« チャリが気になる | トップページ | 地にありて一輪 »

2019年11月10日 (日)

斜陽を得て秋薔薇

今年の秋薔薇は受難続きだったと推察される。
これから咲き誇ろうとした矢先に台風19号に襲われ、
その後も大雨の洗礼を受けた。
薔薇の大きな花弁は、雨に打たれると傷む。
加えて、昨今の気象変動の影響で開花時期がズレ込む。
そうした懸念を抱いて訪れた東京・新宿御苑。
案の定、花は疎らで悲惨な薔薇園の様相を呈していた。

春薔薇で撮影したような蕾みを見つけるのが困難だった。
開花した薔薇に傷みが多く、マクロ撮影に向かない有り様。
丁寧に花の一つひとつを見て廻り、別嬪さんを探す。

もうひとつ、朝からの曇天が撮影条件に影を落とす。
曇天による光量不足は写真の出来上がりを平坦にするが、
好天による過大な太陽の光量も写真の深みを損なう原因だ。
そろそろ帰ろうと諦めかけたころ、
傾いた柔かい秋の陽射しが差し込んできた。

5c187x210y84img_6007

4c221x202y84img_6011

7c187x207y84img_6000

5c192x177y84img_5982

4c192x202y84img_6013

|

« チャリが気になる | トップページ | 地にありて一輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャリが気になる | トップページ | 地にありて一輪 »