« 天災?、人災?。 | トップページ | まだまだ遣います »

2018年2月 7日 (水)

ジイジの野菜

節分を過ぎ、立春といっても暦の上の話しです。
現実には、今が一年で一番寒い時期といえます。
東京での、この冬二度目の雪はサラリと融けて助かりました。
一方、寒波に襲われている方々には御見舞い申し上げます。
この寒い季節に、ただただ震えているだけではもったいない
この時期だからこそ美味しい冬野菜を賞味しましょう。
しかし、昨年秋からの野菜の高騰はどうしたものか!?
寒い時期という事情もあれど、久しく生野菜のサラダを作れない。

それでも一時的に野菜の値が下がり、
すかさず久しぶりに生野菜のサラダを作りました。
一方、こうした時期にありがたいのが鍋料理です。
我が家では二週続けて日曜日は鍋でした。
身体も部屋も温まる、一石二鳥の鍋料理!!

その鍋料理で活躍したのは岳父が家庭菜園で作った野菜で
大根と白菜は、共に鍋料理には欠かせない材料。
岳父は国家公務員であった現役中から家庭菜園を営む
筋金入りの農業従事者です。
無農薬で栽培しますから、葉物野菜の外葉は虫食いだらけ。
今回の白菜も外葉を丁寧に剥がしていくと
中は綺麗な黄色と薄緑色の葉に、シャキシャキした白い茎。
とても美しい造詣です。

大根は一度に食べきれない大きさなので
数回に別けて食べていますが、毎回切り口が瑞々しい。
市販の大根は、一度切ると、その切り口が乾いてしまします。
されど、この大根は違います。
是非とも、今年も作って欲しいものです。

|

« 天災?、人災?。 | トップページ | まだまだ遣います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天災?、人災?。 | トップページ | まだまだ遣います »