« 遅かりし藤の花 | トップページ | 北のサクラ ~続編~ »

2019年5月 5日 (日)

近くて遠いは田舎の道というけれど

亀戸天神で写真の収穫が無かったので、
すぐそこに見える東京スカイツリーまで行くことにした。
田舎では、近くに見えても行くと思いのほか遠いことがあるが
都会であれば問題なかろうと歩きだした。
実は、これまでも亀戸天神から東京スカイツリーまで歩いていて
目標が馬鹿デカイので、
実際の距離よりも近くに見えるのも分かっていたのに
歩き出してから後悔することになった。

7c30x55y74img_4498
これまでのコースとは違う経路をとったので新鮮な構図だ。

7c153x171y74img_4501
被写体に対して順光か逆光で撮っていたので
横からの陽光を浴びたところは初めてかもしれない。

7c202x213y84img_4520
こうして見ると結構細かい造作が為されていると気付かされる。
これほど巨大な構造物のこと、細心の設計と施工が必須だ。

5c227x206y84img_4526
こどもの日とあって、東京スカイツリーの足元を流れる
北十間川には無数の鯉幟が泳いでいた。

7c221x198y135t74img_4532
ここで再び後悔した。
出掛けに持参するレンズの選択をしたのだが
東京スカイツリーを訪れる予定は無かったので
広角レンズは持参しないことにしたのが裏目に出てしまった。

9c215x201y74img_4542 
カメラのディスプレイのバリアングル機能を
最大限に活用したが、ここまでが限界だった。

7c187x173y74img_4553
被写体からチョイと離れてテッペンまで撮影。

|

« 遅かりし藤の花 | トップページ | 北のサクラ ~続編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅かりし藤の花 | トップページ | 北のサクラ ~続編~ »