« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

マニュアルミッション車との惜別

家人と連れ添った年月には及ばないが
今や家人より離れがたい愛車とは23年の付き合いになる。
この愛車を生涯の盟友として、私がいけなくなるか
愛車の寿命が尽きるか。
いずれかの最期をもって別れる覚悟をしてきた。
幸か不幸か、この度、愛車との惜別の時が訪れてしまった。

何年経っても運転技術は稚拙であるが
マニュアルミッションを繰る愉しさを味あわせてくれた愛車。
シフトアップやシフトダウンが
何の抵抗もなく決まった瞬間には密やかに快哉する。
それが生活形態の変化に伴い、年々載る機会が少なくなり
昨年漸く走行距離が4万㎞を超えた。
エンジンに限れば新車の域を脱し、これからがオイシイ領域か?
しかし、23年の日々は確実に車体の劣化を招いていた。
大きな故障はないが、細々と手を掛け問題を解決してきた。

それが今回、ドアミラーの不具合で暗礁に乗り上げてしまった。
自動でミラーを開いたり畳んだりする度に異音が発生する。
これを放置すれば、いずれは開閉が出来なくなるとの診断だ。
ミラーごと交換しなければならないので探して貰うが
メーカーでは欠品、中古品も見つからない。
仕方なくミラーを開いたまま載っているが、
公共の駐車場に駐車する際は結構ストレスが溜まる。

ドアミラーひとつの不具合で車自体を載りかえるなど理不尽だ。
しかし、ここら辺りが潮時かとも思う。
国産車ではマニュアルミッション車は極めて少ない。
マニュアルミッションには魅力を感じるが、
現在市場に出回る車は魅力に欠ける。
断腸の思いでオートマチックミッション車への載りかえを決断。

その決断を後押ししたのが安全運転サポート機能である。
その思いについては後日。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ズボラの証し

長い間の開店休業状態が続き恐縮至極にて陳謝。
随分前から首が回らなくて・・・
借金取りから逃れていた訳ではなく、物理的な問題です。
午後になると首から上が重く、前を直視できなくなります。
それで気力が萎えている状態です。

さて、前回に続いて私がズボラだという話題。
関東在住の方ならご承知のことですが
JR東日本の原宿駅(東京・山手線)が改修されるといいます。
今年開催される東京オリンピックとパラリンピック後のこと。
いつもだと、そうした話題を目にしながら、
コトが済んでから対応せずに後悔するのが常であります。
今回は一念発起? 事前に行って参りました。

5c64x84y88_mg_7486
この駅舎、ご覧の通り懐古的な佇まいです。
およそ東京都心の駅とは思えませんで
どこかリゾート地の駅を彷彿とさせます。

5c92x117y88_mg_7487
この左側には新しい駅舎が出来上がっておりますが
今回はスルーしました(ここがズボラか?)

当日の予定は原宿駅から渋谷方面に移行します。
コースは原宿駅から竹下通り経由をとるか
表参道から渋谷に向かうか
代々木方面から渋谷を目指すか
迷った末に代々木から向かうことにしました。

7c46x87y88_mg_7499
原宿駅と隣接する、否、原宿駅が隣接する?
明治神宮
ここは一度訪れたい場所だが未だ果たせず。

5c53x93y88_mg_7501
明治天皇と、その皇后を祀った神宮だが
神道に帰依するが故の訪問願望ではない。
この杜ができて百年。
造営時に百年後の姿を思い描いて
時の造園家などが設計し、
全国から数多の苗木が寄進されたと聞き及んでいる。
そうした前人の英知と善意が、自然林の様相を呈しているとか。
その百年の刻に触れてみたいと思う。
が、ズボラはこの場に立っても中に入らず。

5c82x142y88_mg_7503
代々木公園の入り口。
嘗ては竹の子族が乱舞した辺りで、
この日もダンスパフォーマンスをしていたようだが
歩道橋を渡って国立代々木競技場側に来ていたので
ズボラは望遠レンズでカメラに納めた。

5c80x118y88_mg_7506
前回の東京五輪に際して建設された国立代々木競技場。
斬新なデザインは今日でも古さを感じさせない。

5c56x94y88_mg_7511
敷地に入って競技場のカメラを向けて驚愕した。
この写り込みはゴーストではなく、レンズの傷か汚れか!?
慌ててレンズ表面(正しくはレンズの保護フィルター)を見ると
汚れが傷のようについていた。
毎回カメラを使用後にはレンズとカメラの内部をブロワーで
掃除するが、万全ではなかったようだ。
ズボラは入念に確認しないからなぁ・・・
帰ったらクリーニングしなければならぬ。












































 

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

ズボラ極まれり

日本マイクロソフト社が
Windows7をリリースしたのが2009年だったそうな。
その際、Windows7のサポートは10年で終了と宣言したとか。
当時Windows98を使っていた私には遠い未来の話だった。
2019年のサポート終了を控え再三再四のアナウンスがあったが
それでもウダウダとWindows10への移行を怠っていた私である。

巷に流布される風評では
Windows10への移行は面倒だとか、10は使い辛いとか
芳しくないものがあって、尚更、移行への敷居を高くした。
しかし、刻は万人に等しく配されるもので
私のパソコンのサポートが切れるまで数日となってしまった。

それまで使っていたパソコンの機能に不具合が生じたのを機に
新しいパソコンを購入してWindows10への移行は難なく済んだが
問題は従来のパソコンでの使用環境を受け継ぐ作業だった。
ブラウザとメールソフトの設定をそのまま移行する手間が
難解そうで二の足を踏んだ次第。
結局、両方の新たな設定が済んだのはサポート終了の二週間後。
従来使用していたソフトの稼働は未だ実現せず
片肺飛行の印象は否めない。

それでも、ここへの投稿が可能になっただけ
大きな前進といっては大袈裟か!?
ボチボチ旧来の形に戻るべく精進いたす所存ゆえ
今後とも御贔屓賜りたく伏してお願い申しあげます。

| | コメント (2)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »