« けやき坂イルミネーション | トップページ

2020年1月 5日 (日)

銀杏並木余話

東京・神宮外苑の絵画館前の銀杏並木の話題など
古過ぎる話題でありますが、あえて載せさせていただきます。

この銀杏並木は国道246号線
この界隈では青山通りと称される大通りに入口がある並木道。
5c50x96y88img_6724

そこを訪れたのは11月初旬の日曜日の午前9時前のこと。
先ず目に付いたのは数台の警察車両だった。
いくら銀杏並木を散策する人出が多いよはいえ
余りにも物々しい警備体制を訝しく感じた。
そもそも警察官の姿を見かけない。

5c168x198y88img_6715
この後、銀杏並木沿いの車道が
マラソン大会のコースの一部になるとの先触れがあった。
しかし、ローカルなマラソンの警備とも思われない。

5c95x109y88img_6692
後で思い至った警備体制の意味は
近くにある赤坂御所を警備する目的だったのだろう。
昨年5月、新天皇に即位されるまで
皇太子の東宮御所が、即位に伴い赤坂御所になったのだ。

昨年5月から11月に掛け、新天皇の即位と、その関連行事は
我が国では大きな出来事であった。
平成天皇の譲位による新天皇の誕生が
国民の間に祝賀ムードを盛り上げたのは間違いのないところ。
度重なった自然災害への気遣いはあったものの
新しい時代の到来を祝い歓迎した国民は多かった。

一連の祝賀行事を報じた映像や写真で、
私の印象に残った瞬間は、新皇后が思わず流された涙でした。
皇太子妃として長きに渡り病気療養を続けてこられた雅子さま。
その耳には様々な雑音が届いたことと推測する。
皇太子が雅子さまを巡る環境に苦言を呈されたこともあった。

7c61x73y88img_6781
苦難を抱え込んだ雅子さまを支えたのは
結婚を申し込んだ際の皇太子の言葉
一生あなたを護ります であったろうか?

5c214x185y88img_6766
それでも不安を拭い去ることが出来たか?
自身のことを思えばこそ悩みはつきなかったのではないか?

即位から皇后として国民の前に立たれた雅子さまには
皇后に相応しい威厳の中にも、
夫君と共に国民を思う優しさに溢れる笑顔があった。
外国の要人と接する様子に、海外から賞賛が寄せられた。
そうした新皇后を祝福し歓迎する国民に接し溢れた涙。

5c97x114y88img_6754
依然磐石な体調とは言い切れない健康状態であるようだ。
無理はなさらず
平成天皇と皇后が築いた国民と共にある皇室を
引き継つごうとされる新天皇と歩まれる道に
苦難が待ち受けていないことを祈念します。

  私は皇国を奉ずる者ではない。
  上皇后と同じく、一般社会から皇室に身を投じた
  ひとりの女性を案じるお節介。







|

« けやき坂イルミネーション | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けやき坂イルミネーション | トップページ