« 理不尽 | トップページ | 初音 »

2017年7月17日 (月)

世界報道写真展2017

世界中のプロ報道カメラマンが、己の作品を問う
世界報道写真展20107
東京・恵比寿の東京都写真美術館に訪れました。
3c22x211y100t68img_5071

毎年ではないものの、関心を寄せる写真展です。
そこを訪れるたびに思うのは
この地球上で繰り返される戦闘の如何に多いことか。
その写真に写し撮られた人々は
生と死の狭間にある惨状をあらわす姿が多く
目を背けてはいけないと思いながら素通りする吾がいいます。

報道カメラマンに、常に問われる命題に
目の前の事象にシャッターを押すか?、カメラを捨てるか?
があると思います。
目の前で溺れそうになっている人に救命道具を投げるか
流される様を撮り続けるか。
どちらもカメラマンとして、人としての心象風景なのでしょうが
人としてある筈と思う我が身に降りかかると
さもしくも携帯カメラを向ける自分を想像して震撼とします。

写真展を観て、表に出るとシュールな風景に出会います。
写真美術館ならではの風景です。

4c63x44y84img_5011

3c31x44y227x212y151t84img_5014

この日、電車の中でも浴衣姿の男女を見かけました。」
3c181x158y157t84img_5017

3c30x45y155t84img_5021

こちら、美術館内の一角。
ここに来るとモノクロで撮りたくなります。
1c44x52y68img_5006

 一部の写真を削除し、新たに追加しました。

|

« 理不尽 | トップページ | 初音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理不尽 | トップページ | 初音 »