« ズボラの証し | トップページ | 健康人はマスクを着用するな! »

2020年2月27日 (木)

マニュアルミッション車との惜別

家人と連れ添った年月には及ばないが
今や家人より離れがたい愛車とは23年の付き合いになる。
この愛車を生涯の盟友として、私がいけなくなるか
愛車の寿命が尽きるか。
いずれかの最期をもって別れる覚悟をしてきた。
幸か不幸か、この度、愛車との惜別の時が訪れてしまった。

何年経っても運転技術は稚拙であるが
マニュアルミッションを繰る愉しさを味あわせてくれた愛車。
シフトアップやシフトダウンが
何の抵抗もなく決まった瞬間には密やかに快哉する。
それが生活形態の変化に伴い、年々載る機会が少なくなり
昨年漸く走行距離が4万㎞を超えた。
エンジンに限れば新車の域を脱し、これからがオイシイ領域か?
しかし、23年の日々は確実に車体の劣化を招いていた。
大きな故障はないが、細々と手を掛け問題を解決してきた。

それが今回、ドアミラーの不具合で暗礁に乗り上げてしまった。
自動でミラーを開いたり畳んだりする度に異音が発生する。
これを放置すれば、いずれは開閉が出来なくなるとの診断だ。
ミラーごと交換しなければならないので探して貰うが
メーカーでは欠品、中古品も見つからない。
仕方なくミラーを開いたまま載っているが、
公共の駐車場に駐車する際は結構ストレスが溜まる。

ドアミラーひとつの不具合で車自体を載りかえるなど理不尽だ。
しかし、ここら辺りが潮時かとも思う。
国産車ではマニュアルミッション車は極めて少ない。
マニュアルミッションには魅力を感じるが、
現在市場に出回る車は魅力に欠ける。
断腸の思いでオートマチックミッション車への載りかえを決断。

その決断を後押ししたのが安全運転サポート機能である。
その思いについては後日。

|

« ズボラの証し | トップページ | 健康人はマスクを着用するな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ズボラの証し | トップページ | 健康人はマスクを着用するな! »