« モナコ公妃の面影を追う3本のレンズ | トップページ | 見慣れた風景なれど »

2017年5月19日 (金)

深緑の北国

暫くの間、店を放置して出かけておりました。
行き先は北国。

桜は散り、一気に深緑の世界が拡がっています。
そこここに見られる空き地では、
黄色い蒲公英が数知れないほど咲きほこり
雑草の緑色と、蒲公英の黄色が対照的な眺めでした。

7c222x1787y84img_3671
実家近くの遊歩道は、これまで何度か紹介しています。
冬の風景が多かったと思います。
こうした眺めは新鮮に映るのではないでしょうか。

7c224x183y84img_3675
遊歩道に隣接するホテルの庭。
時にはエゾリスの姿を見ることができます。

7c216x196y84img_3700
ただただ広いだけの芝生。
昭和の時代まで法務省の矯正施設(早い話しが刑務所)の跡地です。
何もない芝生として存在しえるのは広い大地のお陰か?

3c216x151y84img_3716
白樺並木は典型的な北国の眺めです。
先の芝生の隣りで、公園に続く一本道。

9c207x167y84img_3730
一本道の先にある公園。
子ども向けの遊戯施設が僅かにありますが
大人も遊べるのは貸しボートくらいしかありません。

5c202x158y84img_3735
右はボートを浮かべる池を望む「展望台」。
丘全体が手付かずを思わせる公園です。

|

« モナコ公妃の面影を追う3本のレンズ | トップページ | 見慣れた風景なれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モナコ公妃の面影を追う3本のレンズ | トップページ | 見慣れた風景なれど »