« 五輪に想った馬鹿ばっかり! ~仮に前編~ | トップページ | この夏の、やり残し。 »

2016年8月28日 (日)

五輪に想った馬鹿ばっかり! ~仮に中編~

五輪で女子レスリング四連覇を達成した
伊調馨選手に国民栄誉賞授与されるらしい。
五輪の同種目で三連覇した吉田沙保里選手に次ぐ栄誉だが
その時間差がわからん。

北島康介さんの日本水泳界への功績は大きい。
彼は吉田選手や伊調選手と同じく紫綬褒章を受けている。
何事にも賞を授ければ佳しとはしないが、
その功績を讃えるには形があってこそ好ましい。

ロンドン五輪で個人3連覇がついえた北島康介さんは
400mメドレーリレーで銀メダルを勝ち取る。
その時のメンバーであった松田丈志選手が
「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」と発言したが
その発言が巡ってネット上で取りざたされたそうな。
要するに上から目線だ、ということらしい。
ロンドン五輪では北島選手の個人競技記録より
メドレーリレーの記録が上回り、銀メダルに最も貢献した。
というのが論旨だ。
「好記録で泳いだ北島選手の足を引っ張らずに済んだ」
と言えばよかった、などのネット上の発言もあったそうな。
それならアンタ、彼らと同じ立場、時間で発言してみぃ!!
世間では、そうした発言を屁リクツとか
揚げ足取りなどと云われて蔑まれるのだよ。

そのとき既に日本水泳界の伝説になりつつあったのが
北島康介選手だ。
その北島選手への敬意を抱きつつ、
日本水泳チームとしての団結心が言わせた言葉だと思う。

松田丈志選手は、リオ五輪で同じ趣旨の言葉を贈られる。
800mリレーで胴メダル獲得メンバーの一員になったとき
メンバーから「松田選手を手ぶらでは帰すわけにいかない」と。

リオ五輪では、女子卓球団体メンバーからも聞くとこになる。
団体で銅メダルを勝ち撮ったチームの一員の
伊藤美誠選手が年齢で一回り上の福原愛選手への一言。
「愛さんを手ぶらでは返せない」
昨今、手垢の付いた言い回しが横行しているが
こうした洒落と、思いやりを感じる言い回しなら歓迎したい。

話題の論旨が大きくそれてしまいました。

一方で、選手たちを支えた指導者の存在を忘れてはならない。
北島康介さんをはじめ、多くの優れた水泳選手を育てた名伯楽に
平井伯昌コーチがいらっしゃる。
シンクロナイズドスイミングでは井村雅代コーチの存在が大きい。
こうした優れた指導者を文化功労者などとして表彰してはどうか?
その栄誉に十分に値する功績をお持ちだと思うが・・・

再び話題が逸れます。

この後、パラリンピックが開催される話題の中で、
有力選手が紹介されています。
そんな中で、一つ違和感を感じる映像がありました。
陸上競技の選手のうち、片脚を失った選手は義足を用います。
押しなべて、短距離走などに優れた成績をおさめる選手は
幅跳び競技でもメダルを争う存在のようです。
私が観た映像は、義足で踏み切りをする幅跳び選手が居ました。

その義足、海賊王のキャプテンクックが、
海賊船の甲板上をコツコツと歩く一本棒の義足とは違います。
強靭な反発力を持つと思われるバネ板です。
その義足で踏み切る幅跳び競技とは如何なものか!?

パラリンピックとは、身体に傷害を抱えながら
残された四肢や、視聴覚を最大限に活かし競技する。
そんな競技ではなかったのか?

あの義足で競技する選手を見たとき
パラリンピックは身体能力を競う競技ではないと感じた。
工業力や科学力を競う競技会。
スポーツエリートとか、サポートやスポンサーを思う。
傷害を持つ人を弱者だと考えるのは
傷害を持たない者が居抱く傲慢なのか?
パラリンピックを冷めた目で観る私がいます。

|

« 五輪に想った馬鹿ばっかり! ~仮に前編~ | トップページ | この夏の、やり残し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五輪に想った馬鹿ばっかり! ~仮に前編~ | トップページ | この夏の、やり残し。 »