« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

揃た 出そろた

ツバメの雛が、その黄色い嘴を大きく拡げ
旺盛な食欲を見せる頃
この地では田圃に水が入り、田植えが行われます。
とは云え、見渡す限りの田圃が拡がる訳ではありません。
9c175x146y162t84img_8070

首都圏近郊のみならず、地方都市でも「都市化」の言葉が
死語となって久しい。
我が家が、この地に越して来た30年前の話しをしても
詮なきことですが
当時、この地区は田圃や畑が多く鄙びた土地柄でした。

いま、この地で「農業」を行っている人たちは
そこで採れた作物を市場に出すのではなく
自家用の米や野菜を作っているものと思われます。
自家用から余る収穫物を畑の脇に「直売所」を設け
近隣住民に提供しているのが実情でしょう。

我が国の食糧自給率が40%を割り込んでから久しい。
加えてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)
我が国の農業の足枷になることは明白であります。

棚田のような限られた作付け環境で、
細々と営まれて来たのが我が国の米作りであり農業です。
八十八の手間が掛かるのが米作りとされます。
大規模な農営で、手間を省いた「商品」と立ち向かうには
我が国の「農業」は脆弱であります。

安倍内閣総理大臣は、集団的自衛権を行使すべく
法的環境を整えました。
我が国の安全を脅かす事態に際し、
自国の武力を、その国外で行使しうる法的な整備であります。

こうした集団的自衛権のお仲間国家は
我が国の食糧危機に、厚い手を差し伸べてくれるのでしょうか?

此度の英国を御覧なさい。
英国民は自国の利益を優先し、EUからの離脱を選択しました。
その一つは移民NOですが、これが転じて
外国への食糧補助NOの声が高まる恐れは皆無ではない。

5c184x138y173t84img_8055
早苗が育ち、緑の穂が黄金色にかわり
豊かな実りの歓びを満喫できるのは何時までのことでしょうか?

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

宜しかったでしょうか?

帰宅後、ドアチャイムが鳴る。
ワタシ「なんでしょう?」
訪問者「○○パックです」
どうやら荷物の宅配らしい。
対応に出ると
訪問者「ヒノモト雅(仮名)様で宜しかったでしょうか?」
受領書に判を押しながら
ワアシ「違げぇよ。見りゃぁわかろう? 俺ぁヒノモト権太(仮名)だ!」
訪問者、ソソクサと帰る。

後で雅(仮名)以外の家族に話す。
家族「配達員の言いたいコトはわかるけど・・・」
すかさずワタシ「突っ込みたくなる気持ちもわかろう?」

美しいとか、正しいとか定義するのは諦めよう
ただ、日常遣われる日本語は
今や絶滅危惧種の仲間入りをしたと確信した。
ワタシの対応は、コレで宜しかったでしょうか!?

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

○○の考え休むに似たり?

写真を撮るとき
シャッターを押すキッカケや、構図を吟味したつもりですが
後で撮れた写真を見てガッカリすることが頻繁に起きます。
一方、何気なく撮った写真の中に思わぬ一枚があったりします。

シャッタースピードを変え、水の動きを撮影しました。
テスト撮影なので、人物が入っても問題はありませんが
手前に入るのは避けたい。
3c24x31y150t84img_8019

そこに親子連れがやって来ました。
お父さんから「手を洗って清めるのだよ」と教わった女の子。
丁寧に洗っていると、お父さんがさっさと行ってしまいました。
「待って」と言いながらも慌てた様子を見せません。
3c15x25y150t84img_8017

結局、顔も清めてご丁寧なことです。
4c17x35y150t84img_8018

構図の中に人物が入り込んだにもかかわらず
気安くシャッターを押していたことで
微笑ましい写真が撮れました。

| | コメント (0)

あじさい 寺庭を巡る

忙しない日々を送っていると、写真を整理する暇がなく
従って、本欄の更新も滞っております。
紫陽花の季節なぞ、アッと云う間に過ぎてしまいます。
多少、季節感がズレルのはご容赦願います。

さて、撮影では何かとお世話になっている近所の古刹。
金剛寺は、新撰組土方歳三の菩提寺です。
土方歳三の位牌や、
新撰組に縁の資料などが保管されています。

この金剛寺の紫陽花は見事です。
ここを訪れた御婦人の会話が、私の耳にはいりました。
鎌倉の紫陽花寺など、このお寺にはかないません。
花の数や種類では、他を抜きん出ているとのことです。
そんな金剛寺の境内や裏山の風景をご覧ください。

3c220x203y74r143t84img_7440
山門(仁王門)をくぐると、右手にお札所(宝輪閣)があり
その入口にと紫陽花が、大きな鉢に植わっています。

3c218x166y143t84img_7570
大師堂に向う階
ここは参詣人を避けて撮りました。

5c190x163y143t84img_7561
境内の一番奥にある総本堂の大日堂には
廊下て手をたたくと共鳴する鳴り龍天井があります。
また土方歳三の位牌が安置されております。

3c182x164y148t84img_7494
裏山では山内八十八ケ所巡拝ができます。
四国八十八箇所を、この山内に移したもので
八十八ヵ所で地蔵(お大師さま)に掌をあわせます。

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

あじさい 切り花

その古刹には、いわゆる裏山があり
自生のヤマアジサイが広く繁殖しています。
また境内などには植樹されたアジサイが在り
珍しい品種を見ることができます。
それらの珍しい品種は鉢植えにされたり
切り花にして披露されております。

50s5c214x231y135t84img_7436

30s5c118x130y84img_7771

30s5c190x180y66img_7768

50s5c188x201y84img_7779

50s9c84img_7784

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

あじさい番外篇 斜陽

撮影中に光りをとらえられると嬉しいものです。

紫陽花を撮影に行った日は、雨上がりの曇天で
先のあじさい速報を撮ったとき
陽射しがあれば、違った趣きになったと思います。

撮影を終わる頃には陽が射し、残念な思いをしました。
そうした事情の帰り際に撮れた一枚。

Raw154t84img_7764
境内の大きな鉢に蓮一株。

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

あじさい 速報

紫陽花の季節到来で気にかけつつも
諸事入り乱れ
撮影に趣くことかなわず。
ようやく、今季最初で最後かと機会を得て
勇躍、近所の古刹を訪れん。

到着時は雨上がり
次第に陽射しが射し
風が出始めるに至り撤収せり。

まだ曇天のころ
ものにせし一枚にて御機嫌を伺う。

5c32x61y193x178y84img_7449

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

横浜MM21に遊ぶ ~ランドマーク~

横浜みなとみらい21地区はもとより
横浜を象徴する建造物が横浜ランドマークタワー
帆船日本丸に向う途中で目に入ってきました。
5c18x36y84img_6581

よこはまコスモワールドの大観覧車コスモクロック21
ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルもまた
この地区を代表する建造物です。
3c21x31y84img_6747

コスモワールドのアトラクションには
入ったり乗ったりした経験はありませんが
横浜MM21に遊ぶというタイトルに偽りありですね)
端から見る限り、適度に怖く、そこそこのスリルを味わえそうです。

7c238x204y84img_6587
スーパープラネットは回転速度と傾きがウリですかね?
(ナニッ! アンタ乗っていないの!?)

3c8x34y167t84img_6589
ギャラクシーは回転の遠心力に上下運動が加わって
どんな感覚なのでしょうね?
(体験談は無いのかいっ!?)

1c6x44y84img_6930
サークルウォークは、平たくいえば横断歩道橋です。
ここは歩きましたよっ!!
(大変な冒険をしたものねぇ・・・)

3c150t84img_6933
残光と、人工の灯りが拮抗する黄昏どき。
ダイビングコースター バニッシュからの嬌声は尽きない。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »