« 早咲きの白梅 | トップページ | 今日の大雪 »

2018年1月17日 (水)

御霊やすらかに

有史以来、数多の天変地異が我が国を襲ったことか?
明治以降の災害などは、僅かばかりに写真の記録があろうが
鮮明な映像として、広く国民の眼前に晒された災害といえば
かの阪神淡路大震災の衝撃を超えるものがあるか?

23年前の1月17日、
巨大な地震エネルギーによって、一瞬にして崩壊した都市群。
猛り狂った炎が、崩れ落ちた街や人命を焼き尽くす勢いに
私たちは、まるで特撮映画の映像を観る思いで
とても現実に起きている惨事とは信じられなかった。
まして、その災害の真っ只中に居た人々の思いはいかばかりか?

その20年後、東日本大震災が起きた。
今度は津波が、街を人命を押し流す惨事となった。

火と水、人類の恩恵となるべく重要な自然の要素が
大きな牙をむいて、奢る人類に報復すらが如く襲い掛かった。

その人類の奢りの最たる炎としてあった原子力の火が
天変地異の災害に追い討ちを掛けた。
その国策的な被害は未だ解決の目途が立たない。

人類が、天変地異の災害からん逃れられない存在ならば
せめて人災だけは遠ざけたい災害なのであるが・・・

|

« 早咲きの白梅 | トップページ | 今日の大雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早咲きの白梅 | トップページ | 今日の大雪 »