« 古刹にて | トップページ | マクロレンズで無機質を撮る »

2016年7月24日 (日)

マクロレンズで街に出る、が道草。

ポートレートを撮りながら、花をマクロで撮りたい。
そんな望みを抱く人が、
マクロレンズ購入を財務相と予算折衝したものの
見事バッサリ切られ意気消沈しているので、
マクロレンズの被写体は花に限らず幾らでもある、と
甘言した手前、マクロレンズを装着して街に出た。
が、毎度のことですが最寄駅に着く前に寄り道。

自宅と最寄り駅の間にある市民農園では、夏野菜が旬です。
1c16x29y84img_8311

トマトが赤くなると、医者が青くなる。
多々の効用があるトマトは夏野菜の女王です。
2c159x150y148t84img_8319

やはりマクロで花を撮ることは避けられません。
3c158x145y135t84img_8327

クレオメは、花が少ない夏には貴重な存在です。
3c223x209y84img_8347

5c159x150y584img_8337
どんな田舎か! 柿が小さい実を付けていました。

玉葱は地中から掘り起こします。
南京豆(後にピーナッツ)も地中から掘り起こします。
こうして乾燥させたものが私たちの手に渡ります。
3c163x147y84img_8344

|

« 古刹にて | トップページ | マクロレンズで無機質を撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古刹にて | トップページ | マクロレンズで無機質を撮る »