« 大河に一滴 | トップページ | 忖度して三択 »

2019年2月16日 (土)

冷え者でございます

昨年の暮れから三度ほど帰省を繰り返しております。
慌ただしい帰省で、故郷の風情を味わうことかなわぬ日々でした。
此度は少し余裕が出来たので、僅かながらの故郷散訪。
帰京のたびに思うのは故郷の変わり様であります。
街並みを見て、己が異邦人であるかのような感覚を抱く。
そんな思いをするのは私だけではあるまい。
日本国中、同じような問題を抱えた地方都市は多いだろう。

3c178x167y78img_2307

雪よりも、寒さが厳しい北の大地。
市役所の展望階から四方を眺める。

3c162x146y78img_2309

3c170x149y78img_2311

5c208x186y78img_2313

取り残された地方都市の姿を認める。
寒気と共に、暫し北国の話題で御機嫌をうかがいます。

|

« 大河に一滴 | トップページ | 忖度して三択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大河に一滴 | トップページ | 忖度して三択 »