« まだまだ遣います | トップページ | 結弦クン凄いが、聡太君もね。 »

2018年2月16日 (金)

最近のコト

[冬季五輪に思うコト]
海を隔てた隣国で冬季五輪が開催されています。
ピョンチャン!ピョンチャン!と大会マスコットが兎で
その名前かと思いましたが、兎がピョンチャンなら日本語だ。
冬季五輪開催地のコトだったのですね(チャンチャン♪)。

その冬季五輪で、日本選手の活躍が目立つようになりました。
それでも金メダルを獲るのは難しいようです。
上には上が居る、というコトですかね。
それにしても海外選手の勝負強さには驚嘆します。
我が国のマスメディアの下馬評では、
既に数個の金メダルを獲得している筈でしたがねぇ・・・
毎度のコトですがハシャギ過ぎ。

海外選手はコンディション調整に長けているように思います。
五輪前の大会での成績に見向きもせず
ひたすら五輪での競技当日に合わせてコンディションを作る。
一発勝負でも、マグレでもない細密な準備で叶う結果かと・・・

[毎年のコト]
昨日の15日、関東では春を思わせる陽気でした。
そこで早速、目が痒くなりました。
もうスギ花粉が飛び始めているようです。
さらに今年の花粉飛散量は多目との予想が出ていました。
花粉症のご同輩、悲惨な日々にならなければよいのですがね。


[人生の先輩のコト]
本人曰く
後期高齢者になって警察から自動車の運転を禁止された。
それも警告や勧告無に、突然ディーラーを差し向け
車を動かせなくした、というのですが、さて・・・

この方、実は昨年後半から認知症の傾向にあるのではないか
と疑いの目を向けておりました。
そうした推測が当っているならば、車の運転は避けて欲しい。
しかし、こうした話しを当人にしても埒があかないものです。
むしろ名誉毀損になりかねません。
元々、深い付き合いは無く、夫婦二人住まいの他に
子供が居るものかどうかも知りません。

子供と知り合いであったなら、耳打ちすることも可能ですが
それでも躊躇します。
運転中に事故を起こさなければいいが、と危惧していた矢先
車体の左側を擦ってしまいました。

冒頭の、警察が強制的の車を押えた話し自体
認知症の為せるワザかと推測していますが
医療機関で検査を受け、運転可能の判断を得るのは困難か?
高齢者の運転による事故が多発しています。
運転免許の更新時に、高齢者への厳格な審査をもって
事前に危険回避をしたいものです。

|

« まだまだ遣います | トップページ | 結弦クン凄いが、聡太君もね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ遣います | トップページ | 結弦クン凄いが、聡太君もね。 »