« 梅まつり | トップページ | 日向で吊るし雛 »

2017年2月26日 (日)

鄙にて、吊るし雛を愛でる。

吊るし雛については
例年、ホテルで開催されているものを紹介してきました。
雛人形ですから、子供の健やかな成長を願うのもで
縁起ものや、子供をかたどったものが見られます。

今年は場所を替え、梅まつりを開催中の日本庭園に
吊るし雛を追いました。
ここは江戸時代の初期からある日本庭園で、
藁葺き屋根の民家の縁側に拡げられた趣きがありす。
5c214x179y143t84img_1835

5c122x138y68img_1841

やはり縁起物が目立ちます。
8x31x54y68img_1699

7c84img_1767

女児たちの雛祭りの様子を描いたものがありました。
5c180x153y160t84img_1771

3c157t68img_1823
鄙に相応しい素朴さが伝わってきます。

|

« 梅まつり | トップページ | 日向で吊るし雛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅まつり | トップページ | 日向で吊るし雛 »