« 深緑の北国 | トップページ | 故郷の大地を見る »

2017年5月21日 (日)

見慣れた風景なれど

以前は数年ごとにしか帰らなかった実家ですが
父が亡くなり、母が老いてからは訪れる間隔が短くなっています。
これまでは亡父の法事や、母の誕生祝いなどで帰省することが多く
2月か3月の雪に覆われた故郷の写真が多くなっていました。
久々に緑が色濃い季節の風景は、我が事ながら新鮮に映ります。

実家から程近い公園は、何年も前から様変わりしています。
車両の乗り入れが禁止されたことで、歩行者が安心して歩けます。
7c59x67y160t84img_3701

4c189x202y156t84img_3710
この入口を入った右手にはパークゴルフ場がありました。
北国らしい白樺並木に接した広い施設です。

3c191x170y156t84img_3704
パークゴルフ場の手前には、煉瓦造りの小屋があります。
前回に紹介した芝生だけの広場は
昭和末期まで刑務所だった跡地ですが
この小屋は、それを遡る明治期末期に造られた石油庫です。

5c200x182y158t84img_3734
奥に見えるステージは、私が知らない施設ですが
ここからの眺めは懐かしい。
この左手には売店があり、ボートを貸し出しています。
小遣いを持たない子どもでも、半日は遊べる楽天地です。

3c207x146y68img_3736
池があるところから、一歩丘陵部に踏み入れると
里山と呼ぶには少々小さい丘ですが
野鳥や小動物には恰好の棲み家であるようです。

5c224x188y84img_3738
百歳の鐘は地元の歴史を語り継ぎます。

|

« 深緑の北国 | トップページ | 故郷の大地を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深緑の北国 | トップページ | 故郷の大地を見る »