« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

ワテ、アテに馴染まず

テレビで散見する、旅と訪れた先で地元の食を紹介する番組。
食レポなどと称されているようだ。
(実は、わたくしテレビは殆んど観ませんので、無責任な記述だ。)
類似した紹介は文字媒体でも見られる。
大袈裟な旅先での食べ物ではなく、
日頃の通勤などで通る街の、気になる店を紹介する記事である。

わたくしの目に留まる限り、そうした記事の筆者は女性が多い。
(筆者注:これから先の吾が記事は、誤解や差別などの批判を恐れず書く。)
それは例えば、こんな書き出しではじまる。
人伝に聞いて、かねてより気に掛かっていた店がある。
(筆者注:わたくしは「かねてより」の書き方はせず「かねてから」と書く)
この度、友人を誘って女同士の飲み会を企画した。
(筆者注:わたくしは「飲み会」なる呼称は好まず、例えば「酒席」などと書く)
店に入って、まず目に飛び込んで来たのは
全国から取り寄せられた銘酒の数々。
ご主人に呑みたいお酒と、食べたい料理の好みを伝え
お任せで、どんなお酒と料理の出会えるか期待する。
こんな記事で、時おり見られるのが料理をアテと称すること。
くだんの記事を書いた女性が近畿地方の出身者ならヨシ。
(スイ)を気取った表記なら噴飯ものだ。

酒と一緒に食べるものをツマミといい、サカナというのは
関東の習いだ。
関西ではアテと称する。
サカナは酒菜ともとも表記し、いずれも活のいい食材を
料理人が、ひと手間もふた手間も掛けた食べ物をいう。
ツマミは、まさに手で摘んで気軽に食べられるもの。
例えばスルメ(アタリメ)や、落花生などの
いわゆる乾き物の印象が強い。
因みに、東京・銀座あたりの高級クラブでは
お洒落なグラスに氷を入れ、チョコポッキーを挿した
乾き物が高値で饗されるらしいが、
場末の「〇〇銀座」しか知らぬオヤジには
与り知らぬぬ未知の世界。

話題が本筋から外れておるが、外れついでに一つ。
日本歌謡界に偉大な足跡を残した阿久悠。
氏が遺した世界に舟歌がある。
肴はぬるめの燗、肴は炙ったイカでいい、と綴る。
チョット待っち! 近藤マッチ!!
イカでいい ですとっ!?

この場、酒場は、港近くの一杯呑み屋か?
店の飾りは、縄暖簾と有線放送の演歌だけ。
否ある!
この寂れた港町の一隅に流れ着き
訳あり人生を笑顔に隠し、分け隔てなく客を遇する
亜紀ママ。
(筆者注:今風に、いやさ2020年風に云えば笑顔のお・も・て・な・し)
場末の酒場に不似合いな白磁の一合徳利から
客の手にある大振りの酒杯に酒を注ぐ。
肴は昨日、港に揚がった肉厚のイカを一夜干しにして
炭火で軽く炙った。
これぞ逸品!呑み助には至上の肴だ! 
だから阿久先生
ここは 炙ったイカいい にしてくれまいか!?
泉下の人となって久しい阿久先生に願っても詮無いことだが。

本題に戻らねば!!
日本全国、津々浦々。
その地に根ざした標準語を軽んずる気はない。
(筆者注:人は、それを方言と呼ばわる)
その地なればこその語感あり、情感あり。
関西で、酒の肴えおアテと呼んで些かの不都合もない。
しかし、関東で、半可通がアテを用いるのは
見苦しく、聞き苦しいものだ。
それが女性だとしても容赦はせぬ。
一旦、酒を呑むと決めたなら呑み助に徹すべし!!
酒に合わせる料理はツマミや肴に究まれる

と、寒さが増した昨今の夜。
茶碗酒をほどほどに温め、秦野名産・冷凍ゆで落花生をツマミに
ウダウダ書き連ねたは酔っ払いの戯言と、ご容赦願いたい。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

アメ車

前回の投稿で思わせぶりな終わり方をしました。
そこに写っていた車は、クラシックカーほどではないが
中高年齢層には、記憶の断片に潜む懐かしさを呼び起こし、
米国の、輝かしくも善き時代の生き証人でした。

昨今、化石燃料を燃やして走る自動車は肩身が狭い。
動くたびに二酸化炭素を排出し、地球温暖化に拍車をかける。
ガソリンを撒き散らして走る!と云われた米国製大型車も、
停まっていると懐古趣味を沸々と沸き立たせ
自動車を所有すことに羨望した庶民が居た時代の遺産と化す。

3c174x210y425r154t84img_6235
1960年代のロックンロールが聴こえてきそう。

5c193x168y84img_6212
コラムシフト、ベンチシートが懐かしい。


5c189x208y84img_6216
三角窓は時代の象徴。

7c183x208y84img_6218

5c217x168y84img_6200
こちらは2ドア、ハードトップ。
ハードトップも死語か・・・

5c59x100y84img_6241

サイドウィンドウの開閉は勿論手動だ。


9c206x156y84img_6231
白を配したタイヤがありました。

5c68x86y84img_6230
ハイウェイを爆走して飛び立ちそうだ!

3c96x145y84img_6243
イルミネーションを浴び
いっときストリートにお主役であった。

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

夜景撮影のお稽古

11月に入った途端、都内ではイルミネーションが点灯された。
右へ倣えの点灯は例年より早いように思われる。
商業施設が運営するイルミネーションのこと
一歩でも他を出し抜く狙いで、早期点灯は納得できる。

もう何年にも渡ってイルミネーションを撮影している私だが
一向に上達せず、吾がことながら匙を投げている次第。
暫しイルミネーションの撮影から遠ざかろうと
今年は霜月、師走の街の風景を撮ってお茶を濁す所存。

で、東京駅近辺に夜景撮影の稽古に出かけた。
夜景撮影をするにしては三脚を持参しない体たらくだが
本日は、露出とホワイトバランスを手探りするのが狙い。
手ブレは想定内と割り切る。
加えて、所謂「撮って出し」で補正を掛けない素の写真です。

84img_6139

84img_6142

84img_6150
暗めの画像が好みなので、多めに絞って撮影しています。
少し明るめに補正したいところです。
3枚目はホワイトバランスが適正ではありません。

84img_6152
東京駅前のKITTE低層階。

5c25x72y84img_6167
この一枚だけは明るめに補正しました。

84img_6186
丸の内中通りのイルミネーション。

84img_6187

84img_6244
イルミネーションより興味深い被写体を発見。
つづく・・・

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

角界にも働き方改革を導入すべし。

日本相撲協会が主催する大相撲だが
このところ常時陣がまともに本場所を勤めたことが稀だ。
その原因は怪我による場合が最も多い理由だろう。
一年で奇数月の六場所開催される本場所だが
その間に巡業で全国を回る苦行が嫁されている。
相撲ファンには待ち遠しい隔月開催だが、さて・・・
季節に合わせた春夏秋冬の一年四場所でよいのではないか?

このところ、上位陣に限らず休場力士が目立つ。
あるいは満身にサポーターを施して場所の臨む
力士の姿も恒常化しているように見える。
そもそも体重が120kgを越えない体躯では
決して小柄とはいえない現状が
力士の怪我や、健康に大きな弊害をもたらすのは明白。
格闘技としての相撲に於ける適正な体躯を模索することで
活発な真剣勝負を期待できるのではないか?

以前はあった公傷制度が、今はうやむやになっているらしい。
本場所や稽古場で負った怪我は
一般社会では労働災害と認定されるべき要件だ。
人気力士が大関に昇進した本場所で負傷し
熟慮の結果、次の場所を欠場し
その後、大関に復帰したのは最近起きた出来事だ。

怪我に対しては医療機関の厳正な診断結果による
定められた診療期間は地位と収入を安堵し
治療に専念できる環境を即刻整備すべきだ。
その間は番付から一時的に外し、復帰後に戻す手立てもあろう。

相撲に必要とされる心技体を実現するには
日本相撲協会に蔓延る問題に、大胆なメスを入れる必要がある。
それが協会にとって、向後の有益な施策となろう。
相撲を国技とするならば、相応しい在り方を模索すべきである。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

地にありて一輪

孤高の薔薇とでも申しましょうか。
一輪挿しを想わせる薔薇。

薔薇の花言葉は
色や部位、本数や咲いた状態で異なるようです。
今回は花の色で綾なす花言葉。
オヤジには似合わねぇテーマだわい!!

7c232x216y84img_5972
これはピンクかオレンジか?
オレンジと判じれば、その花言葉は
無邪気、誘惑、絆、信頼。
う~~む。どこかしら女心を想わせる。

4c238x221y84img_5899
赤は御存知! 愛情、美、情熱、熱烈な愛。
愛の王道を往く色です。

5c183x218y84img_5908
ピンクの花言葉は、しとやか、上品、美しい少女、愛の誓い。
吾が心に宿る永遠のマドンナの色。
をい!柄でもないぞ!!

7c185x204y84img_5950
黄色は、愛の告白、嫉妬、愛情の薄らぎ。
これはわかるな。
永遠の愛など幻想?

所詮は、人の気持ちを弄ぶ言葉遊びであろう。
信じる信じないは占いに通じるものがあるか?

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

斜陽を得て秋薔薇

今年の秋薔薇は受難続きだったと推察される。
これから咲き誇ろうとした矢先に台風19号に襲われ、
その後も大雨の洗礼を受けた。
薔薇の大きな花弁は、雨に打たれると傷む。
加えて、昨今の気象変動の影響で開花時期がズレ込む。
そうした懸念を抱いて訪れた東京・新宿御苑。
案の定、花は疎らで悲惨な薔薇園の様相を呈していた。

春薔薇で撮影したような蕾みを見つけるのが困難だった。
開花した薔薇に傷みが多く、マクロ撮影に向かない有り様。
丁寧に花の一つひとつを見て廻り、別嬪さんを探す。

もうひとつ、朝からの曇天が撮影条件に影を落とす。
曇天による光量不足は写真の出来上がりを平坦にするが、
好天による過大な太陽の光量も写真の深みを損なう原因だ。
そろそろ帰ろうと諦めかけたころ、
傾いた柔かい秋の陽射しが差し込んできた。

5c187x210y84img_6007

4c221x202y84img_6011

7c187x207y84img_6000

5c192x177y84img_5982

4c192x202y84img_6013

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

チャリが気になる

街を歩いていて、道端のチャリがなぜか気になる。
スーパーマーケットの前のママチャリではない。
然るべき場所に、然るべきチャリがあると
思わずカメラのシャッターを押してしまう。
その時の被写体とはバイシクル(バイク)のことだ。
かといってバイクに詳しいわけではないし
ことさら興味があるわけでもない。

この日、徘徊したのは
東京・六本木の外苑東通りに接する
東京ミッドタウンの一隅で、刻限(とき)は夕暮れ。
街と刻限に馴染んだバイシクルの佇まい。

11c146x168y149t84img_6097

5c47x65y159t84img_6105

5c172x154y153t84img_6082

2c48x85y84img_6085

5c23x71y146t84img_6108

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

晩秋に咲く桜

日本全国、四季折々。
そのどこかで必ず桜の花を愛でることができるといいます。
これからの季節は、冬桜と呼ばれる小振りな花が愉しめます。

東京・新宿。
そのターミナル駅から徒歩で10分ほどの距離に
広大な敷地と、様々な植物や庭園を擁する新宿御苑。
秋薔薇の撮影で赴いたところ、
薔薇以外にも目につく花々がありました。

10月サクラは小振りで可憐な花を咲かせます。

7c195x217y84img_6068

7c170x186y150t84img_5843

5c178x219y148t84img_5852

サクラ以外のイロモノも添えておきます。

11c129x155y147t84img_5863

9c160x198y143t84img_5867

次回は秋の薔薇を紹介したい。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

長閑な秋景色

大都会で四季を感じるのは、手間取ることがあります。
下町では家の前に鉢植えなどを置いて季節の変わり目を
愉しんでいます。
大きな公園や、古い庭園では季節の花々が彩りを添えます。
四季の移ろいを感じ難くなった大都会でも
春の桜や、秋の紅葉は格別の彩りを魅せてくれます。

秋の薔薇を求めて、東京・新宿御苑を訪れました。
穏やかな陽気に、休日の午後を過ごす人々。

15c137x178y84img_6065

4c222x202y156t84img_6028

9c180x205y84img_5869

5c128x156yi84mg_6064

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »