« この夏の、やり残し。 | トップページ | 夏の一コマ »

2016年9月 8日 (木)

来い! 鯉! M1!

日本プロ野球機構(NPB)は、
レギュラーシーズンのリーグ優勝争いが大詰めを迎えています。
セントラルリーグでは広島カープが25年ぶりの優勝まで
あと1勝と迫りました(9月8日現在)

セントラルリーグは、東京と横浜を本拠地にしている球団が半数。
その分、名古屋、大阪、広島を本拠地とする球団に向けられる
郷土愛や球団愛の深さ熱さは一際のようです。

一方、パシフイックリーグは首都圏と云っても千葉と埼玉。
地元の怒りを恐れることなく発言すれば首都の田舎。
十分に郷土愛が育まれる余地があります。
パシフイックリーグの優勝争いは、上位2チームが鎬を削る。
福岡と北海道が列島を南北に二分する争いです。

リーグ制覇に向け白熱する試合が繰り広げられる一方
こうした熱戦に水を注すが如くあるのが
クライマックスシリーズという
どう説明されても納得がいかない屋上屋の決まりごとです。

米国のMLBでは、カナダのトロント・ブルージェイズを加えた
30チームがアメリカンリーグとナショナルリーグに別れ
さらに東西のリーグに分かれて米国一を競っています。
この米国一を競う戦いは、日本流に言えば米国シリーズ。
それをワールドシリーズと称するところに、
米国人がベースボールにかける誇りと傲慢をみるが・・・

閑話旧題

僅か6チームでリーグ制覇を競い。
さらに上位3チームが日本シリーズ出場をかけ闘う。
何ともチマチマした話で、
「日本で残した成績を認めない」などと言われる所以です。
誉れの上に、恥を塗る。

さて、広島カープの本拠地であるマツダスタジアムは
魅力ある球場のようです。
いわゆる米国の球場がボールパークと呼ばれるのを模したか
野球を観戦するに留まらない、愉しい空間を創出しているようです。
こうした不断の努力が時代のカープファン、野球ファンを育てます。

太平洋戦争で原爆を投下され、焦土と化した広島に
夢と希望を求めて創設された市民球団が
リーグ優勝6回、日本一3回という歴史に
新たな1ページを書き加えようとしている。

さて、本日の一枚(写真はイメージです)
かの花を撮影に行った折り、誰にも見向きをされない落ち葉。
広島名物のもみじ饅頭と、カープの球団色にかこつけた
窮余の一枚です。

4c171x137y135t84img_8956




|

« この夏の、やり残し。 | トップページ | 夏の一コマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この夏の、やり残し。 | トップページ | 夏の一コマ »