« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

天才の写真展 ~火の章~

荒木経惟こと、天才写真家アラーキーの写真展
荒木経惟 写狂老人 を観た。

今、東京都内では恵比寿の東京都写真美術館でも
荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017- が開催中

7c74x118y84img_5374

実は、先にセンチメンタルな旅 1971-2017- を観賞済み。
会期末は前者が9月3日、後者が9月24日ですから
前者から観ておくのが無難な選択のようですが
写真家の作品歴を考えると後者を優先せざるを得ません。
センチメンタルな旅 1971-2017- については後述します。

写狂老人A展は、御歳77歳にして写真家としては益々盛ん。
あの葛飾北斎が70代半ばにして 画狂老人卍 と号した。
それに因み、自ら号した 写狂老人A であるとか・・・

写真展は9つのコーナーから成り立っています。
天才写真家の、これまでの足跡と、現在進行形の作品群。

入口に居並ぶ作品群は大光画
天才がライフワークとして撮り続ける人妻エロスシリーズ
ありのままの自分を見つめてほしいという、人妻たちの
強い欲望を受け止めてカメラに収めた作品群だ。

I15c13x50y178t84mg_5369

シロウトの、多少カメラを齧った輩が、己がパートナーに
綺麗なベベ着せ、化粧をさせ、気取った仕種と表情を
鼻高々に披露する醜悪さなど、全く眼中に無く
生と性を真っ向から取りきった写真の数々。


次のコーナーは空百景花百景
花百景は、伊藤若冲の百花図に触発された作品群とか。
15c23x80y84img_5382

空百景は
愛妻の陽子さんの死後、延々と撮り続けた題材でもあります。
白と黒だけで表現される世界から何を読み取るか?
13c30x67y84img_5380

写狂老人A日記 2017.7.7
7月7日は、亡き愛妻の陽子さんとの結婚記念日。
その日付を持った「日記」の数々。
現在と、明日を見据えた天才写真家の眼が冴える。
13c15x42y84img_5438

八百屋のおじさん
天才が活動初期に興味をひかれた
銀座の八百屋のおじさんを撮り続け
スクラップブックにまとめるという表現形式のもの。
オリジナルを複写してスライド・ショーにして見せている。
7c189x166y153t84img_5403

非日常
デジタルカメラが捕らえた日常の風景を、
3面スクリーンに映し出している作品群。
これも非日常か?
9c177x212t143t84img_5421

ポラノグラフィテー
ポラロイドカメラで撮影された作品群。
今を撮る即効性と、刹那性は天才が好む表現方式という。
11c25x63y173t84img_5409

遊園の女
その場から逃れられない遊女を
女衒としての天才が捕らえる場面をイメージしているそうだ。
鮮烈な色彩感が、海外で高く評価されている。
19c113x154y162t84img_5452

切実
1枚の写真を切り裂き、他の1枚とあわせるコラージュ作品群。
「写真は切なく、真実を切る」という意味が込められています。
11c29x51y144t84img_5495

天才写真家の作品展。
興味のある方は急いでご覧ください。
9月3日(日)まで。
因みに、この写真展では作品の撮影が認められています。
13c33x46y151t84img_5462

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

レンゲショウマ 〜マクロ〜

秘境とはいわず、さりとて道端に咲くでもなし。
高山植物ほどの高地は好まず、
そこそこの高地で木陰にあって楚々と咲くレンゲショウマ。
何故か応援したくなる花です。
今回はマクロレンズで撮ったレンゲショウマです。

5c62x46y90img_8914

5c120x141y138t72img_8898

7c106x109y90img_8929

11c61x68y154t90img_9015_2

5c192x205y90img_8937

5c198x182y129t90img_8997_2

3c193x176y147t90img_8934_2
蜂と花の対比で、花の大きさが理解できましょうか?

11c221x198y134t90img_9004  
余談ですが、蜂と花の対比を思えば、
蟻の小ささが推し測れましょう。
これほど小さい命ですが、蟻の生態は受け継いでいます。
自然の神秘とでも申しましょうか?

5c53x66y142t90img_8872

3c199x177y131t90img_8865
珍しく下向きではなく、横向きのレンゲショウマです。

9c165x169y90img_8895

恥ずかしながら、記事と写真の掲載に不手際がありましたので訂正しました。

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

東京MONOかたり  ~横丁~

日頃から見知っている東京の一隅を
モノクロ写真で撮影してみます。
さて、写真は何かを語ってくれるでしょうか?

新宿駅は我が国最大のターミナル駅です。
JR東日本は、在来線の山手線や中央線、総武線に加え
埼玉方面や、神奈川方面に走る中距離線の始発駅。
山梨県から長野県に伸びる長距離線も発着します。

古くから新宿を始発とする私鉄に小田急、京王があり、
東京メトロの丸の内線と、都営地下鉄2線の駅があります。
少し離れた西武線の起点でもある巨大なターミナル駅です。

新宿はJRの線路を堺に、東と西では異なる風土を持ちます。
東側には、我が国最大の歓楽街である歌舞伎町を擁し、
西側には高層ビルが立ち並ぶ新宿摩天楼があります。

新宿駅の西口にに直接乗り入れている私鉄は、
京王電鉄と小田急電鉄で、その双方が百貨店を設けています。
5c20x41y84img_5259

ここから目を左に転じること100m程か
昭和の薫りを漂わせる一角があります。
雑然とした新宿の中にあても、駅の間近とは思えない
特異な空間が存在します。

そもそも、駅前再開発だかナンだかしらないが、
バブル期の攻勢を凌いで生きのびたような一角で、
中でも、この横丁は異彩を放っています。
3c181x200y158t847img_5230

東新宿には、新宿ゴールデン街という有名な街があります。
嘗ては文化や芸術、あるいは思想の中枢や前衛が集い、
激論を交わし、拳を交わらせた伝説の呑み屋街も
近頃は新しい店舗が出現して、様変わりしているとか。

しかし、この横丁は日常的に呑み喰いする処です。
5c5x30y84img_5234
焼き鳥、モツ焼きなどの店が目立ちます。

3c21x37y156t64img_5231
女性が気軽に出入りしています。

11c84img_5233

3c17x27y84img_5237
食事処でも昼日中から酒を呑む客を見かけます。

3c151x133y39r159t64img_5242

5c10x28y84img_5235
背中合わせに、JR線に沿った飲食店が並んでいますが
この雰囲気はありません。

5c29x47y84img_5244

5c19x36y84img_5250
通り抜けると新宿大ガード。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

去年の夏 ~レンゲショウマ~

レンゲショウマの群生地を訪れたのは丁度一年前。
何を今更の公開かと疑問を抱いておられるかと存じます。
その理由は不遜にも
狙った出来上がりの写真を撮れなかった、という思いあがり。

今年こそは!、の意気込みで写真を見直すと
これを越える写真を撮れるか? これが自分の実力だな。
己の実力を確認した上で、脱力感いっぱいの写真公開です。

7c195x178y150t90img_9032
3万平方メートルに、5万株のレンゲショウマが咲く群生地。
周囲の人々の声に耳を傾けると
先週が一番の見頃だったとか・・・

3c59x79y148t90img_8750

3c136x123y138t90img_8856
レンゲショウマの名前の由来のひとつ
葉がサラシナショウマに似ているといわれています。

3c160x143y144t90img_8741

11c152t90img_8764

5c143t90img_8802
初めてレンゲショウマの写真を見たとき
流氷の天使と呼ばれるクリオネを想起しました。

7c48x56y90img_8817
このシリーズの締めは、マクロ撮影の写真とします。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

梅干し、愛し。

盛夏、クールビズなどと
室内温度を上げ、地球温暖化に歯止めを掛けるワル足掻き。

通勤地獄を知らず、専用車で登庁し、
ソコソコ冷房が効いた執務室でスーツをお召しで執務される
かのファースト知事には知る由もない。
炎天下、または空調の無い職場で働く労働者には
垂涎の職場であります。

空調と無縁な職場では、水分補給は欠かせません。
でも、それだけでは足りません。
スポーツ飲料にはカロリー摂取が過剰になるものもあるとか・・・
この時期に必要なのは糖分ではなく、塩分です。
その所為か、近頃、私の身体が求めるのは梅干しです。

先人の智恵とは申しますが、すこぶる優れた食品です。
いつも以上に身体が梅干しを求めている故の梅干し愛し。
暫くは、この素朴な食品との付き合いが欠かせませんが
諸兄にもオススメいたします。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

去年の夏  ~朝露~

奥多摩山系に囲まれた御岳山(標高929m)に登るには
前掲のケーブルカーを利用するのが楽です。
その山頂駅の御岳山駅(標高831m)から、
更に2分リフトで登ると、漸くレンゲショウマと出会えます。

レンゲショウマの群生地に着いたのは正午でしたが
まだ朝霧のなごりが残っていました。
5c46x67y96img_8738

そして、辺りに朝露を見ることができます。
141t96img_8956
緑の中に一点の紅色が鮮烈でした。

9c84x111y146t96img_8841

3c222x213y145t96img_8966
小さいレンゲショウマの花にも露が下りています。

7c214x188y144t96img_8908

5c62x81y143t96img_8991
マクロレンズが捉えた小さな世界。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »