていると推察した。
祭りや祝い事に欠かせぬ飾りもの。
例えば紅白幕から、旗や幟に花飾りだの提灯などを商い
冠婚葬祭の飾り付けに必要な品々が揃う専門店であった。

その店に結婚を控えて訪れた理由は?
その頃、隆盛を極めた情報誌に紹介され、
扱う商品に招き猫がある記事を見たからに他ならない。
そこで商っていたのが写真の招き猫。

5c155x178y84_mg_8574

当時の私は立派なオトナであったが、
相手は短期大学を3年修了して就職したばかりのヒヨッコ。
短大を3年!? そりゃ留年したか? と、私も思った。
実際は短大の本科を2年、専科を1年修了したに過ぎない。
披露パーティーに招く新婦側の参列者は21歳前後で
高校の同級生には4年制大学(ヨンダイ)の在学生もいた。
そこで上の写真の右端の招き猫を記念品として渡した次第。

会費制で行われたパーティーは、若い諸君には重い会費だろうが
招待制にすれば数倍の祝儀を用意するのが習わし。
挙式は、あのサザンオールスターズの母校が営むチャペルで挙げ
披露パーティーは、同じ青山でオーナー・シェフが営む
レストランを貸し切り、飲み放題・食べ放題の大盤振る舞い。
そして件のお土産付き。
とまぁ・・・その店先に立って、瞬時に古い思い出が蘇えった。
永き歳月は、当時の極彩色の熱情をモノクロームに退色させる。

|

« 初秋の三色 | トップページ | し・ん・ぱ・い DEATH !! »

コメント

甘酸っぱい、何事も恐れもしらない

その時の思い出のご披露、

しみじみと読んじゃいました!

投稿: 川崎アップル | 2020年10月14日 (水) 21時39分

川崎アップルさん、おいでませ。
当時が甘酸っぱい日々だったかどうか疑問です。
何事も恐れない、ではなく、
世間知らずの小娘であったパートナーかな・・・
かといって、そこに付け込んだ訳ではござらぬ。
恐らく、あまたのご同輩がおられようと推察仕る。
年月を重ねデンと構えた古女房のケツを眺め
酸っぱい思いを抱きはじめたは、いつのことか?
トホホ・・・

投稿: kattu(店主) | 2020年10月14日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の三色 | トップページ | し・ん・ぱ・い DEATH !! »