« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月21日 (水)

来てます、来てます、春が来ています。

春が来ているといっても、長閑な春ではありません。
スギ花粉が飛散する厄介な春です。
先日の15日には目への影響がありました。
次いで鼻への影響があらわれ、
近年の傾向として喉への影響が出てきました。
喉はいがらっぽくなった後、咳が止まらなくなり
周囲のヒンシュクを買います。
そうなると何をするのも億劫です。

写真を撮りに出かける意欲がわきません。
そこでコンパクトカメラでご近所をブラつきました。
早咲きの梅が満開を迎えています。
9c176x199y74img_1891

9c168x211y74img_1910

河津桜がチラホラと花を咲かせ始めました。
7c214x178y74img_1884

9c176x206y74img_1916

5c185x207y74img_1903
まだまだ寒い日が続きますが、陽射しは春のものです。

| | コメント (2)

2018年2月17日 (土)

結弦クン凄いが、聡太君もね。

冬季五輪のフィギュァスケート男子で、羽生結弦選手が
66年ぶりの連覇という偉業を達成しました。
その歳月を遡ることが出来たとして、
当時のフィギュァスケートとは如何なるものだったか?
男子では4回転ジャンプが主流の昨今から見れば
稚拙なスケーティング技術だったと推測されます。
故に、羽生選手が打ち立てた業績の偉大さが知れます。

五輪を控えた昨秋、大きな怪我によって
リンクに降りることすら叶わなかった苦難を乗越えての
偉業達成に祝福と賛辞を贈るものです。
23歳は、4年後の五輪出場も狙える年齢です。
3連覇はともかく、偉大な才能を咲かせ続けていてほしい。

この日、海外から飛び込んだ嬉しいニュースのほかに
国内でも偉業達成のニュースに沸きました。
将棋の藤井聡太五段が
第11回朝日杯将棋オープン戦に優勝。
同時に史上最年少(15歳6ヶ月)で六段に昇段しました。
また、中学生棋士として15歳6ヶ月の優勝は
加藤一二三九段の15歳10ヶ月の記録を塗り替えるもの。
第11回朝日杯将棋オープン戦に残った4強のうち
3人はA級棋士という強豪を討ち果たしての優勝です。

藤井六段は、第76期将棋名人戦のC級2組を勝ち抜き
C級1組へと昇級を決めたことで、今月1日、
五段に昇段したばかり。
16日で六段に昇段するとは、先々どんな棋士に育つことか?
愉しみであると共に、末恐ろしい才能の持ち主です。
聞けば、藤井六段はAI将棋をよく研究しているようで
時にAI将棋を模した手を打つとか・・・
古い棋譜を読むのも好きで、新旧の指し手を研究するに余念なく
まさに新しい時代の棋士といえましょう。

人柄は極めて温厚と見ましたが、
その目指す将棋は厳しいものがあるようです。
中学生棋士が勝負師に変貌したとき、
一段と凄みを増した棋士と進化した姿を見てみたいものです。

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

最近のコト

[冬季五輪に思うコト]
海を隔てた隣国で冬季五輪が開催されています。
ピョンチャン!ピョンチャン!と大会マスコットが兎で
その名前かと思いましたが、兎がピョンチャンなら日本語だ。
冬季五輪開催地のコトだったのですね(チャンチャン♪)。

その冬季五輪で、日本選手の活躍が目立つようになりました。
それでも金メダルを獲るのは難しいようです。
上には上が居る、というコトですかね。
それにしても海外選手の勝負強さには驚嘆します。
我が国のマスメディアの下馬評では、
既に数個の金メダルを獲得している筈でしたがねぇ・・・
毎度のコトですがハシャギ過ぎ。

海外選手はコンディション調整に長けているように思います。
五輪前の大会での成績に見向きもせず
ひたすら五輪での競技当日に合わせてコンディションを作る。
一発勝負でも、マグレでもない細密な準備で叶う結果かと・・・

[毎年のコト]
昨日の15日、関東では春を思わせる陽気でした。
そこで早速、目が痒くなりました。
もうスギ花粉が飛び始めているようです。
さらに今年の花粉飛散量は多目との予想が出ていました。
花粉症のご同輩、悲惨な日々にならなければよいのですがね。


[人生の先輩のコト]
本人曰く
後期高齢者になって警察から自動車の運転を禁止された。
それも警告や勧告無に、突然ディーラーを差し向け
車を動かせなくした、というのですが、さて・・・

この方、実は昨年後半から認知症の傾向にあるのではないか
と疑いの目を向けておりました。
そうした推測が当っているならば、車の運転は避けて欲しい。
しかし、こうした話しを当人にしても埒があかないものです。
むしろ名誉毀損になりかねません。
元々、深い付き合いは無く、夫婦二人住まいの他に
子供が居るものかどうかも知りません。

子供と知り合いであったなら、耳打ちすることも可能ですが
それでも躊躇します。
運転中に事故を起こさなければいいが、と危惧していた矢先
車体の左側を擦ってしまいました。

冒頭の、警察が強制的の車を押えた話し自体
認知症の為せるワザかと推測していますが
医療機関で検査を受け、運転可能の判断を得るのは困難か?
高齢者の運転による事故が多発しています。
運転免許の更新時に、高齢者への厳格な審査をもって
事前に危険回避をしたいものです。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

まだまだ遣います

少し前のこと。
iPhone のバッテリー消耗が早くなったと感じました。
そろそろ替え時かな?
そこでショップに行って機種変更の見積りを作って貰った。
調べて貰うと、今の機種は4年と1ケ月少々遣っています。
このiPhone5シリーズは
発売早々に購入していないので、かなり古い機種です。

液晶ディスプレイの保護フィルムと、シェル型ケースが破損し
いよいよ機種変更の気分が高まるのですが
チョイト待て! アクセサリーの不具合で本体を替える!?
それはそれで主客転倒しており業腹な話しだ。
そこで量販店のB社で見つからなかったアクセサリーを
Y社で探すと、あるではないですか!

古い機種とはいえ、その機能の全てを遣いこなしてはおらず
慌てて機種変更に走る理由は希薄です。
アクセサリーの一新で、新しい機種を手に入れた気分。
デジタルなオヤジに相応しい対応と申せましょう。

何より、このサイズが私の生活パターンには最も適したものです。
液晶ディスプレイが大型化する傾向の昨今では
携帯するという本来の目的に合致した道具といえます。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

ジイジの野菜

節分を過ぎ、立春といっても暦の上の話しです。
現実には、今が一年で一番寒い時期といえます。
東京での、この冬二度目の雪はサラリと融けて助かりました。
一方、寒波に襲われている方々には御見舞い申し上げます。
この寒い季節に、ただただ震えているだけではもったいない
この時期だからこそ美味しい冬野菜を賞味しましょう。
しかし、昨年秋からの野菜の高騰はどうしたものか!?
寒い時期という事情もあれど、久しく生野菜のサラダを作れない。

それでも一時的に野菜の値が下がり、
すかさず久しぶりに生野菜のサラダを作りました。
一方、こうした時期にありがたいのが鍋料理です。
我が家では二週続けて日曜日は鍋でした。
身体も部屋も温まる、一石二鳥の鍋料理!!

その鍋料理で活躍したのは岳父が家庭菜園で作った野菜で
大根と白菜は、共に鍋料理には欠かせない材料。
岳父は国家公務員であった現役中から家庭菜園を営む
筋金入りの農業従事者です。
無農薬で栽培しますから、葉物野菜の外葉は虫食いだらけ。
今回の白菜も外葉を丁寧に剥がしていくと
中は綺麗な黄色と薄緑色の葉に、シャキシャキした白い茎。
とても美しい造詣です。

大根は一度に食べきれない大きさなので
数回に別けて食べていますが、毎回切り口が瑞々しい。
市販の大根は、一度切ると、その切り口が乾いてしまします。
されど、この大根は違います。
是非とも、今年も作って欲しいものです。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »