« ひっそりと涼しげに | トップページ | 永代橋渡る »

2018年7月15日 (日)

神仏頼み

この度の西日本を中心に甚大な被害をもたらした豪雨。
実態を報道で見るにつけ、言葉を失う。
生半可な思いを寄せても被害に遭われた方々の辛酸の
何分の一ほども理解は出来ないだろう。
生活が破綻したうえに、酷暑が追い討ちを掛けている。
とても暢気にブログを更新している場合では無いが
このところ寺社巡りが多いので、
被災地の一日も早い復興を神仏に願い
寺社を紹介しながら追々更新して参る所存。

さて、今回は古くから深川のお不動さんとして親しまれて来た
深川不動堂の話題。
大本山成田山新勝寺の東京別院といして位置づけられる当寺。
歴史は元禄16年(1703年)、江戸で御本尊を公開した
いわゆる出開帳が始まりという。

5c27x41y138t84img_0477
嘗ては長い参道であったろうが、いま残っている参道は短い。
参道の左右に並ぶ商店は暖かい雰囲気を醸し出している。

3c32x43y134t84img_0484
正面に見えるのは旧本堂。

3c22x41y84img_0492
旧本堂の左手が現在の本堂。

3c25x43y84img_0496
旧本堂の右手は御札場。

開運出世稲荷社には参る人が絶えない。
7c15x25y84img_0490

富岡八幡宮とは隣り合わせの位置関係にあり
共に深川では信仰の中心となっている。

|

« ひっそりと涼しげに | トップページ | 永代橋渡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひっそりと涼しげに | トップページ | 永代橋渡る »