« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月27日 (日)

その儀式に思う  ~RWCから~

日本各地で開催中のラグビーワールドカップ2019。
26日に準決勝のイングランド対ニュージーランドが行われ
イングランドがニュージーランド3連覇の夢を砕いた。
キックオフ前、ニュージーランドが勇猛にハカを演じ、
対するイングランドはV字陣形を組んで対抗。
その光景を目にしたスタジアムやテレビなどで観戦した人々は
一様に驚きを表した。

先の準々決勝、ニュージーランド対アイルランド戦では
アイルランド応援団から、ハカに対抗して歌声が発せられた。
この行為にはラグビー精神に反するという意見があったが
それに続く準決勝でのイングランドのV字陣形である。

そもそも試合前、ニュージーランドだけが独自の演舞を行う。
それがお約束の行事の如く扱われるのは如何なる経緯か?
そのお約束に、ニュージーランド応援団ばかりか、
観戦する人たちにも待ち望む気持ちがあるのは事実であろう。
ニュージーランドが演ずるハカに込められた思いは、
対戦相手への敬意であり、感謝であるという。
見た目の威嚇的な仕種とは違いラグビー精神を表すものだ。
しかし、ラグビーのルールに見られる公正さから考えると
一方のみが演舞する形に、私は居心地の悪さを抱く。
公正さを貫くならば、各チームが試合開始に先立ち
思い思いの自己主張をしてこそ然るべきと考える。

日本代表がハカに対抗する演舞を舞うのはどうか?
例えば、織田信長が桶狭間に今川義元を襲う前夜舞った
敦盛(幸若舞)を、メンバーのひとりが舞う。
戦前の劣勢を翻した織田信長に倣い士気を奮い立たせる。
時に黒田節もよいが、
チーム全員で躍るYOSAKOIソーランではまずかろう。
 ・・・コホン。

準決勝でも先例に倣い、ニュージーランドがハカを舞ったが
イングランド選手の、時に不適な笑みを浮かべた表情に
ハカが虚勢に見えたのは私だけか?
闘う前からニュージーランドはイングランドに飲み込まれていた。
こうした事態が起こりうるならば
ニュージーランドの試合前のお約束に目くじら立てる要は無いか。

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

日本の空に虹をかけた ONE TEAM

ラグビーワールドカップ 第9回東京大会。
開催国のサクラの勇者たちは、
自分たちが追い求めた夢を、日本中にも共有させてくれた。
これまではマイナーなスポーツであったラグビーだが、
開催国という追い風を得て
一気に日本国中を熱狂のルツボに巻き込んだ。

ワールドカップでのベスト8を勝ち取るまで
過酷なラグビー一筋の毎日をおくり
自分や、家族との時間を犠牲にした数百日があったという。

いっとき、羽根を休め、失われた時間を埋め合わせてください。
その後、より高い目標に向って再始動していただきたい。

闘う勇者と、応援する私たちとで ONE TEAM を築いていこう。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

初秋の花、例えば秋桜など。

今日の花たちは、彼岸花と並んで咲いていたものです。
台風の影響を受け、健全な形で残っていられたか?
とにかく、長閑な初秋のひとときを彩っていた花の姿です。

遅れて来た向日葵。
キミたちの種が伝えてきた光景はこれか?
3c198x209y84img_5717

4c191x179y150t84img_5713
秋には欠かせぬ役者のひとり。

3c103x132y84img_5716

3c200x188y84img_5735

7c193x207y40s84img_5709
この、スックと立つ秋桜をみて
昭和末期の日本歌謡界を席巻した
山口百恵を想うのは歳の所為か?
さもありなん・・・
ナンタラ48だの、カタラ46だのと
団体戦で競うのは、ラグビーWカップだけにしてくれ!

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

自然に翻弄される都会

先月の台風15号に続き、12日から13日にかけ
台風19号が首都圏を直撃しました。
勿論、首都圏に到る過程で各地に被害をもたらし
今般の台風以外にも大雨で大きな被害に見舞われた地方があります。
被災された方々には心から御見舞い申し上げます。
と言ったところで、どこか親身に成っていない言葉を感じます。

それが今回、住まい一帯に避難勧告が出されました。
周辺には3本の一級河川が流れ、その合流点に近いことから
全く予想できない事態ではありませんが、一瞬、信じられなかった。
あくまでも予防的な避難の意味があり、実際の被害は免れました。
それでもニュースで観る避難所に吾が身を置くと
もっと切実な状況で避難せざるを得ない人々に思いを馳せ
深刻に受け止めざるを得ませんでした。

実際、災害に見舞われ避難した場合、家族の安否や
自宅の状況にどれ程心を傷めることでしょうか?

二日続けた嵐など無かったような夕焼け。
やはり人間は小さき存在なのですね。

5c28x40y84img_5829

3c22x45y74img_5832

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

東京MONOかたり ~新宿・思い出横丁~

東京・新宿はJR東日本では山手線ほか複数の路線が行き交い
他に私鉄3路線の始発駅と、地下鉄3路線の通過駅を有する
鉄路の要衝になっている。
その駅に隣接する地区ともなれば真っ先に再開発されるはずが
未だに昭和の薫りを残す一角がある。
居並ぶ店の佇まいは雑駁でありながら、不思議に同化している。

5c44x68y30s84img_5798
空が明るい時分から呑み始めても、怠惰な雰囲気はない。

4c176x198y84img_5805
海外からの観光客が目立ゆ。
この時期ゆえ、ラグビーのワールドカップを目当てに
来日した外国人を多く見かけた。

3c31x51y84img_5799
個人が特定できるような撮影は謹んでいるものの
このカップルには自らポーズをとって撮影をねだられた。

3c71x91y84img_5800
席の空き待ちをする客が珍しくない。

3c177x187y74img_5804

4c181x195y84img_5811

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

炎、立つ。  ~彼岸花~

例年、同じ時期同じ場所に咲く彼岸花を
今年は見落としたかと思っていたが
どうやら各地で開花が遅れていたようだ。
丁度、今頃が見頃お迎えた地方が多いだろう。

この彼岸花に限らず、花とみると〇〇の一つ覚えで
マクロ撮影ばかりする悪いクセ。
燃えあがる炎(ほむら)を想わせる彼岸花。

9c187x205y84img_5589

5c188x175y84img_5568

4c166x151y84img_5630

7c181x175y84img_5634

5c159x174y84img_5660

7c68x46y84img_5655

彼岸花を狙ったのは早朝。
天気予報から雨上がりを期待したものの
曇天と裏切られた。
撮影後半になって陽が射してきて
陽射しを跳ね返すシベを捉えられた。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »