« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

横浜みなとみらい逢魔時(おうまがどき)

11月20日。
この日、横浜みなとみらい地区の日本丸メモリアルパークで
帆船日本丸の、総帆展帆(そうはんてんぱん)が行われました。
帆船日本丸の全ての帆を拡げ、たたむ行事です。

さて、帆を拡げる様は壮観であろう。
また、畳む際の細かな作業にも興味があります。
悩んだ挙句、時間の制約もあり、帆をたたむ作業を見ることに。
その様子は改めてご紹介します。

本日の一枚。
帆船日本丸を離れ、赤レンガ倉庫に向う道筋で
ふと見上げた西空に、私が大好きな飛行機雲・・・

165x173y84202_2

| | コメント (2)

2016年11月29日 (火)

失われた刻を取り戻します

Num Lock キー を押しても
Num Lock が解除されない問題は解決しました。
スマートフォンでネット検索して解決方法を探りましたが
結果は芳しくないものでした。
結局、メーカーのサポートの支援を受け、無事に復旧です。
サポートが支援した通りの画面にはなりませんでしたが
推測で操作して復旧できました。

写真データーの取り込みや編集も可能になり
仕切りなおしで画像のアップも可能になりました。
暫くの間、季節外れの画像がアップされますが
平に、ご容赦ねがいます。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

いま暫くの猶予を賜りたく

スマートフォンから投稿しています。
画像編集以外に、パソコンの問題が発生し
パソコンからの文字入力すら出来なくなっています。
何とか復旧すべく格闘中です。

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

言い訳、そして・・・

  拙ブログの更新が長く進んでおりません。
  その間、変わらず訪問くださる方が幾人かいらっしゃいます。
  誠にありがたく、心から感謝申し上げます。
  パソコンに画像を取り込んだり、編集ができない状態が続いています。
  そこで画像無しで可能な話題で御機嫌をうかがいます。

今更の話しではありませんが、世間に目を向けると問題山積。
国外では、紛争や内戦と名を偽った戦争が耐えません。
かの国の大統領選挙は、予想外の結果となり
今後の国際社会や、我が国への影響が危惧されています。
しかし、本日取り上げたいのは、自分にも関わりのある問題です。

高齢者が運転する交通事故が目立ちます。
事故による犠牲者が出ています。
こうした交通事故は都会で起きてでいます。
地方なれば公共交通から見放され
やもなく運転する高齢者が居ることは理解できます。
それが電車でもバスでも、利用可能な都会(首都圏)で起きた。

警察などでは、高齢者に免許返納を呼びかけているものの
実効は心もとないようです。
我が身に置き換えれば、老いを受け入れる事実に突き当たる。
運転免許の返納で、アイデンティティーを喪失しそうな恐れ。
己の老いを受け入れることへの抵抗感など理解できます。

それらの思惑を外れ、現実の不便さから運転をやめられない。
例えば日用品の買出しをする場合を想定してください。
近所にスーパーマーケットは商店街があればよいが・・・
自宅を離れて買い物に出掛けたとする。
両手に荷物を下げ、公共交通を待つ。
真夏の炎天下、真冬の寒風吹きすさぶ道端。
そうした都会でも起きうる不便さを体験したり想像したりすれば
クルマを手放せないのは、高齢者により多い傾向ではないか?
  (近年、スーパーをはじめ、買い物の宅配サービスはありますが)

私が乗っているクルマは、年が明ければ登録から19年が経ち
この10年余りは洗車すらしてやっていないポンコツ車です。
で、マニュアルミッション。
購入当時ですら「マニュアル車ですか!?」と、ディーラー。
両手でステアリングを握り、両足で交互にペダルを踏み込む。
左手でシフトレバーを操作する。
これこそがクルマを運転する醍醐味だと信じて疑わない。
私は、これら一連の動作が億劫に感じられたとき
運転免許を返納しようと心に誓っております。

高齢者こそオートマチックミッションに馴染んではならない。
少しばかりの不便さを克服してこそ
年齢を超越した運転の愉しみを味わえると
汚れた泥亀との日々を愉しんでいます。

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

秋薔薇  神代植物公園

様々な品種の植物を擁する神代植物公園ですが
薔薇園は代表的な存在です。
薔薇の品種と株数は関東で一番の多さであり
薔薇園の面積も最大のようです。
私の好みは、午後の傾きかけた陽射しを受け
花弁が透きとおっている様を撮影することです。
この日、天候は曇り。
真上からも斜めからも陽射しを受けた
透きとおった薔薇を見られなかったのは残念でした。

薔薇はやはり深紅に始まり、深紅に納まる?
3c166x146y84img_9905

蕾から少し開きかけた時期の薔薇が好きです。
3c178x166y84img_9926

36c50x34y84img_9921

5c94x111y142t84img_9904

5c229x223y136t84img_9888
カトリーヌ・ドゥヌーブという名を持つ薔薇。

3c150t84img_9913
涼しげな横顔に気品を感じます。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

燃えるダリア  神代植物公園

東京・新宿区の新宿御苑は数多くの樹木ばかりでなく
人々が寛げる芝生や茶亭などを擁する公園です。

一方、東京・調布市にある神代植物公園は
その名の通り植物を専門に育てています。
代表的な植物は梅、桜、つつじ、そして薔薇でしょうか。
ダリアも、その様々な種類で訪問者の目を愉しませます。
ダリアには、おおよそ九種類の咲き方があるようです。
小手毬のような可愛らしい花から、大輪の花まで。

秋に神代植物公園を訪れる目的は薔薇の撮影にあります。
そのときにはダリアの花は見頃を過ぎていますが
残された花にも見どころは少なくありません。
そんなダリアのご紹介です。

7c180x129y120t84img_9851_2
烈花とでも名付けたくなります。

5c162t84img_9866_2
私が知るダリアの花一つがコレです。

5c219x196y84img_9861_2
薔薇とは違った情熱を感じます。

9c204x180y84img_9858_2

5c211x198y84img_9855_2
この時期は虫たちの活動が盛んです。

11c166x216y141t84img_9878_2
次ぎには薔薇をご紹介いたします。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »