« 名前はナシだが、花も実もある。 | トップページ | 深緑の北国 »

2017年5月11日 (木)

モナコ公妃の面影を追う3本のレンズ

春薔薇の旬に先駆け訪れた新宿御苑。
これまでは、開花時期の中盤から終盤を狙っていました。
訪問時期を早めたことで、
これまで出会えなかった花とまみえられましたが
一方では、お馴染みさんとは蕾みの対面でした。

プリンセ・ ドゥ・モナコ
ハリウッド映画界で全盛を誇った女優が
欧州の大公の求めに応じ彼の妃となった。
まさにシンデレラ物語りの主役。
その淑女に捧げられた薔薇。
白とピンクは、かの国の国旗をイメージしているといわれるが
公妃のイメージとも重なる色彩であります。

ところが、一輪だけ咲いた花は向こうを向いています。
お妃様はチョットおカンムリ?
それでも無頼なパララッチは、無遠慮にカメラを向けます。

新宿御苑の薔薇園は、花と些か距離があります。
結果、従来の花の撮り方であるマクロ撮影が叶いません。
そこで撮った一枚がコレです。
84img_3069
Canon MACRO LENS  EF-S60mm F2.8 USH
F:7.1 1/500 焦点距離60mm



マクロ撮影の威力を発揮出来ないとき
これまで使っていたレンズで撮った画像がコレです。
84img_3210
Canon ZOOM LENS EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM
F:7.1 1/320 焦点距離135mm


昨年購入して、今年の梅や桜の撮影に力を発揮したレンズ。
84img_3406
TAMRON SP 70-300mm F:4.5-5.6 Di VC USD
F:5.6 1/250 焦点距離109mm

300mmまでの望遠レンズだと、かなり余裕の撮影が可能です。

  因みに、今回の画像は補正やトリミングなど
  私の画像では当然に施される処理は行っておりません。

|

« 名前はナシだが、花も実もある。 | トップページ | 深緑の北国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名前はナシだが、花も実もある。 | トップページ | 深緑の北国 »