« 秋色三態 | トップページ | 都電荒川線 »

2018年9月23日 (日)

ヒガン

彼岸である。
今年、残すところ三月余り。
この時期、既に数多の有名人が鬼籍に入られた。
文化・学術の人、芸能人、スポーツの世界にあった人。
どなたも有為の方々で惜しまれながらの旅立ち。

災害が多かった今年、市井の方々も大勢が命を落とされた。
突然、肉親や親しい人を失う。
なかなか現実を受け入れるのが困難のようだ。

3c91x39y84img_1875

私事では1月に義母が帰らぬ人に。
癌の告知を受けて2年、
来る東京五輪を観たいと願っていたが望み叶わず。
医師の診立てを律儀に受け入れた。


今日、予てからの悲願を達成。
言うには小せぇ悲願で恥ずかしいが・・・
東京都内に唯一残る路面電車
都電荒川線(東京さくらトラム)に乗る。
その都電で行きたかった先が三ノ輪の浄閑寺。
この寺は江戸を描いた小説に度々登場する。

5c189x180y123t72img_2075
新吉原で亡くなった遊女が葬られる投げ込み寺である。

5c190x167y84img_2086
新吉原総霊塔の右側には格子が嵌まった開口部があり
そこから積み重ねられた骨壷が見える。
貧しさゆえ苦界に身を沈めながら、死して引き取り手が無く
名も無く埋葬された女たちの情念が滲み出ているようだ。

5c192x178y84img_2089
ここを訪れ掌を合わせる人々の祈りによって
少しは無縁仏の霊が慰められるだろうか?

|

« 秋色三態 | トップページ | 都電荒川線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋色三態 | トップページ | 都電荒川線 »