« どうでも、よいことだが。 | トップページ | 母と子の森にて、気根。 »

2017年11月21日 (火)

母と子の森にて、落羽松。

春と秋に新宿御苑を訪れ、薔薇を撮るのが恒例となっています。
それが今年の秋は天候に恵まれず、秋薔薇の撮影を断念して
いつもと違うコースで廻り始めた経緯は前述のとおりです。

先ず、母と子の森を目指して歩き始めて目についた大樹。
5c56x77y143t84img_6315
周辺の木々が紅葉して、赤や黄色に色付いている中
茶色の葉は異彩を放っています。
アレは何かねぇ・・・と思いながら母と子の森に踏み入れた。

その私の眼前に現われた大樹。
これだったか!?
3c193x175y84img_6601

近付くと実がなっているけど何の樹だ?
7c120x166y118t70img_6317
花や樹木に知識が無い私には皆目見当がつきません。

5c95x115y70img_6318

7c212x199y135t84img_6332
秋、枝が鳥の羽根のように落葉するので
落羽松(ラクウショウ)と名付けられている。
名前に松が用いられているがスギ科の落葉針葉樹。
この写真に、僅かに緑の枝を残しているが
紅葉の美しさと相まって、よく植樹されるという。

7c88x101y134t70img_6325
よく見ると、樹の廻りに奇妙なモノがある。
ナンじゃ!! コリャ!?

    更につづく

|

« どうでも、よいことだが。 | トップページ | 母と子の森にて、気根。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうでも、よいことだが。 | トップページ | 母と子の森にて、気根。 »