« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月27日 (火)

24時間働きますか!?

1980年代末期、世はバブル経済の真っ盛り。
ナンでも金にする! そんな風潮が世間に蔓延していましたね。
その当時、新発売された栄養ドリンクのウリ文句が
24時間働けますか!?
24時間365日、働けば儲かり、稼ぎになった。
まさしく濡れ手で泡を体験できた方が少なくなかった。
昨今、この国の政府が提唱する「働き方改革」からみれば
いわゆるブラック企業がゴマンと存在していた時代。

その頃が嚆矢だったか?
コンビニエンスストアの24時間営業が一般化した。
朝7時から夜11時までの営業時間を標榜した
カノコンビニエンスストアも
いつの間にか24時間営業が常態化している。
利用者の生活形態が変化し、夜型あるいは
昼夜逆転型の顧客を当て込んだ営業時間の普遍化した。

それが、ここにきて現場(フランチャイズ店)オーナーたちが
声をあげ一石を投じている。
深夜勤務の従業員確保が困難で、オーナーにシワ寄せがくる。
24時間の多くを働き通しでオーナーは疲弊している。
そうした事態を打開するため、営業時間の短縮を提唱する
オーナーが現れだしたのは、ご承知の通り。
その動きが一歩進んで、日曜日の営業停止を本部に訴えた。
フランチャイズ本部は、その申し出を一蹴。
日曜日を休業としたら契約を解除すると通告したという。
 (件の店舗は人員確保ができ、日曜休業は撤回した)

果たして日本全国のコンビニエンスストアが
365日24時間営業して採算がとれるものか!?
東京のビジネス街を土日に訪問するとよい。
業種に関わり無く、ほぼずべての店舗が休んでいる。
そこにある企業が定休日なので、客が来ない。
コンビニエンスストアにも同じことが言えると思うが。

個々のコンビニエンスストアは独自の事情を抱えている筈。
それらの店舗を画一的な営業時間で縛る意味はあるか?
売り上げより、人件費や光熱費が上回る時間帯もあろう。
また、人員を確保し難いゆえ、人員の質を落とされると
利用者が迷惑を被ることになる。
接客マニュアルがあるから楽観視しているやもしれぬが
元から劣っている人員はマニュアルでも救えない。

私がよく行くコンビニエンスストアは、同じ時間帯でも
曜日によって店員の顔ぶれが異なり、
それぞれの店員の顧客対応にバラ付きがある。
24時間営業の便利さ、心強さより
安定し、心地よい顧客対応を願うのは私だけか?

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

祭り囃子を聴きながら ~八王子まつり~

8月2日から4日に開催された八王子まつり。
その会場に行く道中は、先の記事で紹介した。
余りの暑さに寄り道した様子ばかりだったが
漸く山車や御輿が登場する会場に到着した。
この会場は片道2車線の国道を閉鎖して設営されている。  

5c55x68y152t84img_5281
午後5時頃の陽射しがつくる影は長くなっているが
真夏のこと、まだジリジリ照り付ける西日であった。

7c35x57y125t84img_5287

7c46x72y130t8img_5260
日中から衣裳をキッチリ着け、面を被っていては
さぞかし暑かったことだろう。

9c190x176y78img_5272
永年遣われてきた山車には歴史を感じさせられる。

5c169x199y84img_5323
御輿も繰り出しているが、やはり主役は山車のようだ。

7c219x206y136t78img_5316
山車の提灯に灯が入り、雰囲気が盛り上がる。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

国が変われば、こうも違うか?

最近の新聞を読んで思ったこと。

まず一つ。
ハワイやタヒチなどのリゾート地で
日焼け止めの使用を規制する動きがあるという。
その理由にあげられたのが
日焼け止めの成分に珊瑚に悪影響を及ぼす物質が含まれる故。

 リゾート地の浜辺で日光浴をしている様子は写真等で見る。
 それでいて日焼け止めを使うとは如何なる魂胆なりや??
 は、今回の主題ではない。

それほどまでして珊瑚を護る姿勢に感服する。
どこぞの国の首相は、同盟国の大統領のポチに成り下がり
自国の美しい海に土砂を投入し、貴重な珊瑚を死滅させる。
殺人兵器で国土を覆うことが、真に国を護ることなのか!?

二つ目。
欧州では夜行列車の運行が復活しつつあるという。
航空機を利用しての長距離移動は恥であると。
航空機の運行は多量の温室効果ガスを排出するため
航空機の利用を避け、列車での移動を増やそうという。
この動きの先兵は市民で。地球温暖化への懸念が原動力だ。
航空機の運行には、航空券課税を検討する国もあるようだ。
私も時間に余裕があれば鉄道を利用したいが
さて・・・

三つ目。
今やゴミの問題は猶予できない状況に陥っている。
東京都で出る不燃ゴミは、東京湾の埋め立てで消化してきた。
その埋め立て可能な海域は、現在の処理地以外は無いようだ。
当初50年持つといわれながら、30年で満杯になりそうという。
その後は、どこで処理(埋める)できるのか?
放射能汚染物はおろか、
自分達と関わりないゴミを受け入れる自治体はあるのか?

海洋を汚染するマイクロプラスチックも地球規模の問題だ。
海洋生物の体内からマイクロプラスチックが検出されている。
海洋生物だけでなく、人間の生命を脅かす重大な問題である。

昨今、プラスチック製のストローを廃止したり、
レジ袋を有料化して、その利用を抑える動きがあるが
誠にもって笑止千万な茶番劇というよりない。
プラスチック製のストローを差している容器は何で出来ている?
レジ袋に入れられた商品の包装のプラスチック製品ではないか?
瑣末な次元で目眩ませして。根本的な問題解決は無しか?

購買に際し、自宅から収納容器を持参するのは非現実的である。
しかし、どこかで変えていかなければ我々の孫子に
大きな負担を強いることになる。
今。自分の利便性追及を見直さなければならない。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

熊った!熊った!

嬉しいニャン! とか、困ったワン!とか・・・
およそゴロあわせのような言葉遣いを忌避した人生を送りながら
つい、遣ってしまって熊って候。

ここ数日のこと、札幌市内(といっても市街地のこと)
熊が出没した情報が錯綜して、地元市民を恐怖に陥れていた。
それらの熊が単独行動か、複数行動か定かではないが
漸く一頭の熊が射殺されたという。

そのニュースを聞いて、首都圏や関西方面から
射殺を非難する意見が札幌市に寄せられた。
らしい。
射殺せず麻酔弾で捕獲した後、山にかえせとか。
捕獲して動物園に送れとか。

深刻に考えて欲しい。
市街地に出没する熊は
商店街で客寄せで登場する着グルミのクマではない。
叩こうが、引っ張ろうが従順な着グルミではないのだ。

本来、野生の熊が市街地に出没することは考えられない。
それが、何故市街地に出没するか?
その責任はニンゲンにある。
彼ら野生動物の生息地を、開発の名の元に侵食した結果
生きる糧を失った野生動物は市街地を目指す。

鹿然り、猪然り、猿然りである。


大体、ニンゲンが喰らう美味を知った野生動物を

野生に還してどうなる!?
彼らの優れた臭覚によって再び市街地を目指すのは明白。
また、野生動物にとって動物園は楽園足りえるか!?
自分にとって不要なモノ、厄介なモノはゴミ箱に捨てるが如く
目の前から排除すればコト足りるという論理は
何の解決をももたらさない。

匿名で、好き勝手を放言しうる昨今は、愉しい社会だねぇ!!

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

祭り囃子が聴こえる ~八王子~

八王子市は東京都・多摩地区の南西部に位置する。
北条氏の後、徳川家康が移封して甲州街道の要衝となる。
神奈川県相模原市と接し、山梨県にも近い。
明治以降は織物で栄え、特に絹織物の産地や集積地であった。
その八王子市で8月2日から4日まで八王子まつりが開催された。
 (既に古い話題で恐縮です)

祭りであるからには神輿は出るが、呼び物は山車である。
市内各町内から19基の山車が、その造りや囃子を競う。

この八王子市は寒暖の差が激しく、
夏冬は都心よりも2度ほど最高気温や最低気温を記録する。
その暑い最中のことであり、
また、山車を飾る提灯に灯が入ってからが風情がある。
そこで夕方に出掛けたのだが、それでも暑い。

八王子にはJRと京王電鉄が乗り入れており
我が家からだと京王電鉄を利用して6駅。
京王八王子駅前に出ると、祭り囃子が奏でられており
祭り気分を盛り上げる。
それにしても暑い。
祭りの会場に向う途中、子安神社の日陰に誘われ
フラフラと境内に足を踏み入れた。

3c18x34y146t84img_5238
陽射しが強過ぎ、考え無に撮影すると日向はハイキーぎみ。
3c19x35y84img_5236

それでも日陰は清々しい涼しさに包まれています。
 渋野日向子選手風に言えば「空気がキヨキヨしています」
3c202x223y84img_5227

涼むのは、いい加減にして
山車が繰り出す会場に移動しようとしましたが・・・
5c42x57y30r134t84img_5233

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »