« その時そこに行く | トップページ | ガマン我慢のレンズ修行 »

2017年10月 2日 (月)

目クソ鼻クソを笑う,

安倍内閣総理大臣が伝家の宝刀を抜いた。
衆議院の解散である。
自民党内には、衆議院解散の時期に非ずの声もあった。
メディアは、自民党総裁の賭けだというが
安倍総裁自身は、今こそ解散の時期と読んだ。

マスコミ報道に接していれば先刻承知の通り。
都民ファーストの会で東京都議会議員選挙に圧勝した
小池東京都知事が、国政を担うべく希望の党を創設。
自民党内を大いに慌てさせた。

さらに、民進党の前原代表が、
同党の希望の党との合同を独断即決するに至り
民進党に衝撃が走るだけでなく、
与野党それぞれにも大きな衝撃が走った。
何よりも寝耳に水の民進党議員のショックはいかばかりか?
世間知らずのお坊ちゃまが、老練な女寝技師に寝取られた。

その報に接した安倍総理は
選挙に勝つだけが目的の合同と酷評した。
いわゆる大儀なき解散を専断した事態を棚にあげ
勝手極まる屁理屈である。
その屁理屈によれば、今が国難のときであると主張する。
国難なればこそ、解散などと国会議員には最大のお祭騒ぎである
選挙に現を抜かしている場合ではなかろう!?
安倍首相は、現内閣の組閣後、この内閣は仕事人内閣と明言した。
ならば国難に仕事をせずして、どこが仕事人内閣か!?
マッタク!目クソ鼻クソに遠く及ばぬ下卑た屁理屈。

一方、民進党は全面的に希望の党への合同を
議員総会で満場一致で決議したが、その翌日。
小池都知事は、民進党議員全員の受け入れを拒否。
政治理念を違とする議員との合同はあり得ないと・・・
しかし、その事態は排除の論理と呼ばれる思想浄化だ。
減殺権に取って代わる勢力を構成する目標の下に
利する勢力は取り込み、反する勢力は排除する。
特に、憲法改作を目論む小池にとって目障りな
リベラル勢力を、国政から葬る。
まさに一石三鳥の妙手である。

二階に上がって梯子を外された形の民進党リベラル勢力は
新党設立などを視野に入れているようだが
安倍、小池と変わらず、議席維持に躍起になっている様は
否めないところだろう。
さて、今回の総選挙は何を基準に投票すれば佳いやら・・・

巷間、小池が都知事を辞して衆院議員選挙に出馬する。
そんな憶測も流れているが、都知事就任から一年足らず
女寝業師が為した都政の業績や如何に!?
東京都中央卸売市場の豊洲移転に待ったをかけ、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに異議を唱えた。
その結果はどうなったのか?
単にイチャモンをつけただけに終わり、何の成果もない。
そんな自分ファーストの小池に、
我が国の舵取りを任せるわけにはいかない。

|

« その時そこに行く | トップページ | ガマン我慢のレンズ修行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その時そこに行く | トップページ | ガマン我慢のレンズ修行 »