« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

年越し

子供の頃は、何の苦労も無く越した年越し。
むしろ子供にとっては一年で一番華やかしい一日であった。
私の故郷である北海道の開拓に携わった人々の習慣として
大晦日に贅沢な馳走を食べて年越しをするのが習わしです。

それが、今住んでいる関東の大晦日は簡素なものです。
年越し蕎麦を食べてオシマイが定番だったようですが
大晦日にスーパーマーケットに行くと
高級食材を買い漁っている人の多いこと。
あれは正月用の食材かね?

そんな事を思いながら、昨日は黒豆を煮た。
黒豆といえば丹波の黒豆が有名ですが
我が家では、この数年、故郷(北海道十勝)の黒豆を煮ます。
2c193x209y122t72img_1748

正月用に煮しめ。
2c197x235y10t72img_1744

共に、スマートフォン画像。

| | コメント (0)

浅草寺と隅田川界隈

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

西浅草から伝法院通りの道筋には雑多な店舗が並んでおり
食いもの屋の店頭に、興行街として栄えだ名残りがありました。
5c954x108y156t84img_6069

外国人観光客ならずとも、つい手を出したくなる。
買って帰ってどうするのか・・・
所詮、土産物なれば実用に供せず?
3c228x204y130t84img_6078

浅草寺の雷門をくぐり、仲見世を通った先の宝蔵門。
その本堂側には大きな草鞋が奉納されています。
高さ4.5m 幅1.5m 重さ500kg
3c111x95y70img_6090

本殿前では善男善女がありがたい香を身に纏っています。
5c212x239y84img_6094

吾妻橋の上で、東京スカイツリーを背景にしたショットは
恰好の撮影ポイントです。
5c59x87y132t84img_6127

初秋の夕暮れ、屋形船で料理の仕込みに追われています。
96x126y36x47y84img_6153

| | コメント (0)

西浅草界隈

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

私が浅草の観音様(浅草寺)西側に赴く主たる目的は
かっぱ橋道具街を冷やかすことにあります。
およそ道具というものは、ここに集まっている調理用に限らず
大工道具などの職人衆が使う道具一般にいえることで
機能美ともいえる美しさを伴った意匠に卓越したものがあり
至って面白い!

この道具街を一巡してから観音様に向います。
ここ浮世床では何度も登場したどぜう飯田屋
2c236x211y3r150t84img_6048

飯田屋を過ぎた右側にステップサロン。
古色蒼然とは失礼か?
古き善き浅草の風情を残しているものと推察。
8c204x155y135t84img_6049

浅草国際通りを渡ると、浅草伝法院通りに入ります。
この辺りまで来ると東京スカイツリーが大きく迫ります。
5c57x72y70img_6050

日本人向けというより
外国人観光客相手と思われる浴衣屋の店頭で
浴衣を着こなした外国人と、人力車の兄ぃ。
浅草ならではのシックリしたショット?
3c28x36y84img_6066

本来は子供向けでしょうが、大人も愉しむ?
仏像と、伊藤若冲のガチャ!
これも浅草ならではか?
5c156x172y84img_6062

古くは江戸期から興行の中心を為した浅草の興行街。
昔日の隆盛を、浅草公会堂と共に死守するか?
浅草演芸ホール。
5c148t84img_6058

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

日本橋室町2017夏姿

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

お江戸日本橋の北側に拡がる一帯が日本橋室町。
徳川家康が江戸に幕府を開いたときから
この地は江戸の商業の中心地でした。

ご存知、三越百貨店は代表的な老舗です。
3c150x173y148t84img_5332

日本橋で鰹節といえばにんべんが有名ですが、
三越百貨店の向えに店舗を構える
こちらの大和屋は江戸末期の創業。
小振りな店舗ながら老舗と呼ぶに不足はありません。
日曜日に訪れたので店舗が休みで残念。
3c226x162y152t84img_5337_2

日本橋室町にあってファッション、商業施設や
オフィスを有する複合施設の
COREDO室町1 COREDO室町2 COREDO室町3

COREDO室町2に接する通りは
新しい中にも江戸情緒を感じさせる演出があります。
5c190x170y84img_5354

通りの左手にある船橋屋は亀戸天神前に本店がある老舗。
84img_5359

場所柄か、この日に限ってか、浴衣姿の男女が目立ちました。
2c204x178y143t84img_5344

福徳神社
人出が多い場所にあり、参詣の人が絶えません。
3c218x202y18r155t84img_5346_2

浴衣姿の若いカップル
ワインでも選んでいますかね。
11c224x233yb3084img_5356

| | コメント (0)

こちら東京駅、駅前広場。

JR東京駅(丸の内側)の煉瓦駅舎前広場の整備工事が完了し
綺麗になったとのことで早速出掛けてみました。
思いかえせば随分と長い年月を掛けた工事であったげな。

3c60x82y178t90img_7437

5c86x109y147t84img_7441

5c183x219y141t84img_7350

3c67x111y84img_7349


丸ビルから、東京駅丸の内南口と
旧中央郵便局の KITTE をのぞむ。
3c51x97y163t84img_7419_2


その KITTE の屋上庭園から見た駅前広場の全景。
3c228x232y84img_7375

陽が暮れて、駅舎を背に
行幸通りと、その先の皇居方向を臨む。
7c9x24y231x164y84img_7449

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

滑り込みイルミネーション

東京都内各所のイルミネーションは概ね25日までが通例。
そこで、おっとり刀で出掛けたJR新宿駅南口。

サザンテラスの今年はピンクの色彩。
その色味が十分に再現できていません。

5c226x181y84img_7595

5c195x152hy84img_7601

5c38x64y84img_7609

こちらはバスタ新宿のペンギン広場。
5c84img_7623

7c101x153y84img_7627

5c122x158y122t84img_7638

| | コメント (2)

2017年12月24日 (日)

東京駅界隈のクリスマス飾り

東京駅南口(丸の内側)に旧中央郵便局が
建て替えられた高層ビルのKITTEがあります。
6階までが商業施設で、その上はビジネス棟。
1階から4階までの中央吹き抜けでは
大きなクリスマスツリーが設置されています。
白を基調に、緑と青の照明で彩色されます。
7c227c209y70img_7370

丸の内のご近所では
三菱一号館美術館のクリスマス飾りも人気です。
中庭の植栽にイルミネーションが施され
ツリーも立てられますが、今年はオブジェでした。
アイスクリームみたいで可愛い、と評判。
3c196x169y84img_7507

三菱一号館美術館に面している丸の内仲通り沿いの
明治安田生命館のクリスマスツリー。
5c201x149y149t70img_7492

丸ビルのクリスマスツリーも記念撮影する人が絶えません。
7c55x90y146t84img_7424

丸の内仲通りでは並木でイルミネーションが輝きます。
5c184x219y84img_7467

そして東京駅煉瓦駅舎前。
5c91x103y84img_7538

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

銀座のクリスマス ~第2夜~

銀座のクリスマスを撮ろうと出掛けたのは11月下旬。
銀座通りはイルミネーションが施され
ショーウィンドウをクリスマスモードで飾った店舗もあり
決して早過ぎる訪問ではなかった筈ですが
海外のブランドショップでは平素のディスプレイが目立った。

5c187x208y84img_7048
真珠のミキモトでは、先年までビルの入口に
大きなクリスマスツリーを飾りつけていましたが
今は質素なものに変わっています。
真珠の専門店らしく品のあるツリーです。

隣りあわせの山野楽器は、赤・青・緑と色が変化して
こちらはお馴染みのクリスマスツリー。
5c223x197y40s70img_7042

向かいの三越百貨店は物語り性を持たせた飾りつけです。
先ずはクリスマスの夜、家族でパーティの最中でしょうか
バイオリンを演奏する女性のシルエット。
5c138t84img_7057

5c24x37y84img_7066
このトナカイの鼻は赤くありません。

5c232x205y70img_7071
家族が寝静まった頃、サンタクロースが登場。

5c148ti847mg_7075
プレゼントを置く前に、冷えた身体を温めて
とでも言うように美酒が机の上にありました。

銀座松坂屋の跡地に建てられた銀座SIX。
夏は屋上で水遊びができましたが
この時期は3階のテラスでスノーマンが出迎えます。
終末には雪が降る演出があるそうで
今夜あたり雪降る中で記念撮影をするカップルが
後を絶たないでs¥しょうね。
84img_7130

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

恵比寿ガーデンプレイス ~暮色~

凶暴とも思えるバカラ社のシャンデリアを撮影したあと
ガーデンプレイスの入口からシャンデリアがある場所まで
暮れなずむ風景を撮ってみました。

7c32x56y148t84img_7279

5c177x212ty152t84img_7300

5c177x203y40s84img_7322

3c95x119y148t70img_7306

5c195x206y30s84img_7316

9c176x219hy84img_7333
自然のあかりと、人工のともしびが競演する一瞬です。

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

バカラ社のシャンデリア

東京都写真美術館に、
写真家ユージン・スミスの写真展を観る。
午後、遅めの時間帯に訪れたには魂胆あり。
同じ恵比寿ガーデンプレイス内で夕刻から輝く
バカラ社のシャンデリアを撮影するのが目的。
このシャンデリアを撮り続けて何年になるか?
現在は二代目におシャンデリアであるが
初代のシャンデリアは大きさも光の量も図抜けており
なかなか上手く撮影出来なかったものです。

少し小振りで、その分、光の強さが減ったのが
今のシャンデリアですが、撮影に苦労するのは旧来と同じ。
そこでズルをする。

他所のイルミネーションは17時からの点灯ですが
ここのシャンデリア7は16時から点灯されます。
周囲が明るい時間にも輝いています。
それほどシャンデリアが発する光は強いのです。
そこで、まだ陽の残る時間帯であれば
強い光を発するシャンデリアを何とか撮影出来ようと
姑息にも夕刻の撮影に挑む。

7c163t7ci1653t70mg_7209

7c176x185y138t84img_7220

13c224x207y134t84img_7231

21c222x199y173t84img_7226_2


ガーデンプレイス内を散策して夜の帳が降りるのを待つ。
辺りが暗くなると、その分、シャンデリアの輝きが増し
撮影に苦労します。

7c198x217y150t70img_7290

5c125x100hy117t70img_7282

7c20r147t84img_7285

9c29x43y141t84img_7295

シャンデリアのキラキラ感が
少しでも表現できているでしょうか?

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

DATSUN FairLady SPL213

2年前の晩秋、東京・神宮外苑の絵画館前に
有名な銀杏並木を撮影に参りましたが
そこで見かけたDATSUN  FAIRLADY2000.を
銀杏並木の撮影をそっちのけに撮りました。
それが今回、同じ轍を踏むとは・・・

11月に入り、クリスマス商戦が火蓋を切り
各所ではイルミネーションの点灯が続いています。
今年もイルミネーションを追って撮影するでしょうが
この日、まだ11月中でもあり小さいクリスマスを探して
街角のショーウィンドー巡りを始めました。
手始めは、やはり東京・銀座。
海外の一流ブランドの店舗が立ち並ぶ銀座通り。
その中で、四丁目交差点で和光の斜向えに在り
私のような古い世代には日産ビルと認識がある建物。
今は、GINZA PLACE とか NISSAN CROSSING という。
3c59x89y70img_7017

何気なく覗いて見たのが
流麗にして、無駄の無い姿の車でした。

7c242x202y84img_7100
DATSUN  FAIRLADY  SPL213 (1960年)
日産自動車ては旗艦たるべき車種
FAIRLADYの初代モデルといいましょうか。
自動車大国の米国に向け輸出されたモデルです。
当時の米国の自動車市場は
所謂アメ車と呼ばれた大排気量車が席巻していた。

1960年(昭和35年)といえば
日本は高度経済成長期の真っ只中ではあったが
後にGNP世界第2位の経済大国となる黎明の刻。
まだ脆弱性をおびた我が国の自動車産業が
蟷螂の斧が如く米国自動車市場に挑戦した。

アメ車の総排気量の2分の1にも満たない
総排気量1189ccの
コンパーチブルタイプの小型スポーツカー
7c31x14y84img_7091
丸目のヘッドライトは時代を感じさせます。

5c203x164y84img_7093
赤と白の配色は日の丸を意識したか?
自動車大国に挑む心粋が読み取れる。

SPLのLは左ハンドルをあらわす。
13c236x163y84img_7094

13c244x178y84img_7099

簡素にして弛みのない車体の意匠は
昨今跋扈する自動車デザインと一線も二線も画する。
I7c52x66y84mg_7103

3c175x194y84img_7098

1960年1月に輸出された SPL212 と併せても
500台しか生産されなかった貴重なモデルとか。

5c197x161y84img_7114

11c228x168y84img_7097
熟年カップルが興味を示しています。
遠い日、こうした車に憧れを抱いた世代かもしれません。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »