« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月27日 (火)

徒然なるが儘に、お濠の桜。

千鳥が淵で、江戸城(皇居)側の桜を見る。
お濠の外側を廻る緑道からの眺めです。
前回訪問した時も、お濠の内側から見た風景を撮るべきと
後悔したのですが、今回も緑道側からの写真ばかりです。

まだ、全ての花が開花していないのが分かりますか?
この日、ボートは何時間待ちで乗れたのでしょうか。
7c155x206y84img_8275

それでも枝が重なり合うと満開に見えます。
7c149x161y84img_8308
陽当り具合で、開花状況に差がありそうです。

嘗ては城であったことが窺える、石垣が垣間見えます。
7c61x79y84img_8320

乾門を遠望しています。
5c39x61y84img_8529

間近で見上げる乾門下で歴史に浸りますが
これ以上カメラを下向きにすると現実に引き戻されます。
3c29x50y84img_8557

あのタマネギに、丁度よい加減の陽が当っていました。
9c130x157y84img_8535

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

花見は、お早めに!

例年より早く開花したソメイヨシノ。
一時、気温が下がったので花が長持ちするかと期待しましたが
その低温の所為で、週末に開花が促がされたように感じます。

日付が変わって昨日の日曜日、
千鳥が淵まで桜の写真を撮りに出かけました。
人出が多いのは覚悟の上でございます。
それでも、ここは宴会禁止が徹底されていますので
不快な酔っ払いを見ながらの花見ではありません。

最寄り駅から堀端の坂を登って行きますと
まず乾濠の土手に咲く桜が目に入ります。
5c155x171y84img_8242

乾門前の賑わいを逃れ、さらに堀端を登ると
絵葉書的な撮影ポイントがあります。
5c77x93y223x200y84img_8225

道路を隔てた向かい側にはソメイヨシノの開花を確認する
標準木がある靖国神社ですから
この界隈は開花が早い場所なのでしょうか?

3c192x206y84img_8259
まだ満開ではありませんが、今週半ばには満開になりそうです。
今度の土日が休日に花見をする最後の機会になりそうです。

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

彼岸の雪

暑さ寒さも彼岸まで
とはよく言ったものだと感心します。
秋の彼岸には、
真夏の灼熱の残滓に汗ばむことが珍しくありません。
春の彼岸には、
冬将軍が放った最後っ屁の如き寒さがぶり返すことも。

春分の日の今日、大方の気象予報を裏切り
東京23区でも雪が降りました。
おそらく今季最後の降雪となるでしょうが
首都圏では、咲きはじめた桜の花に白雪が降りかかりました。

この彼岸の雪に、過ぎ去った春の一日を思い出しました。
まだ乳飲み子の長男を、群馬県高崎市の家人の実家に
初めて連れて行った帰路、大雪に見舞われました。
上越新幹線は関東の大雪など軽く蹴散らして上野駅へ。
しかし、東京は9cmの積雪で大混乱をきたしていました。
地上の公共交通網は完全にマヒ状態。
せめて地下鉄で少しでも移動と思いましたが
こちらも動く気配がありません。

このような状況下では、ヘタに動くと墓穴を掘りかねず
帰宅は長期戦と腹を括りました。
そこで向ったのが駅前の百貨店。
そこのベビールームでベッドと飲料用の湯を確保。
ミルクを飲んで寝ていれば手がかからない息子。
4~5時間をベビールームで過ごし、
タクシーの運転手を説得して世田谷区の自宅に向かいました。
自宅周辺は都心の倍以上もの積雪があり
帰宅出来たのは幸運の一語につきます。
ミルクを飲んで、タクシーの中ではひたすら寝ていた息子ですが
帰宅が1時間遅れたら空腹でどうなっていたことか・・・

北関東を中心に今夜から明日午前中にかけて
まだ降雪に注意が必要なようですが、そこは春の雪のこと。
大きな被害がでないことを願うばかりです。

| | コメント (0)

知らない花、知っている花。

庭園や花畑では言うに及ばず、
野原や街中で見かける花の名を知らない場合が多いワタシ。
花の名前の札が付いていると必ず覚えようとしますが
結局は、その場限りになることが殆んどで覚えきれません。
浜離宮恩賜庭園の花木園にも
当然のことながら知らない木がありました。

5c179x204y150t84img_7915
離れた場所から見た小さい黄色の花を
訳知り顔でロウバイか? と呟いたものの
ロウバイが咲くのは1月前後だと思い出します。
果たして近くで見た花はロウバイとは似ても似つきません。
サンシュユという木の花でした。

6c172x191y84img_8079
既出の写真と似ていますが、梅の枝は日本画を思い起こさせます。

7c170x191y150t84img_8014
木の名札が無ければ白梅と呆けをかましそうでした。
ボケはバラ科だったのですね。
それにしても、バラ科の植物のナンと間口が広いことか!
バラはもとより、サクラ・ウメ・モモ・リンゴ・イチゴ・アーモンド。
ハマナス・ユキヤナギなど、あれもバラ科!?と驚きます。

7c195x181y150t84img_8072
リュウゼツランも仲間が多い植物のようです。
一見、アロエに似ていますが別の種なのだそうです。
このリュウゼツランはアオノリュウゼツラン
その中心から高く茎が伸びて無数の花を咲かせますが
非常に長い期間を経て花が咲きます。
その期間は40年とも70年とも諸説あるのは
いつから生えているのか分からない昔のこと故か?
60年前後というのが真相のようです。
そして、花が咲いた直後に全体が枯れるます。

8c149x131y150t84img_8035
花が開ききらない時期の椿の端整なこと。

ハクモクレンは庭木として見かけることが多い樹木です。
このハクモクレンはビルの3階から4階ほどの高さがありました。
11c204x230y84img_8050
下向きの小さな花を咲かせるサクラと違い
青空を背景に、上向きの花を咲かせる雄大さと開放感があります。

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

ソメイヨシノに先立ち

東京では17日、ソメイヨシノの開花が確認されました。
平年より9日、昨年より4日早い開花だそうです。

浜離宮恩賜庭園を訪れた11日は
お花畑で梅花が、菜の花に寄り添って咲いていましたが
花木園ではカンヒザクラの花を沢山見ることができました。
この桜の特徴は、やはり濃い緋色の花でしょう。
5c178x211y84img_7935

5c190x165y84img_8024

近くで見ると、まだ満開には間があるようです。
3c154x118y84img_7931

ヒカンザクラが本来の名称ですが
ヒガンザクラとの混同を避け、カンヒザクラとも呼ばれる。
この花の状態では、緋寒桜より寒緋桜が似つかわしいか?
まして沖縄で咲き始める1月は寒の内ですから・・・
5c82x58y84img_7925
寒の寒さを吹き飛ばす濃い緋色なのでしょうか?

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

都会の菜の花畑

東京都中央区の浜離宮恩賜庭園で菜の花を見た。
丁度、今が見頃というので出掛けてみた次第です。

7c196x222y150t84img_7957
都心からは外れているもののビルが間近に見えます。

庭園内のお花畑は、秋は模様替えをして秋桜が咲き誇ります
7c195x207y84img_8001

7c223x210y84img_7996_2
菜の花も、秋桜も小さく可憐な花ですが
春と秋の季節を想わせるというのは気の所為ですかね。

逆光ぎみに2枚。
5c225x237y84img_8104_2

11c145x172y84img_7967
近寄ってみると印象が変わって見えます。

7c118x146y84img_7995
菜の花畑の脇に梅の木が数本植わっています。

5c150x170y84img_7997

7c35s84img_8003
沢山咲いている中でも自己主張はしています。

庭園内では、ほかにウメやカンヒザクラ
サンシュユ(初めて見る花でした)などが咲いていました。
そちらも紹介できるとよいのですが、さて・・・

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

梅と桜が競演

強い風が吹いて、花粉症持ちには辛い日曜日となった4日。
2月から3月へと月が替わり、梅の花が盛りと咲いています。
庭園や公園などでは梅まつりの真っ只中。
遠くまで出掛けて花粉の洗礼を受けるのは避けたいので
ご近所巡りでお茶を濁します。

満開の梅に対して、桜も負けてはいません。
早咲きの河津桜は花の数を増やし、
それを追うように枝垂桜が開花していました。

7c150t84img_7842

5c51x64y150t84img_7849
河津桜の地元では、花の見頃を迎えているようですが
こちらも満開に近い咲き加減です。

この枝垂桜は樹が若い所為か、小振りな花が可憐です。
5c185x152y150t84img_7851

7c150t84img_7866


30年以上も前、この辺りは鄙びた梅園の趣きがありました。
その頃からある古木でしょうか? 枝振りが堂々としています。
5c59x83y150t84img_7873

7c158x183y150t84img_7880

こちら紅梅は圧倒的な花の数です。
7c130x159y150t84img_7900

5c130x158y84img_7912
楚々とした白梅の装いを好ましく感じていましたが
お侠な町娘を想わせる紅梅も捨て置けませんね。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

我が家にテレビがやって来た!

冬季五輪が日本選手のメダル獲得で盛り上がった頃
我が家のサブ的なテレビが故障しました。
故障といっても、実際には寿命が来たとしか考えられません。
何せ十年以上も使って来たブラウン管テレビですもの!
このテレビを買うとき、既に液晶テレビが主流でしたが
それでもブラウン管テレビを買う本心は、偏屈なるが故。
アレコレ迷った末、我が家に新しい液晶テレビが届いた日
五輪は閉幕しておりました。

居間にはメインの大型テレビがあるので不自由はしませんが
このテレビにはオトーサンのチャンネル権はありません。
ですからサブテレビはオトーサンの威厳を保つ生命線?
ナンともチマチマした威厳であることか!?

昨今は、各家庭に家電品があるのは当たり前。
しかし、1950年代後半に三種の神器と喧伝された
白黒テレビ、(電気)冷蔵庫、(電気)洗濯機は
一般家庭でも買うことが可能な夢の家電でした。
中でも白黒テレビが我が家にやって来た日は
子供たちばかりか、大人たちも胸を躍らせたのではないか?

それまでは電気店の店頭や、
公共の場に設置された街頭テレビに群がるか、
いち早くテレビを購入した家庭の窓外から垣間見たテレビ。
当時のテレビは、その画面を舞台の緞帳を模した幕で被われ
その幕を恭しくも持ち上げる家族の誇らしげな顔つきに
私たちに、心なしか劣等感や敗北感が過るのでした。

そうした体験を持つ世代には、新しい家電の到来となると
未だに心が浮き立つところがあります。
自称・小市民(死語か?)の性ですかねぇ・・・

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »