« 高速バスターミナル | トップページ | 初咲き、河津桜。 »

2017年1月21日 (土)

嬉々として

昨年の正月、永年愛読してきた長編時代小説が完結。
大団円と悦ぶべきところですが、
私の心を襲った喪失感と寂寥感を拭い去る事が出来ません。
さらに、その前年(2015年11月)には、
もう一つの愛読書の作者が急逝されました。
そこら辺りの思いを綴って、早くも一年が過ぎました。
一度に二つの思い処を失い寂しさと悔しさの日々。
今風に表現すればなんちゃらロスです(フンッ!!)。

それが、昨年11月。
完結篇の作者氏がWEBサイトで、
旧作の主人公の嫡男が武者修行に出た以降を書くと公表。
作者いうところの、新作というか、第二部というか・・・
空也十番勝負なる新作の発行が知らされ、
今年の正月に第一巻(上下)が上梓の運びとなりました。
思わず、そうでなくっちゃ!! と膝を叩く。

彼の物語りでは、空也が母の胎内に命を宿した時から
その成長を見守って来た読者にとって
吾が子、吾が孫と等しい存在であります。
当時の16歳といえば、
武家では元服して大人の仲間入りしている年齢です。
しかし、父母の元を離れ、諸国を巡っての武者修行となれば
野辺に屍を晒すことも考えられます。
いつ、いずこで武芸者同士の尋常な勝負に臨み
その生涯を閉じようとも、最期の様子を知る術はありません。
そうした過酷な武者修行に旅立った空也の行く末を見ずして
自称の父母や爺婆は納得できるものではありません。

作者氏は、ご自身の年齢からいつまで書き続けられるかと
述べておられます。
それ故に十番勝負と区切りをつけられたか?
既に最初の勝負は決着がついています。
残す九番は密度の濃い勝負になることでしょう。

|

« 高速バスターミナル | トップページ | 初咲き、河津桜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/69305699

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉々として:

« 高速バスターミナル | トップページ | 初咲き、河津桜。 »