« 舐める広重 | トップページ | 初夏の陽射しに華やぐ三花 »

2016年5月 9日 (月)

白輝(しろき) 若冲

前週の 広重 HIROSHIGE VIVID 展に続き
若冲展に行ってきた。
伊藤若冲の生誕300年を記念しての美術展でありながら
ひと月限りの、この世の楽園
主催者がいうとおり、4月22日から5月24日までの短期開催。
そもそも江戸期の絵師の中では五指に入る人気絵師のこと。
それが、ひと月限りの公開では人々が押し寄せ
その混乱の程は十二分に予想されるところであります。

果たして、入館待ち時間が80分!!
昨年、同じく上野の杜で開催された北斎展は90分だったと
諦めの気持ちで列に並ぶ。
入館しても音声ガイドを借りるのに並び展示室に。

展示を観たあと、ミュージアムショップでアレコレ物色するも
会計で並ぶのが煩わしく外に出た。
驚くことに、混乱を避け館外で販売されていた公式図録が完売。
希望者には後日宅配で届けると・・・
迷った末、若冲グッズを細々と買うより、図録一冊に決める。

6c10x40y198x158y138t84img_6233

さて、ここからが本題。
先週観た広重の作品で、私が印象に残った色は
水の藍色と、空(空間)を表す紅色でした。
その色遣いは VIVID と称するに相応しい色遣いです。

今回の若冲展で、私が若冲の作品を観るのは5回目か?
そこで、恥ずかしくも初めて知った若冲の白に驚嘆しました。
若冲の作品で秀を極める分野に鳥類の描写があります。
孔雀、鳳凰、鶴、鴛鴦、鶏、小鳥と挙げればキリがない。
もちろん風景画にも一見以上の価値があります。

その白。
例えば白梅の凛とした佇まいと、ぽってりした花の膨らみ。
雪片を細にわたり、あるいはシャボン玉のようにふっくらと。
鳥類の羽の輝きと、透かす細密さで。
時には境界線に、ひっそりと・・・
若冲独自の細かな筆遣いと相まって
その技量と感覚には溜息しか出ません。

一方、水墨画を描いては
ときに大胆な省略を配することで、観る者の眼が試される。
水墨画の大胆な筆致は、色彩画の細密な描写と対をなし
若冲が深く帰依した仏の道を歩む姿勢を表すか?

とにかく、急ぎご覧あれ!!

|

« 舐める広重 | トップページ | 初夏の陽射しに華やぐ三花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舐める広重 | トップページ | 初夏の陽射しに華やぐ三花 »