« 屋上庭園に憩う ~GINZA SIX〜 | トップページ | 目クソ鼻クソを笑う, »

2017年9月24日 (日)

その時そこに行く

報道カメラマンが、「決定的瞬間」をカメラに納めるには
偶然に頼っていては出会う機会は稀といえましょう。
ベトナム戦争を取材した写真家・沢田教一氏は、
所属したUPI通信社の情報と、彼の個人的な情報網
(彼はフリーメイソンの一員ともいわれる)を駆使して
常に最前線に居続けることができた、との説があります。
どこの戦闘にも必ず沢田が居る
ジャーナリスト仲間から驚嘆された彼の行動力は
彼に数々の「決定的瞬間」をもたらしました。

彼の仲間であるカメラマン達は、彼に忠告したという。
アブナイからズームを使え と。
沢田カメラマンは、仲間の助言に聞くを持たなかった。
彼は単焦点レンズを装着したライカで撮影対象に迫った。
その折り折、危険が伴う撮影は珍しくはなかっただろう。

7c210x201y10r109t183t90img_5570
沢田カメラマンがピューリッツァー賞を受賞した安全への逃避
この時、彼のライカには135mmのレンズが装着されていた。
撮影地の危険度を考えると、決して長い焦点距離ではない。
ズームレンズを使わず、単焦点レンズで撮影対象に迫る。
このことは自らが撮影対象に近づくことであり、
撮影対象と同じ場所に立つことによって真実に迫る。
その時そこに行く
これこそ写真家としての勇気と誇りの表れではないか?

写真家が、「決定的瞬間」を撮影するには
偶然に頼らず、緻密な計画も欠かせません。
例えば、自然を撮影対象とする場合を想定すると明白です。
昇る朝日、沈む夕陽、あるいは水や大気が織り成す絶景は
限られた時間、限られた場所でしか撮影出来ません。
「絶景」を撮れる瞬間を事前に精査して、その場に臨むことが
「決定的瞬間」を撮り得る重要な要因となります。
その時そこに行く
これは時空間の問題。

さりとて、その場に居れば「決定的瞬間」をモノに出来るか?
写真家・荒木経惟氏はズーミングを断罪する。

 ズーミングっていうのは、ホントいけないんだよ。
 ズーズーって写真しか写んないだよ。
(中略)
 写真に関係性っうものが写らないようにしたのはズームだね。
 あんな横着なのはいけないよ~。

  集英社新書:「天才アラーキー 写真ノ方法」から抜粋

撮影対象にカメラで迫るには、まずレンズを決めてこそ
撮影対象との関係性を築きあげらことが可能になる。
それが撮影対象と向き合う基本だと.・・・
吾が耳に痛い指摘であります。
私は、ほぼ100%ズームで撮る。
天才アラーキーの指摘を待つまでもなく、
撮影教本では構図を勉強するなら、まず、単焦点レンズで学べ。
被写体に迫り、構図を学ぶなら自ら動け! が撮影の基礎と説く。
しかし、天才は凡才に救いの手を差し伸べてくださる。

 旅行なんかにカメラ一台、ズームがあればいいって、
 便利なようだけど、これは安易な考えですよ。
 自分が被写体に対するレンズを決められないってことだからね。
 考え方が決っていない。
 考え方が決っていれば、パッと「ハイ、ライカ35ミリ!」一本とかでいい。
 そうでなきゃダメよ。
 そうでなきゃ、写真に対してまだまだダメだっつうこと。
 写真家としてダメなんだよ!

  集英社新書:「天才アラーキー 写真ノ方法」から抜粋
アッ!? 吾は写真家に非ず。
つうことは今のままでもいいのですね? 天才先生!

天才アラーキーは断言する。
被写体に、自分が近づいたり離れたり、それが写真の真髄だと。
その時そこに行く

|

« 屋上庭園に憩う ~GINZA SIX〜 | トップページ | 目クソ鼻クソを笑う, »

コメント

「その時そこに行く」、
カメラマンの立ち位置としての絶対表現
良いですね~
このところ、最近仕込んだ『4Kビデオ』絡みの
ビデオ編集にのめりこんでいまして
落ち着かない状況ですが、
今一度、足元を固める意味で
この格言を実行したいものですね!

投稿: 川崎アップル | 2017年9月25日 (月) 22時21分

私の常の撮影対象は、多少離れても画角に納まらず
近付いても狙いのクローズアップ効果は得られません。
結果、望遠や広角レンズを頼りにしてしまいます。
そこで近頃、ズームレンズの焦点距離を一点に固定し
単焦点レンズのように使っています。
遅まきながら「撮影のお勉強」です。

投稿: 店主(kattu) | 2017年9月27日 (水) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋上庭園に憩う ~GINZA SIX〜 | トップページ | 目クソ鼻クソを笑う, »