« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月17日 (日)

屋上庭園に憩う ~GINZA SIX

百貨店業界の業績不振が囁かれてから久しいものがあります。
首都圏でも店舗を閉鎖する事態になっています。
中でも2013年に松坂屋銀座店が閉鎖したのは驚きでした。

その松坂屋銀座店跡を再開発して、今年6月にオープンした
銀座シックス(G SIX)の屋上庭園を訪れました。
高い建物が少ない銀座で、13階の上にある屋上からは
四辺を見渡すことができ、気分がよいとは知人の推薦です。
3c202x176y86img_5743

屋上へは直接エレベーターであがれますが
13階から階段であがるのも一興かと思います。
3c22x50y76img_5706_2

階段をあがると直ぐカフェで寛ぐ人々と出会います。
カフェの丁度は白で統一されており、それが銀座の洗練。
7c175x236y86img_5752

庭園の中央は自由に遊べるようになっています。
5c207x223y86img_5711
芝の奥には水で遊べる区画があります。
(芝は養生中のため来春あたりまでは立入禁止)

3c60x71y86img_5718
その周囲を観葉植物などが囲みます。

5c195x216y86img_5720
カフェのテーブル席はユッタリしています。
無理に詰め込まないのも銀座の粋ですかね。

7c195x226y86img_5759
銀座にあって、人工ながら緑の庭園と触れ合える
軽く酒を飲むこともでき、買い物の合間にひと息。

86img_5750
この日、9月にして30℃。
水と戯れるには絶好の日和で、
大人も子供も歓んで水の感触を思い出していました。

11c14x39y86img_5754
同じように座り込んでしまった幼児が居ましたが
さて、帰りはどうするのでしょうね?
アッ! 下の階では衣服の調達に不自由しません。
上手いな銀座シックス。
で、この水を冬はどうする?
温泉掛け流し? それともスケートリンク?

58c61x88y86img_5760
銀座のママ友

11c179x214y86img_5762
30℃とはいえ、影の長さに季節の移ろいを感じます。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

東京MONOかたり  ~交差点~

東京都千代田区銀座
銀座一丁目から八丁目までの通称・銀座通りの中央通りと
晴海通りが交わる、銀座四丁目交差点。
ここは銀座の中心地であり、東京の中心地でもあります。
地理上の中心点や政治・行政・金融・文化などの分野で
中心地たる場所はありましょうが、
東京の顔となれば銀座が最右翼ではありますまいか?

銀座・ハトバス
井上陽水の作品に、こうした光景が盛り込まれていました。
5c31x52y72img_5661

象徴
物心ついた頃から、銀座の象徴として画像や映像で
度重なり観てきた光景です。
7c23x45y72img_5599

陽だまりで・・・
モダンボーイ・モダンガールまで遡ることなく
昭和中期に銀ブラでランデブーしたお二人か?
3c20x41y72img_5609

銀チャリ
5c17x57y72img_5614

偽モノ
一瞬、ブルース ブラザーズかと思ったがハゲはないな。
2c44x65y84img_5660_2
和光のショーウィンドウと、三越の前は待ち合わせの定番。

地価イチ
日本一地価が高い一角。
3c1543x196y72img_5664

お見送り
5c105x1312y84img_5615_2
お客様を丁寧に見送る老舗の作法。

銀座四丁目交差点
歩行者天国の日曜日、いつもより賑わっています。
3c38x50y84img_5783_2

| | コメント (2)

2017年9月 9日 (土)

女子プロゴルファーはストリップ嬢か?

新聞の投稿欄には様々な意見投稿があります。
一つの投稿があれば、それに関する投稿が載ったりします。
そこで違和感を覚えるのは、初めの論旨と食い違う論旨。
およそ論旨が異なる投稿が載ることがあります。
新聞社の編集者は、それらの投稿の違いを解しているのか!?
そんな訝しい思いを抱く意見の採用がある。
初めの投稿は東を見て投稿し、かえす投稿は北を向いている。
そんな方向違いの論争を紙上で展開する不毛な「論戦」である。

さて、今日の本題。
プロ女子ゴルフ選手の服装論議であります。
20代女性の投稿者は、彼女たちの服装に不快感を表して投稿。
その投稿に対して、肯定的な意見を投稿した高齢者が居る。
世代間格差の問題ではないのだけれどね。

女子ゴルフ大会を見れば、下着が見えそうな短いスカート。
フォロースルーで臍が見える短い上下の服装。
同性の女性から見ても不自然な、
扇情的(筆者加筆)な服装はいかがなものか?
が、最初の投稿者の論旨である。

安っぽい民主主義を標榜する輩は、常に自由を叫ぶ。
が、ある種の規範を逸脱した自由」は「犯罪」である。
かくなる投稿に「自由」を標榜して反論する愚者の多いことよ。

ゴルフ競技規範(ルール)に服装の規定は無いという。
しかし、本来が紳士のスポーツであるゴルフには、
それぞれのゴルフ倶楽部の厳格な「規定」があるという。
それらの規定には、女子の短いスカートや、
臍だしウェアーへの記述は無いだろう。
なぜならゴルフは本来紳士のスポーツであり
フェアウェーは上流階級の社交の場であったのだから・・・
故に女子がゴルフを為すときに勝手気侭な服装は許されまい。

一方で、昨今のスポーツウェアのメーカー主導で
男女とも露出度が多いゴルフウェアーが主流になりつつある?
古くからの規範を護ろうとえうる旧主派とすれば
利益優先のマーカーがグリーン上で凌ぎを削っている図か?

こうした流れに、米国女子ゴルフ協会(LPGA)は、
同協会主催の大会での服装規定(ドレスコード)を発表し
個々の選手に通達した。
それによれば我が国では、露出度が多い韓国のA選手に
すずなりのごとくゾロゾロ従う光景はご法度と成る。
この通達に違反すれば100ドルの罰金が課せられる。

しかし、この国の政治化のように、
米国追随の腰砕け政治家と違い
我が国の女子ゴルフ協会(LPGA)は独自路線で骨太だ。
まぁ、そうだわなぁ。
各々の公式大会で、何千人規模のギャラリーが居ようと
その大会のスポンサー様の意向が臍出しルックにあれば
ギャラリーの入場収入はカス!
お色気女子ゴルファーの存在を否とは言えますまい。

若い女子の肌を見たい俄かゴルフファンの男達よ。
それほど若い女子の肌が恋詩ければストリップ劇場に行け!
もしかすると、生ホールインワンショウに参加できるかも、ヨ。
仮に、その場に居合わせて もお静かに!  お静かに!

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

故郷の甘み懐かしトウモロコシ

北海道の実家から、
実際には老母が住む敷地に居る姉から季節の便り。
北海道では夏から秋にかけ、季節の味覚であるトウモロコシ。
ジャガイモ、カボチャ、トウモロコシと、
吾が子供の頃は、単に空腹を満たす食い物であった。

トウモロコシも品種改良が為された故か
少なめの塩で茹でる、と説明文にある。
4c162x195y136t70img_1369_2

| | コメント (0)

その時そこに居る

この夏、写真展を頻繁に訪れました。
7月、東京都写真美術館で世界報道写真展2017
3c37x60y5r142t72img_5564

3c46x68y114t72img_5579
左下の写真は人々の部 単写真1位となったものです。
写っている少女は5歳。
IS(イスラム国)の恐怖を味わって故郷から逃避して来た。
私には夢がない。もう何も怖いものはない。
そう静かに語ったという。 
その説明無くしても、少女の瞳には絶望しか見られない。

世界報道写真展2017を訪れた東京都写真美術館で
次の開催予告を見た荒木経惟氏の写真展
センチメンタルな旅1970-2017-
5c42x79y144t72img_5562

同時に、東京オペラシティ アートギャラりーで
荒木経惟 写狂老人A
3c201x233y5r141t72img_5556 



荒木経惟写真展の狭間で、沢田教一展 -その視線の先に
5c191x210y5r135t72img_5566


報道カメラマンより、写真家と位置づけられる故・沢田教一氏。
UPI通信社の記者として1965年から
ベトナム戦争を米軍に同行して取材した。
常に最前線に身を置き続け、ジャーナリスト仲間から
どこの戦闘にも必ず沢田が居る と感嘆されたという。
彼が最前線に立ち続けられたのは
UPI通信社の後ろ盾はもとより、彼自身の人脈もあったという。

7c210x201y10r109t183t90img_5570 トリミングあり
沢田教一の名を世界に轟かせた1965年撮影の1枚。
安全への逃避
この年、ハーグ世界報道写真展大賞とニュース部門1位を受賞。
1966年には日本人写真家として報道写真部門で
2人目のピューリッアー賞受賞者となる。
また、アメリカ海外記者クラブ賞1位も重ねて受賞している。

ハーグ世界報道写真展大賞では翌年、
ベトコンの女性兵士を両脇から抱えて連行する米兵を撮った
敵を連れてが同賞の2位となり、
死んだベトコン兵士を、戦車で戦果と見せしめとして曳く
写真が同賞の1位を受賞しています。

沢田教一氏は、なぜ過酷な戦いの最前線に立ち続けられたか?
そして、世界から賞賛される写真を撮り続けることが出来たか?
その時そこに居る
これは報道写真家に欠かせない要諦であります。
それは計って果たせることもあり、僥倖によることも否めない。

問題は、同じ場所で同じように撮影しながら、
世界の賞賛を浴びる写真を撮れたカメラマンと
賞賛されなかったカメラマンの違いにあると思います。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ