« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月20日 (火)

紫陽花の切り花

お馴染み、ご近所の古刹に紫陽花を撮りに行く。
裏山に入る前、切り花の紫陽花をマクロレンズで撮る。
屋内なので花が風に揺らされる心配もなく
落ち着いて撮ることが出来る。
仮に、出来の悪い写真があれば撮影者の技量不足なり。

5c216x203y141t84img_4419
お多福とかなんとか、そんな名前でしたかね?

7c42x51y84img_4426
特に論評なし、フツーの紫陽花。

3c162x146y84img_4412

1c54x35y142t84img_4423
墨を思わせる色合いは、紫陽花には珍しい。

5c143x131y155t84img_4409
私が好きなヤマアジサイの紅。
花の咲き初めから次第に色を濃くして、最期は深紅に変わる。
人の、特に女性の人生を見る思いがします。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

馬勝負から花菖蒲

話題を替えます。
六月、旬の花といえば花菖蒲(菖蒲、杜若を含む)と、紫陽花。
先ずは花菖蒲からご紹介と参ります。
処は小石川後楽園。
水戸徳川家の中屋敷に、二代藩主の光圀が完成させた
回遊式築山泉水庭園で、この時期は花菖蒲が見事です。

今年、三月の染井吉野、五月の春薔薇と早目の撮影で
この花菖蒲も少し早目の開花間もない頃の撮影です。
3c59x86y84img_4177
花菖蒲としては代表的な色ですね。

5c153x149y84img_4229
白を基調に華やかな色合い。

5c96x121y84img_4172
ピンクの花菖蒲は珍しく思いました。

233x223y167t84img_4205
開花直後のようです。
番いの鳥を想わせる形が面白くシャッターを切る。

3c195x212y84img_4157
訪れた日、この色味の花が多く見られた。

7c190x204y84img_4092
まだ蕾みが目立ちますが
むしろ適度な透き間が出来ており
引いた撮影サイズでは花の判別がついてよかった。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

今更ながらの日本ダービー

第84回日本ダービーから2週間。
今更その話題を持ち出して誰が振り向きましょうか?
レースを振り返るならネット上で動画を検索すれば済みます。
それでも尚、レースの写真を公開する、そのココロは?
早い話しが写真をひけらかすのが目的で
誠にもって卑しい根性です。

日本ダービーの観客数を大掴みで15万人といわれますが
この日の観客数は11万人余りと少な目でした。
5月末ながら午前中の強い陽射しは
競馬ファンの東京競馬場へ向わせる熱意を削いだかもしれません。

優勝したクリストフ・ルメール騎手は
スタートから300m辺りでスローペースと判断して
先行すると決めたと語っていました。
5c191x173y151t84img_3950
丁度この辺りでしょうか。
後方から5番手に位置をとっています。

先ず正面スタンド前を通過します。
5c84img_3953
先頭は終盤まで先を行く3番のマイスタイル(4着)。
7番のアルアインは粘って5着に入りました。
12番、優勝したレイデオロは内から外に出して左端。

3c145t84img_3957
8番トラストはゼッケン番号と同じ8着でゴール。
2着に入った4番スワーヴリチャードはゴール板前に居ます。

向こう正面でレイデオロは後方から5番手に居ますが
ファインダーを覗いていても分かるスパートをかけます。
5c218x195y152t84img_3966

5c222x196y128t84img_3967
既に、この時点で2番手まで上がってきました。

5c217x206y167t84img_3980
12番レイデオロが先頭に立ちます。
4番スワーヴリチャードも猛追します。
中盤外から18番アドミラブル(3着)もスパート。

レイデオロがスワーヴリチャードを1馬身離します。
5c84img_3989

3c219x197y150t150t160t84img_3990
レイデオロがゴール前を駆け抜けます。

3c32x36y149t84img_3994
18番の内に、5着7番のアルアイン。
そのまた内が6着1番のダンビュライト。
11番、7着のペルシアンナイト。
そして8番8着のトラストと続きます。

3c29x36y140t84img_4010
勝って誇らしげなレイデオロ。
スタンドからの声援に応えるルメール騎手。

5c207x189y155t84img_4020
表彰式の準備が始まりました。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

儀式 ~日本ダービー~

初めて東京競馬場を訪れて感じたのは、広い!!
スタンドから肉眼でレース全体を眺めるのは無理だと察します。
レースを克明に眺めるのならテレビ実況などの方が確かです。

そうした事情を補うのが場内に設置された大型の映像スクリーン。
東京競馬賞ではターフビジョンと呼ばれる2651型のスクリーンが
正面スタンド前に2基設えられており、
屋内にも大型スクリーンのフジビュースタンドがあります。
買った馬券の結果に執心する「競馬のプロ」は
専ら、これらの映像スクリーンでレース結果を把握するようです。

7c204x189y187t84img_3936
そのターフビジョンに映しだされた4人の男女は
日本中央競馬会(JRA)の年間プロモーション
HOT HOLIDAYS! に出演している俳優さんたちで
レース後の表彰式にも登場されます。

164x175y148t847img_3941
このターフビジョンは、幅が66.4m 高さが11.2mあるようです。
目の前のレースや、他の競馬場のレースを映し出したり
オッズなどの情報を観客に提供する役目を負っています。

5c215x197y155t84img_3937
日本ダービーなどの大きなレース前には
君が代が唄われることが習わしのようです。
この日は、岡本知高さんによる君が代独唱が披露されました。

レース前の儀式には、華やかさと厳粛さが漂いますが
レース後の儀式には誇らしさと歓びが溢れます。
3c194x164y149t84img_4027_2
優勝馬にも勝った実感があるのでしょうね。


7c201x177y166t84img_4024_2
ダービー馬レイデオロに関わった人たちの記念撮影。
これでも代表者の皆さんと思われます。

3c208x189y145t84img_4034
馬主、調教師、騎手など主だった関係者の表彰。
ゲストからの花束贈呈。

5c237x206y144t84img_4050
馬主などの関係者と、ゲストとの記念撮影。

さて、刻はレース前に遡ります。
出走ゲートが馬場に引き出され
いよいよ競馬の祭典、第84回日本ダービーの出走です。
9c211x163y157t84img_3934

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ