« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月25日 (水)

メリークリスマスでした

当面は喪に服している故、祝い事は遠ざけているのだが
シルクロードの東に発した宗教の門徒としては
その西に起源をおく宗教に忖度する要は無かろうと
クリスマス商戦を謳歌する商業施設に出掛けてみた。

東京・六本木の東京ミッドタウンのイルミネーションは
毎年趣向を凝らし、音楽にあわせ光が疾る。
設置された電飾の配列は毎年同じだが(と思う)
それらの電飾の何処をどう輝かせるかの演出は違っている。
しかし、今年はその画像はありません。
横着を決め込んで、館内から遠見に撮影した画像はあるが
出来は宜しくござらぬ。

そこで館内の、これも毎年馴染みのサンタツリーで茶を濁す。
それでも横着さは反省しておる。

5c128x143y88img_6887

5c204x187y88img_6890
円錐形の「ツリー」に多士済々が集う。
 
11c225x186y88img_6878

場違いな登場人物も、お約束のうち。
3c198x176y88img_6886

11c231x203yi88mg_6875
おや?キミは赤いベコ君だね。
ナニ?私とプレゼントを積んだ橇を曳きたいと?
ご好意はありがたいが、そのギッシャギッシャとした
長閑な足取りでは、
今夜中に世界の子供たちにプレゼントを届けるのに
間に合わないだろうから、また、今度の機会に頼むよ。
おお!首を振って納得してくれたようだね。

5c225x196y88img_6879
聖なる夜に、聖なる音楽を奏でて、夜は更けゆく。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

あの銀杏並木  ~絵画館前~

何度となく映像や写真でご覧になったことと思う。
東京・神宮外苑の絵画館前、
ここの銀杏並木は、おそらく日本で一番有名な
銀杏並木でありましょう。
鮮やかな黄色に色付いた銀杏並木が見頃というので
8日の日曜日に訪れてみたが・・・
朝9時には少し間がある時間帯というに結構な人出だった。
本来は閑散とした並木を撮影する予定が出遅れてしまった。

5c229x181y88img_6815
外国からの観光客と思しき集団が散見された。

5c147x175y88img_6805
最初に並木を見て違和感を抱いたのは、枝を剪定したようだ。
見慣れた銀杏のトンネルには程遠い景観になっています。

5c81x100y88img_6782

7c87x100y88img_6786
初冬の太陽が綾なす光と影が印象的。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

補足・古刹の紅葉

果たして補足か、言い訳か。
古刹で撮影できる紅葉は日陰に在ることが多い。
晩秋の陽射しを浴びた輝かしい紅葉か
逆光に透けた紅葉の美しさか
この古刹では、いずれも狙い難い撮影条件ではある。
加えて紅葉狩りの人物が居ない瞬間を狙うとなると・・・

5c84x104y88img_6645

5c136x188y88img_6608

7c73x106y88img_6542
光が綾なす一瞬は逃せない。

六月、紫陽花の季節には
人々の目線の高さに紫陽花の淡い花が魅了する。
7c61x94y88img_6582

9c194x217y88img_6640

7c89x107y88img_6672

13c141x164y16r141t76img_6503
いつの季節も、私にとって定点観測の構図です。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

古刹の紅葉

首都圏では紅葉の盛りになっているようです。
どこぞに撮りに往かねばと焦るも、詰らぬ事情が絡んで
近場でお茶を濁す。
ご近所の古刹は困った時には必ず頼る撮影場所で
紅葉の季節が通り過ぎる前に、一気呵成の投稿です.

5c169x205y76img_6629

7c231x216y88img_6507
この時期、少し遅い七五三祝いで訪れた一家がありました。

7c82x125y88img_6594
私の好みからいえば、逆光ぎみの紅葉を追いたい。

3c87x137y76img_6554
うん!これこれ!!

5c221x204y88img_6533


3c184x204y76img_6604

5c189x209y88img_6624

3c242x226y76img_6576

5c153x173y88img_6612

9c130x165y88img_6563

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »